乾燥性湿疹の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | 【公式】ファストドクター
診療受付時間 月~金 19:00-翌6:00 / 土 18:00-翌6:00 / 日祝 6:00-翌6:00
 WEBで診察依頼する

医療コラム

  1. ホーム
  2. 医療コラム
  3. 乾燥性湿疹の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

乾燥性湿疹の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

 
 
こんにちは、ファストドクターです。

乾燥性湿疹についてお伝えします。

  

乾燥性湿疹の特徴・症状

 

乾燥性湿疹の特徴

乾燥性湿疹というのは、主として空気が乾く秋のシーズンから冬にシーズンに、外からの刺激に対して乾いた肌が敏感になって、衣服の擦れや締め付け、体がお風呂で温まることなどのちょっとした刺激によって、炎症を肌が起こして赤くなったり、かゆみを感じたりするものです。
痒いのでゴシゴシとタオルで擦ったり、ひっかいたりすることによって、症状が悪くなって治りにくくなります。
 
 
 

乾燥性湿疹の症状

乾燥性湿疹の主な症状としては、湿疹や強い痒みが現れます。
しかし、皮膚が正常な状態から、湿疹が急に現れるということではありません。

肌の乾きが要因である乾燥性湿疹の症状が悪くなることで、湿疹が現れてきます。
乾燥性湿疹の場合は、肌表面の角質層が乾くことによって剝がれて落ちて炎症が起きます。

症状としては、肌表面に痒みやひび割れが現れたり、粉を白く吹いたようになったりします。
肌が健康な場合は、弱酸性に維持されています。
このような状態の場合は、角質層が外からの紫外線や細菌の侵入などを防止して、肌を保護してくれます。

しかし、水分が角質層から無くなって肌が乾いてくれば、肌を保護する機能が下がって、アルカリ性になります。
肌がアルカリ性になれば、角質層をウイルスや細菌、紫外線などが潜り抜けて、皮膚深層部に入り込みます。
また、肌がこのような状態の場合は、細菌がよく繁殖するため、感染症がよく起きるようになると言われています。

肌を保護する機能が無くなれば、化粧品の成分やちょっとした衣服の擦れなど、普段であれば刺激として問題がない場合でも過剰に反応して、痒みが現れます。
乾燥性湿疹が起きている場合は、肌の状態はこのようになっています。
体がお風呂に入って温まれば、痒みが現れることもあります。
 
 
 
 
 

乾燥性湿疹の診断と検査

 
乾燥性湿疹を診断する際は、視診によって判断することができます。
特に、冬のシーズンに高齢者の下腿や腰臀部で痒みなどの皮膚の乾燥性の所見があれば、容易に診断ができます。
 
 
 
 

乾燥性湿疹の治療法

 
乾燥性湿疹を治療する際には、基本的に、肌の乾きを抑制することが大切になります。
乾燥性湿疹の症状が重くない場合は、自分でケアすることによって治ることもあります。
しかし、乾燥性湿疹の症状が悪くなった場合は、医療機関で診てもらって、治療を受けるようにしましょう。

医療機関の皮膚科などの場合は、症状に応じて次のような薬剤が処方され、治療のメインは保湿によるものになります。

・ステロイド外用薬
強い抗炎症作用が、ステロイド外用薬にはあります。
ステロイド外用薬は、強い痒みが現れたり、時間が発症してから経ったりしている際などに、症状を軽くするために使われます。
痒みが継続することによって肌を掻くと、症状がさらに悪くなって治療が長くかかるので、症状を治療の初期に抑えます。
 

・保湿外用薬
保湿外用薬としては、ヒルドイドや白色ワセリンなどの保湿剤が医療機関では処方されます。
乾燥性湿疹の症状が軽い場合は、痒みが保湿外用薬を入浴した後に塗るのみで治まる場合もあります。
しかし、乾燥性湿疹の症状が重い場合は、炎症をステロイド外用薬で抑えながら同時に保湿外用薬を使う場合が多くあります。
 
