::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language

自治体向け24時間医療サポート

背景・自治体の課題

自宅療養者、宿泊施設療養者に対して夜間休日の医療体制や相談先の設置に
苦慮している自治体が多くあります。

限られた人員の中で、24時間365日の体制を用意することは難しく、
特に夜間休日の体制構築には限界があります。

ファストドクターの対応

ファストドクターは自治体向けに24時間サポートを行っています。

自治体の課題に応じて、24時間からピンポイントまで、
時間帯を柔軟にカバーすることができます。
ファストドクター連携医療機器による問診やトリアージから診療や処方まで対応可能です。

保健所職員の夜間休日出勤による疲弊や機能麻痺を解消することが出来ます。

お問合せはこちら

自治体との連携事例

都市部の自治体

東京都/東京都 練馬区/板橋区/荒川区/神奈川県 横浜市/茅ヶ崎市
大阪府/大阪府 大阪市/千葉県千葉市/埼玉県 など

往診とオンライン診療を組み合わせて、 軽い症状や医療相談、薬の処方のみの場合はオンライン診療を行い、症状が強く出た方には往診による点滴やステロイドの投与、酸素濃縮器の設置まで実施することが可能であり、入院までの時間がかかってしまう ピーク時でも患者さんを安定した状態に保てます。
その後の入院調整中の健康観察も自治体からのニーズに応じて対応しています。

地方の自治体

滋賀県/高知県 など

自宅療養者及び宿泊施設療養者に対する夜間休日のオンライン診療及び薬の処方を行っています。
自治体としては入院が必要な重傷者のみの対応をすれば良いので保健所職員の負担が劇的に軽減され、今までは症状が軽くても夜間休日は救急搬送するしか手段が無いために軽症者への対応にも追われていた救急病院の負担も軽くなります。
診療や処方だけでなく、入院要否のトリアージもファストドクターが行うことができる点をご評価いただいております。

ファストドクターの実績

[ 菅前内閣総理大臣、田村前厚生労働大臣、伊原厚生労働省医政局長が視察 ]

視察後、首相は自宅療養者向けに
新型コロナウイルスの抗体カクテル療法を可能とするよう厚生労働省に検討を指示。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091500776&g=pol

[ 小池百合子東京都知事との面談 ]

小池知事より「これまでも、自宅で厳しい状況にある患者さんを診ていただき、
本当にありがとうございます。患者さんも大変安心していると思う。
色々と現場の声などを伺い、都民が安心できるよう連携していきたい。」
とお言葉を頂きました。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/governor/governor/katsudo/2021/09/24_00.html

自治体とのリリース

NEWS24放送の様子

東京都板橋区との連携を取材頂きました。

〈患者さんの不安解消・保健所の負担軽減〉
動画2分52秒

お問合せ先

具体的な事例をオンラインミーティングでお伝え致します。
下記フォームよりお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話でもお受け致します。
【担当】服部:080-4814-8467

ご担当者さま情報

自宅療養者を守る水際で命を繋ぐために

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する