地域医療支援事業

日本は世界で最も高齢化が進む国の一つであり、医療に対する需要が高まり続けるなかで、多くの地域は固有の医療課題を抱えています。これには、移動手段が限られる高齢者の通院困難、在宅医療や介護サービスの不足、サービス提供者の負担増加、地域間の医療格差の拡大などが含まれます。特に地方部では、医師不足が深刻化し、特定の診療科を維持できない状況が地域医療の持続可能性を脅かしています。世界に誇る日本の医療を安定的に提供するためには、地域社会全体でこれらの課題に取り組む必要があります。
ファストドクターはプラットフォームに集約された医療リソースを地域のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズし、適切な医療提供体制を構築して地域医療に組み込むことで、問題解決に貢献しています。

取り組む課題

特徴

導入事例

事業の仕組み

事業関連ニュース

関連サービス

取り組む課題

医療需要のピークを先行したコロナ禍

地域医療体制の安定化は、住民の生活にとって不可欠な要素である一方、過剰な需要は限られた資源に過大な負担がかかり地域医療の持続可能性に懸念が生じます。こうした需給バランスの崩れは、新型コロナウイルス感染症の流行期において、受診難民の発生、患者の搬送困難、病床の不足等の形で日本の医療に内在する問題を浮かび上がらせました。これらは高齢化の進行に伴って2040年に予想される医療需要のピークに類似した状況を、事実上先行して経験することとなり、医療政策の強化の必要性を示唆しました。

病院前(かかりつけ医)機能の強化

日本は2040年に向けて医療需要がピークに達する傍ら、医療・介護の担い手が急減する問題に直面しています。医療崩壊を防ぐためには、病院に至る手前の医療機能を強化する必要があり、国はかかりつけ医に対し夜間や休日も含めた24時間体制での医療サポートを求めています。しかし平均年齢が62歳と高齢化が進むかかりつけ医にとってこの要求は現実的に困難です。かかりつけ医のサポートが得られない時間帯には患者は適切な案内を受けられず、結果として消防や病院の負担が増大しています。

独居の高齢者の割合と、65歳以上人口に占める割合

地域における医療体制の強化課題

「救急相談センター」や「夜間・休日診療所」は、かかりつけ医機能を補完する不可欠な役割を担っています。これらは自治体による運営が必要であり、すべての地域に存在しているわけではなく、あるいは医師不足や地域間での医師の偏在により、多大な努力にもかかわらず、地域によってはこれらのサービスが十分に提供されていないのが現状です。

地域による24時間365日の継続的な医療体制の維持が困難ななか、新しいアプローチでの体制強化が求められています。

特徴

地域の実情に合わせ、医療体制を構築

ファストドクターのプラットフォームには、4,000名の医師を含む医療リソースが集約されており、これらを地域の状況に合わせてカスタマイズすることが可能です。必要に応じて医療体制を構築し、地域の医療体制に組み込むことで、不足している医療リソースを補完することができます。これにより、個々が独自に医療リソースを確保する負担が軽減され、効率的で持続可能な医療提供の実現を支援します。

緊急度判定後の受診行動の案内

相談から診療まで、包括的な支援を提供

緊急度判定後の受診行動の案内

導入事例

旭川市 消防との連携による救急搬送の抑制

愛媛県 救急安心センター事業(#7119)の運営

瑞穂町(東京都)休日輪番の空白日を往診で補完

福島市 小児科休日輪番の空白日をオンライン診療で補完

事業関連ニュース

  • プレスリリース

世田谷区医師会・玉川医師会とファストドクター、在宅医療の24時間体制強化に向けて連携開始

  • プレスリリース

江東区医師会とファストドクター、在宅医療の24時間体制強化に向けて連携開始

  • お知らせ

[活動報告]「地域医療のはじめ方講座」に代表取締役 菊池亮が登壇しました

関連サービス

ファストドクター

救急相談センター運用支援

豊富な医療リソースを活用し、地域の救急相談センター(#7119 / #8000)の運用を支えます。さらに夜間休日は必要に応じて相談から診療に連携し、地域医療の負担軽減に貢献します

ファストドクター

災害時医療支援

豪雨・地震といった災害や新興感染症の拡大などによって臨時的な医療体制が必要になった際、即時の稼働が可能な医療チームを構築します

ファストドクター

夜間休日輪番支援

短期・長期など地域の実情に合わせ、地域が主導する夜間休日診療所の運営強化を支援します。

地域医療支援事業に関するお問い合わせはこちら

この事業に関するご相談は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。