 
・内服薬の抗ヒスタミン薬
内服薬の抗ヒスタミン薬は、飲み薬で痒みを抑えるものです。
症状が外用薬のみで良くならない場合や、睡眠が強い痒みのために妨害される場合に、痒みを抑えるために処方されます。
副作用として眠気が出たり、体がだるくなったりする場合がありますが、抗ヒスタミン薬の新しいタイプのものはこのような副作用が起きないものもあります。
 
 
 
 
 

乾燥性湿疹の予防

 
乾燥性湿疹を予防するためには、 

・潤いが逃げないようにする
・必要ない刺激を避ける
・潤いを維持する

ことが大切です。
 

ここでは、普段の生活において注意することについてご紹介しましょう。
 
・入浴する際に注意すること
ゴシゴシと体を洗う際に擦らないようにしましょう。
硬い素材のブラシ・スポンジやナイロンタオルなどを使わないで、十分に石鹼を泡立てて優しく手で洗いましょう。

汗をかかないシーズンの場合は、全身を毎日石鹸で洗わないで、石鹸を使うのはへその周りと脇の下、股のみにしましょう。

入浴したすぐ後は水分を肌が含んでいるために潤っていますが、外気が乾いていれば
入浴する前の状態に10分後には戻ると言われています。
そのため、お風呂から上がって体をタオルで拭くと、保湿剤をすぐに塗りましょう。
 
 
・部屋の乾きに注意すること
部屋の中は、50%~60%の湿度を維持しましょう。
 
 
・肌着は綿素材の柔らかいものにする
化学繊維や起毛素材の肌着の場合は、肌に直接触れると痒みの要因になります。
 
 
・辛い食べ物やアルコールは控える
刺激物の香辛料やアルコールを摂り過ぎれば、痒みが酷くなります。
また、アルコールを摂り過ぎれば、浅い眠りになって、寝ている際に肌を無意識に掻いてしまいます。 
 
 
 
 
 
 
 
 

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭をひどく痛がっている
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

救急医療機関の情報はこちら

夜間往診をご希望の方

下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今まで経験のある頭痛
  • 今まで経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

夜間往診の情報はこちら

東京都港区の救急病院一覧

東京都文京区の救急病院一覧

東京都渋谷区の救急病院一覧

東京都新宿区の救急病院一覧

東京都目黒区の救急病院一覧

東京都千代田区の救急病院一覧

東京都中央区の救急病院一覧

東京都品川区の救急病院一覧

東京都世田谷区の救急病院一覧

東京都中野区の救急病院一覧

東京都豊島区の救急病院一覧

東京都杉並区の救急病院一覧

東京都江東区の救急病院一覧

東京都北区の救急病院一覧

東京都板橋区の救急病院一覧

東京都台東区の救急病院一覧

東京都荒川区の救急病院一覧

東京都練馬区の救急病院一覧

東京都墨田区の救急病院一覧

東京都葛飾区の救急病院一覧

東京都江戸川区の救急病院一覧

埼玉県さいたま市の救急病院一覧

埼玉県和光市の救急病院一覧

埼玉県川越市の救急病院一覧

埼玉県川口市の救急病院一覧

埼玉県蕨市の救急病院一覧

埼玉県戸田市の救急病院一覧

埼玉県草加市の救急病院一覧

埼玉県八潮市の救急病院一覧

埼玉県三郷市の救急病院一覧

埼玉県吉川市の救急病院一覧

千葉県市川市の救急病院一覧

千葉県八千代市の救急病院一覧

千葉県習志野市の救急病院一覧

千葉県船橋市の救急病院一覧

千葉県松戸市の救急病院一覧

千葉県千葉市の救急病院一覧

ファストドクター(夜間往診)

夜間専門往診サービス

●東京エリア担当医療機関
 四ツ谷ホームクリニック

●住所:東京都新宿区 本塩町21-14

●医師の紹介
 https://fastdoctor.jp/philosophy/

●救急病院と夜間往診の比較

救急病院と夜間往診の比較表

往診の流れを詳しく見る>