マイコプラズマ肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • マイコプラズマ肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

マイコプラズマ肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、マイコプラズマ肺炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[マイコプラズマ肺炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
マイコプラズマ肺炎について

マイコプラズマ肺炎の特徴・症状

マイコプラズマ肺炎の特徴

マイコプラズマ肺炎というのは、主としてマイコプラズマによって起きるものです。

マイコプラズマ肺炎の症状

主なマイコプラズマ肺炎の症状は、喉の痛みと乾いたしつこい咳などです。
しかし、マイコプラズマ肺炎の症状は、別の肺炎と比べると、症状がゆっくりと進む、軽いというような特徴もあります。

受診してから胸部レントゲン検査を行って異常が分かって、実際にはマイコプラズマ肺炎になっていたという診断が確定してから、「風邪であると考えていたがマイコプラズマ肺炎になっていた」と多くの患者がびっくりするのも特徴です。

マイコプラズマ肺炎と、普通の細菌性の肺炎(肺炎球菌などが原因となる肺炎)とを比較してみると、症状がゆっくり進んでいくことも特徴として挙げられます。
普通の肺炎の場合は、細菌がスピーディに1分間に1回、2回分裂します。

一方、マイコプラズマ肺炎の場合は、3時間~6時間程度細菌が1回分裂するためにかかります。
ゆっくりと身体の中で増えていくので、2週間~4週間と潜伏している期間も長く、「いつ感染したのかはっきりしない」という場合も多くあります。

一般的に、マイコプラズマによる発熱の場合は、「だんだん熱が高くなるような感じである」と言われています。

例えば、インフルエンザによる発熱の場合は、39℃~40℃程度にあっという間になりますが、マイコプラズマによる発熱の場合は、はっきりとは始まりが分かりません。
「何曜日に始まったか、この際はどのような状態であったか」というような質問について、はっきりと患者自身も回答できないという場合もよくあります。

マイコプラズマ肺炎の診断と検査

マイコプラズマ肺炎の疑いがある場合は、まず、胸部レントゲン検査を行います。
しつこい乾いた咳などの症状が現れるだけでなく、異常が胸部レントゲン検査で見つかった場合は、健康保険が適用されるマイコプラズマ肺炎の迅速診断法、血清抗体価測定、核酸増幅法の検査を必要に応じて行って、マイコプラズマ肺炎の診断を確定します。

迅速診断法というのは、菌がいるか喉の奥をこすって調査する検査です。
結果は、喉の奥をこすってから20分程度で出ます。
結果がすぐに分かるため、検査としては非常に簡便なものです。
核酸増幅法というのは、痰を調査したり、喉の奥をこすったりして調査する検査です。

この検査の場合は、結果が分かるまでに日数がちょっとかかるので、治療をすぐに行う場合はちょっと不便です。
検査の一般的なものとしては、この迅速診断法にプラスして、マイコプラズマの血清抗体価を血液検査で測って、診断をこれを組み合わせて行う方法があります。
細菌が感染した場合は、白血球数のアップが血液検査を行うと見られます。
一方、白血球数はマイコプラズマ肺炎の場合は正常または下がります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[マイコプラズマ肺炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

マイコプラズマ肺炎の治療法

細菌がマイコプラズマ肺炎は感染しているため、抗菌薬が高い効果が期待できます。
そのため、抗生物質を使って症状を早く治めます。
マクロライド系の抗菌薬は、特に効果が期待できます。

しかし、マイコプラズマというマクロライド耐性のものが2000年頃からだんだん多くなってきており、抗菌薬で死滅しない耐性菌のマイコプラズマが最近発生してトラブルになっています。

マクロライド系抗菌薬で死滅しない耐性菌のマイコプラズマは、1999 年以前にはいないと言われていましたが、マイコプラズマとして2000 年以降に検出された3割以上のものは、マクロライド耐性株であるとされています。
そのため、現在は、マクロライド系抗菌薬を使用しても効果がなかなか期待できないという場合もあり得ます。
このような場合は、効果が期待できる薬に変更する必要があります。

マクロライド耐性マイコプラズマ感染症の場合は、抗菌薬としてニューキノロン系のものあるいはテトラサイクリン系のものを使用する場合があります。
しかし、抗菌薬のテトラサイクリン系のものは、低い年齢の人が使用すると副作用として歯の着色などが現れたり、影響が骨の形成に現れたりする場合があります。
そのため、8歳未満の場合は、抗菌薬のニューキノロン系のものを使用して治療します。

大人の場合は、副作用として歯の着色などはほとんど現れません。
そのため、熱がマクロライドを投与しても低下しなければ、ニューキノロンやテトラサイクリンを使用します。

マイコプラズマ肺炎の予防

ワクチンとして、マイコプラズマ肺炎を予防するために有効なものはなく、流行する際は日常生活において予防することが大切です。
なお、流行する時期としては、秋シーズンの終わりから春のシーズンの初めになります。
飛沫感染を防ぐために、人混みを避けましょう。
マスクを着けて、マイコプラズマ肺炎を他の人に感染したり、吸い込んだりしないことが大切です。

帰宅した際には、うがい、手洗いを十分に行いましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する