往診の流れ | 【公式】ファストドクター
診療受付時間 月~金 19:00-翌5:00 / 土 18:00-翌5:00 / 日祝 7:00-翌5:00
 WEBで診察依頼する

往診の流れ

  1. TOP
  2. 往診の流れ

ファストドクターとは

夜間・休日に特化した救急往診を行っています。保険適用で医師がご自宅に伺います。

POINT1


健康保険適用
で安心

POINT2


ご自宅で
待てる

POINT3


二次感染
防止

POINT4


ご自宅で診察、
検査し
その場で
お薬がもらえる

往診の流れ

1往診のお問合わせ

電話WEBフォームから往診依頼が出来ます。ファストドクターオペレーターより往診時間・担当医師など詳細をお伝えします。
ご相談もお気軽にご連絡ください。

オペレーターが丁寧に対応し、問診の内容を医師に伝えます。
緊急度判定プロトコルに基づいて医師が往診の要否を判断します。

2医師がご自宅へ訪問

医師が車でご自宅までお伺い致します。(最短30分)待合室で長い時間お待ち頂く必要はございません。ご自宅でゆっくりお待ちください。

ドライバーがおりますので、駐車場の心配はありません。70種類以上の薬・処置セットをスーツケースで持参します。

3ご自宅で診察

症状に応じて診察・検査を致します。
診察後、医師が丁寧に症状の説明をします。

インフルエンザ検査、アデノウイルス検査、マイコプラズマ検査、溶連菌検査など

お部屋の中での診察に抵抗感がある患者様には玄関口やエントランスでの診察も承っております。オペレーターか医師に申し付けくださいませ。

高次医療機関と連携し、重症な場合は往診医師の指示のもと検査・処置が可能な救急病院へスムーズに搬送を行います。(医師が救急車の手配を致します。)

4その場で処方薬をお渡し

診察内容に応じて薬はその場で数日分お渡し致します。(院内処方)

医師より患者様に処方薬の効能・服用方法の説明を致します。
往診医療機関では、首都圏随一の検査機器と処方薬の種類・量を持参し往診しております。

持参する検査機器・処方薬の紹介
70種類以上の処方薬を持参しています

5現地でお支払い

クレジットカード・コンビニ払い(NP後払い)に対応しています。
(VISA、Master Card、American Express)
健康保険診療費+交通費(実費:最大1,000円)のご請求となります。

クレジットカードの場合はセキュアな環境の専用モバイル端末にて決済を行います。

提携決算会社 コイニー ▶ スクエア ▶