細菌性肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大48000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 細菌性肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

細菌性肺炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、細菌性肺炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[細菌性肺炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
細菌性肺炎について

細菌性肺炎の特徴・要因・症状

細菌性肺炎の特徴

肺炎というのは、CO2と末梢のO2を気管支から交換する肺胞と言われる箇所に起きる炎症で感染に伴うものです。
気道と肺胞は接続されているため、気管支炎も一緒に起きます。
肺炎の場合は、微生物が肺胞にまで入って、体の防御機構がこれに対して作用し、肺胞の中に滲出液や炎症性の細胞が満たされるようになります。
X線でこれを撮れば、陰影の浸潤影と言われるものになります。
細菌性肺炎とは、細菌がこの要因になる微生物であるということです。

肺炎としては、大きく分類すると、市中肺炎という病院の外で起きるものと院内肺炎という病院に入っている場合に起きるものに分けられます。
市中肺炎と院内肺炎では、要因である細菌の頻度と種類が違っているので、選ばれる抗菌薬もこれによって変わってきます。

細菌性肺炎の要因

細菌性肺炎の要因としては、一般的に、インフルエンザ菌や肺炎球菌、クレブシエラ菌、黄色ブドウ球菌などの口や喉、鼻の奥などにいる一般細菌があり、これ以外にもレジオネラ菌、A群溶血性連鎖球菌、肺炎桿菌などがあります。
人の場合は、もともと喉に入る病原菌を取り除く免疫力があります。

しかし、免疫力がストレスによって低下していたり、気道に喫煙などによって障害があったりすると、病原菌がこの免疫力よりも勝るため肺炎がよく起きて、傾向的にはよく重くなります。
また、免疫力が高齢者の場合は下がっていることなどから、よく細菌性肺炎にかかると言われています。  

細菌性肺炎の場合は、先にご紹介したように、大きく分類すると、院内肺炎と市中肺炎があります。
細菌性肺炎が起きる菌の種類は、これによっても違うため注意しましょう。
起炎菌としては、市中肺炎であればインフルエンザ菌と肺炎球菌、院内肺炎であれば緑膿菌やクレブシエラ菌になります。

細菌性肺炎の主な症状

細菌性肺炎の主な症状としては、咳、発熱、痰の膿性のものが現れ、胸痛がこれにプラスして現れる場合もあります。
この場合は、炎症が胸膜へ広がっていることになります。
脈拍や呼吸数が多くなることが、身体所見の際には見られます。

症状が重い場合は、呼吸困難、意識障害、青紫色に粘膜や皮膚がなるチアノーゼが現れ、治療を緊急に始める必要があります。
気管支炎のように痰と咳が出る症状が同じようなものに比較して、胸痛や高い発熱、呼吸困難などが起きた場合は、症状としては肺炎が疑われます。
このような場合は、可能な限り早く医療機関で診てもらうようにしましょう。

細菌性肺炎の診断と検査

細菌性肺炎の診断は、基本的に、症状、状況・背景、胸部のレントゲン撮影、呼吸音の聴診になります。
有効な抗菌薬も菌の種類によって違ってくるので、原因菌を痰の培養検査、顕微鏡検査によって調査することも大切になります。
百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどのある種の菌に対する反応を血液検査でも調べて、原因菌を推定することができます。
また、血液検査の場合は、肺炎そのものの他に、炎症の状態や影響を別の臓器に与えていないかなど、全身の状況を掴むためにも効果が期待できます。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[細菌性肺炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

細菌性肺炎の治療法

細菌性肺炎の治療法としては、抗菌薬として病原菌に応じたものを使用することです。
一般的に、薬によって細菌性肺炎は治療します。
細菌が繁殖することを、要因と考えられる病原体に応じた抗菌薬を点滴したり、飲んだりすることによって抑制します。
安静にすることが最もいいため、入院する場合が多くあります。

しかし、症状が軽い場合は、入院しないで、薬を飲んだり、点滴を外来で行う場合もあります。
また、細菌性肺炎の治療法としては、対処療法を症状に応じたものを行うこともあります。
細菌性肺炎になれば、いろいろな症状がこれに伴って現れます。
鎮咳薬を咳を治めるために飲んだり、解熱剤を高い熱を下げるために飲んだり、去痰薬という痰がよく出るものを飲んだり、気管支拡張薬という息苦しさを和らげるものを飲んだりするなど、対処療法を症状に応じて行います。

細菌性肺炎の予防

細菌性肺炎の予防は、体調管理をしてインフルエンザや風邪に感染しないようにすることが大切です。
肺炎が発症するほとんどの場合は、インフルエンザにかかったり、風邪を引いたりした後になります。
インフルエンザや風邪にならないように、徹底して手洗い、うがい、マスクの着用などを行って、管理をしっかり行いましょう。
休養を十分にとること、いいバランスの食事を摂ることも大切です。

細菌性肺炎の予防は、ワクチン接種を慢性疾患がある人や高齢者は受けることが大切です。
腎不全、糖尿病、肝硬変などの慢性疾患がある人や高齢者の場合は、免疫力が低下しているので傾向的によく肺炎になります。
そのため、予防接種を受けて肺炎の要因になるインフルエンザにかからないようにする、ワクチン接種を肺炎球菌を防ぐために受けるなどの対策をしましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する