::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 加納総合病院の救急・コロナの問い合わせ、電話予約・アクセスはこちら

加納総合病院の救急・コロナの問い合わせ、電話予約・アクセスはこちら

2021年10月03日 - 更新日:2021年10月03日
開設昭和28年 8月
医師の紹介病院長 久保田 真司
理念:24時間対応の医療体制で、地域貢献を目指します。
診療科目内科 外科 整形外科 脳神経外科 循環器内科 脳神経内科 形成外科 眼科 耳鼻咽喉科 泌尿器科 皮膚科 婦人科 小児科 肛門外科 麻酔科 リハビリテーション科 放射線科 臨床検査科 救急科
電話番号06-6351-5381

夜間診療について

診療時間

平日午前8時00分~午後12時45分 
午後1時00分より午後4時45分
午後4時50分より午後7時45分 
土曜日午前8時00分~午後12時45分
休日日曜日・祝祭日・年末年始

平均的な待ち時間

*各医療機関によるヒアリング調査

時間外選定医療費

病院に直接お問い合わせ下さい。

アクセス

住所:大阪府大阪市北区天神橋7丁目5−15
アクセス:大阪メトロ・阪急「天神橋筋六丁目」駅下車、6番出口から北へ徒歩1分。

北区全域

夜間・休日専門 救急窓口 自宅往診のファストドクター

ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。

近接する医療機関

北区

住友病院

住所〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3−20
電話番号06-6443-1261
アクセス京阪電車 中之島線中之島駅下車(2番出口)南へ徒歩約3分
JR東西線新福島駅下車(2号出口)南へ徒歩約13分
阪神電車 阪神本線福島駅下車 (西改札口)、JR環状線福島駅下車南へ徒歩約15分
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅下車(3番出口)西へ徒歩約13分
地下鉄中央線 阿波座駅下車(1番出口)北へ徒歩約12分
初診時選定医療費直接病院にお問い合わせください。(保険診療とは別にかかる追加費用)

北区の往診対応エリア

下記の地名に対応しています

あ行

池田町 浮田 梅田 扇町 大深町 大淀北 大淀中 大淀南 

か行

角田町 神山町 管栄町 黒崎町 紅梅町 国分寺 小松原町 

さ行

芝田 末広町 菅原町 曾根崎 曾根崎新地 

た行

太融寺町 茶屋町 天神西町 天神橋 天満 天満橋 堂島 堂島浜 同心 堂山町 兎我野町 豊崎 

な行

中崎 中津 中之島 長柄中 長柄西 長柄東 浪速町 錦町 西天満 

は行

東天満 樋之口町 本庄東 本庄西 

ま行

松ヶ枝町

や行

山崎町 与力町

下記の駅名に対応しています

あ行

梅田 扇町 大江橋 大阪 大阪梅田 大阪天満宮 

か行

北新地 

た行

天満 天神橋筋六丁目 

な行

中津 中之島 中崎町 なにわ橋 西梅田 

は行

東梅田 

ま行

南森町 

北区の往診料の目安

おとなの方の場合

診察料(お薬処方含む)
  • 3割負担の場合 7,500円〜
  • 2割負担の場合 5,000円〜
  • 1割負担の場合 2,500円〜

※検査・処置内容によって変動します。
※22時以降は深夜料金が加算されます。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

子ども(15歳以下)の場合

診察料(お薬処方含む)

お住まいの地域の医療費助成が適用

例)大阪府24区 全額助成で受診

※お住まいの自治体の助成をご確認ください。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

高齢者受給者証をお持ちの方

診察料(お薬処方含む)
  • 2割負担の場合 5,000円〜
  • 1割負担の場合 2,500円〜

※検査・処置内容によって変動します。
※22時以降は深夜料金が加算されます。

交通費

移動距離に応じ、最大1,000円

下記の方は、すぐに救急車か救急医療機関を受診してください。
中等症~重症の方
意識がない
吐血している
頭を強く打った
頭がひどく痛い
ろれつが回らない
我慢できないひどい痛み
手足の動きが悪い、または動かない
けいれんをおこした、けいれんしている
下記の方は、救急医療機関か夜間往診をご検討ください。
軽傷~中等症の方
高熱
今までに経験のある痛み
感染症の疑い
めまい、嘔吐、下痢
喉の痛み、激しい咳
アレルギー
今までに経験のある頭痛

北区では、平日17時を過ぎると一次救急医療機関が存在しません。したがって有症状時は、二次、三次救急医療機関へ受診する必要がありますが、これらの医療機関が200床以上の場合、診察費とは別に「初診時選定療養費」の負担が発生します。これは紹介状を持たずに初診となる場合に発生する、保険がきかない負担金です。2016年から全国的に義務化され、実質ほとんど初診となる夜間において、患者さん負担が大きく増したことになります。

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する