::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 協和病院の救急・コロナの問い合わせ、電話予約・アクセスはこちら

協和病院の救急・コロナの問い合わせ、電話予約・アクセスはこちら

2021年10月08日 - 更新日:2021年10月08日
開設 1981年11月
医師の紹介 病院長 高原 衍彦
当院は、昭和56年11月の開院より今日まで、地域の方々が安心して健やかな生活を育めるように努めてまいりました。平 成18年12月に透析室を新規開設し、平成24年12月には新館増築に伴い、透析室の拡張、リハビリテーション室の開設もい たしました。 最近では、透析患者様も高齢化が進み、様々な合併症を抱える方が増える中、透析とリハビリが可能な数少ない病院として、 患者様の社会復帰へ貢献できているものと自負しております。 今後も、患者様の自分らしい暮らしにこだわり、益々地域に根差した病院を目指して、スタッフ一同、日々努力を重ねて参 りますので、よろしくお願い申し上げます。
診療科目 内科(人工透析)・外科・整形外科・リハビリテーション科
電話番号 06-6357-1131

夜間診療について

診療時間

平日 9時~11時30分
土曜日 9時~11時30分
休日 日曜・祝日

平均的な待ち時間

*各医療機関によるヒアリング調査

時間外選定医療費

病院に直接お問い合わせ下さい。

※以下に該当する場合などは徴収対象外。
救急外来受診後そのままに入院となった場合
当院で当日受診があり、症状増悪によって時間外に受診の
 必要があった場合
他院から救急外来受診のために紹介状をお持ちの場合
当院医師より注射・処置等のために救急外来を受診する
 ように指示された場合

アクセス

住所: 大阪府大阪市都島区東野田町5-2-25
アクセス: 京橋駅より徒歩3分

都島区全域

夜間・休日専門 救急窓口 自宅往診のファストドクター

ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。

近接する医療機関

大阪府大阪市

大阪市立総合医療センター

住所〒534-0024 大阪府大阪市都島区東野田町2-4-8
電話番号06-6929-1221
アクセスOsaka Metro(谷町線)都島駅 2番出口から西へ徒歩3分。JR西日本(大阪環状線)桜ノ宮駅 東出口から北へ徒歩7分、大阪シティバス「総合医療センター前」下車
初診時選定医療費5,500円(保険診療とは別にかかる追加費用)

都島区の往診対応エリア

下記の地名に対応しています

あ行

網島町 内代町 

か行

片町 毛馬町 

さ行

善源寺町 

た行

大東町 高倉町 友渕町 

な行

中野町 

は行

東野田町 

ま行

都島北通 都島中通 都島本通 都島南通 御幸町

下記の駅名に対応しています

あ行

大阪城北詰  

か行

京橋 

さ行

桜ノ宮 城北公園通

な行

野江内代 

ま行

都島 

都島区の往診料の目安

おとなの方の場合

診察料(お薬処方含む)
  • 3割負担の場合 7,500円〜
  • 2割負担の場合 5,000円〜
  • 1割負担の場合 2,500円〜

※検査・処置内容によって変動します。
※22時以降は深夜料金が加算されます。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

子ども(15歳以下)の場合

診察料(お薬処方含む)

お住まいの地域の医療費助成が適用

例)大阪府24区 全額助成で受診

※お住まいの自治体の助成をご確認ください。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

高齢者受給者証をお持ちの方

診察料(お薬処方含む)
  • 2割負担の場合 5,000円〜
  • 1割負担の場合 2,500円〜

※検査・処置内容によって変動します。
※22時以降は深夜料金が加算されます。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

下記の方は、すぐに救急車か救急医療機関を受診してください。
中等症~重症の方
意識がない
吐血している
頭を強く打った
頭がひどく痛い
ろれつが回らない
我慢できないひどい痛み
手足の動きが悪い、または動かない
けいれんをおこした、けいれんしている
下記の方は、救急医療機関か夜間往診をご検討ください。
軽傷~中等症の方
高熱
今までに経験のある痛み
感染症の疑い
めまい、嘔吐、下痢
喉の痛み、激しい咳
アレルギー
今までに経験のある頭痛

都島区では、平日17時を過ぎると一次救急医療機関が存在しません。したがって有症状時は、二次、三次救急医療機関へ受診する必要がありますが、これらの医療機関が200床以上の場合、診察費とは別に「初診時選定療養費」の負担が発生します。これは紹介状を持たずに初診となる場合に発生する、保険がきかない負担金です。2016年から全国的に義務化され、実質ほとんど初診となる夜間において、患者さん負担が大きく増したことになります。

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する