::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 子宮内膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

子宮内膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、子宮内膜炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[子宮内膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
子宮内膜炎について

子宮内膜炎の特徴・要因・症状

子宮内膜炎の特徴

子宮内膜炎というのは、子宮内膜という子宮の内側にある粘膜に炎症が起きるものです。
子宮内膜は、体の外に月経の都度はがれて出て、子宮内膜がまた新しく作られるというようなことが繰り返されるため、ほとんど炎症が起きる場合はありません。

しかし、子宮の中に何かのきっかけで細菌が入って、炎症が子宮内膜に起きる場合があります。
子宮内膜炎は、よく「子宮内膜症」と間違われますが、全く違ったものです。
子宮内膜症というのは、基本的に、子宮内膜が子宮の中にしかありませんが、子宮以外の卵管や卵巣というような別のところに子宮内幕ができるものです。

子宮内膜炎の要因

細菌感染が子宮内膜炎の要因です。
子宮内膜炎は、連鎖球菌、大腸菌、ブドウ球菌、嫌気性菌など、いろいろな菌によって引き起こされます。
子宮の入り口から細菌は入って、上部に感染が拡大し、子宮に細菌が到達すると子宮内膜炎になります。
細菌が子宮の中に入ることは、普通の生活をしている場合はほとんどありません。
しかし、きたないタンポンを月経の際に膣の中に挿入したり、長い時間タンポンを着けた状態にしたりすれば、細菌が子宮の中に入る恐れがあります

また、淋菌が性行為によって感染して、時間が経つにつれて子宮の中に入ることもあります。
子宮頸管が中絶した後や流産した後、分娩した後などは開いているので、子宮の中に細菌が入る可能性が大きくなります。
体の抵抗力が分娩した後は弱くなっているだけでなく、胎盤などが子宮の中に残っているため、子宮内膜炎が発症する場合があります。
子宮内膜炎として、産褥期に起きるものは「産褥性子宮内膜炎」と言われています。

子宮内膜炎の症状

種類によって子宮内膜炎の症状は違ってきます。
感染する状況によって、子宮内膜炎としては急性子宮内膜炎、慢性子宮内膜炎があります。
急性子宮内膜炎、慢性子宮内膜炎によって、症状も違ってきます。

・急性子宮内膜炎の場合
急性子宮内膜炎の場合は、突発的に細菌が入って発症し、下腹部痛、発熱、腰痛、不正出血、おりものの増加、排尿痛などが現れます。
ひどい炎症の場合は、卵巣や卵管へ拡大していく場合があります。

・慢性子宮内膜炎の場合
慢性子宮内膜炎というのは、細菌が子宮の中の基底層に入って、再度子宮内膜が作られるごとに感染するものです。
自覚症状としては急性子宮内膜炎のように無く、無月経になったり、経血量が少なくなったりします。
自覚症状がないので分からない場合があります。

子宮内膜炎の診断と検査

子宮内膜炎を検査する場合は、下腹部の痛みや発熱から別の病気も一緒に検討します。
そして、子宮内膜炎の可能性がある場合は、サンプルを子宮頚管と尿検査から採って、細菌に感染しているかを調査して診断します。
まれに血液検査を行いますが、子宮の膿や傷が考えられる場合は、画像診断のCT検査も行います。
出産した後の産褥性子宮内膜炎の場合は、出産して24時間経った後から、体温が2日続けて38℃をオーバーすると子宮内膜炎の可能性があります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[子宮内膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

子宮内膜炎の治療法

子宮内膜炎を治療する際は、原因菌を分泌物や血液の検査によって特定して、この菌に対して効果が期待できる抗生物質を投与します。
急性子宮内膜炎であれば、子宮内膜が月経の際にはがれると、一緒に細菌も出るので自然に治る場合があります。

一方、慢性子宮内膜炎の場合は、細菌が基底層まで入っているので自然には治りません。
子宮内膜炎に分娩した後や流産した後になった場合は、子宮収縮薬を抗生物質と同時に投与して、子宮の中の腔に残っている組織が出るのを促進します。
子宮内膜炎が進むと、骨盤腹膜炎が起きることがあります。

子宮内膜炎の予防

子宮内膜炎を予防するために効果が最も期待できる方法としては、細菌に感染することを防止することです。
分娩した後は特によく感染するので、出血が産後にあった場合は洗浄便座で洗い流したりするなど、いつもきれいにしましょう。
また、蒸れも衛生に良くないため、いい通気性の下着を選択するようにしましょう。
しかし、洗いすぎに膣がならないように注意しましょう。

不妊の要因に慢性子宮内膜炎がなるのが明確になっています。
炎症が卵管に子宮内膜から拡大すれば、卵管に卵子として排卵したものが入りにくかったり、子宮に受精卵が戻りにくかったりするからです。
治療をできるだけ早い段階で行って、不妊のリスクを少なくしましょう。

慢性子宮内膜炎を抗生剤で治療したことによって、妊娠率が良くなったというデータもあります。
妊娠がなかなかできない場合は、慢性子宮内膜炎の疑いがあるため、一度医師に診てもらいましょう。
子宮内膜炎は、治療を初期の段階で受ければ重症になることはありません。
不妊の要因にならないように、月経の異常や下腹部の痛みがある場合は、婦人科で早めに相談してみましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する