::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一...

おたふくかぜの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、おたふくかぜの症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[おたふくかぜ]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
おたふくかぜについて

おたふくかぜの特徴・症状

おたふくかぜの特徴

おたふくかぜというのは、ムンプス、流行性耳下腺炎とも言われています。
おたふくかぜは、子供に多く現れるもので、ムンプスウイルスの感染症です。
ほとんどの場合は、咽頭痛・耳の下の腫れ・発熱などが現れ、発症してから2日程度経過すれば治まってきます。

髄膜炎や精巣炎を併発する場合もあり、この際は意識障害、陰嚢の痛み・腫れ・けいれんなどが起きます。
血液検査でおたふくかぜは診断できますが、流行状況と症状からほとんどの場合は診断します。
有効な治療法はありませんが、酷い症状の場合は対処療法として症状が和らぐ治療を行います。
おたふくかぜを治療したい場合は、内科・小児科・感染症内科で診てもらいましょう。

おたふくかぜの症状

おたふくかぜの場合は、片方あるいは両方の耳の前の顎から耳たぶのラインに沿った耳下腺が腫れてきます。
一般的に、片方から腫れて、両方が1日~2日のうちに腫れる場合が多くあります。
しかし、4分の1程度は、片方のみの腫れになります。

また、顎下腺の腫れも半分程度は現れます。
腫れるようになってから痛みが3日~4日間は強い場合が多く、唾液の分泌が促進される際に特に増えます。

例えば、酸っぱいものを摂る場合、くちゃくちゃ噛む場合、唾液が夕食よりも出始める朝食を摂る場合などです。
一般的に、腫れは7日~10日程度で無くなり 、2週間で長くても無くなります。
熱が現れない場合と現れる場合があります。

主なおたふくかぜの合併症についてご紹介しましょう。

・精巣炎
成人男性の思春期以降の場合は、精巣炎を20%~25%が併発します。

・無菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎は合併症として最も多いもので、男性の方が女性よりもよく併発し、頭痛が現れます。
顎下腺や耳下腺の腫れと一緒に併発したり、腫れが現れる前後に併発したりする場合もあり、時期はいろいろです。
一般的に、自然に治って後遺症はありません。

・膵炎
子供と大人の両方で、まれに膵炎は併発する場合があります。
一般的に、対症療法で治ります。

・難聴
ワクチンが無い頃は、おたふくかぜが子供の難聴の要因の場合が多くありました。
急に発症しますが、たまに難聴が徐々に進む場合もあります。
併発するのはまれですが、後遺症として難聴が残ることがあります。

おたふくかぜの診断と検査

おたふくかぜを診断する際は、基本的に、症状から判断され、必ずしも検査は行われません。
血液検査は、診断がはっきりしない場合に、ムンプスウイルスに感染しているかどうかを調査するために行われる場合があります。
しかし、標準的に行われるものではなく、数日間結果が分かるまでにかかる場合が多くあります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[おたふくかぜ]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

おたふくかぜの治療法

おたふくかぜを治療する際は、特効薬はありませんが、1週間~2週間でほとんど自然に治るので、様子を対症療法で見ます。
我慢できるくらいの痛みの場合は、安静にするのがおすすめです。
熱が一旦下がった後に再発して、頭痛、腹痛などがあれば、合併症の髄膜炎などが起きていることを考えて検査を行います。

ワクチン接種で、おたふくかぜは予防できます。
現在、ワクチン接種は任意ですが、予防するためにワクチン接種は2回すすめられています。
よく発症するのは3歳~6歳であることを考慮して、ワクチン接種は3歳までがおすすめです。

おたふくかぜの予防

予防接種を受けることによって、おたふくかぜの合併症と感染を防止することができます。
世界の100か国以上の場合は、定期接種がMMRワクチンなどで行われているため、おたふくかぜは非常に発生が少なくなっています。

日本においては、任意接種におたふくかぜのワクチンがなっており、現状では2割~3割の接種率と低くなっていますが、厚労省もワクチン接種は望ましいということで、定期接種にすることが検討されています。

おたふくかぜの予防接種としては、1歳過ぎに1回目を受けて、2年~4年1回目から経ってから2回目を受けます。
予防接種がこの時期に受けられなかった場合は、2回4週間以上経ってから受けます。
忘れるのを防止して、確実に予防接種の効果を期待するには、1回目から4週間経ってから2回目を受けるようにしましょう。

予防接種としては、不活化ワクチンと生ワクチンがありますが、おたふくかぜの場合は生ワクチンです。
生ワクチンというのは、ワクチンにするためにウイルスの病原性を弱くしたものです。
生ワクチンを打ってから1ヶ月は、別のワクチンは打てません。

現在、おたふくかぜの予防接種は、任意接種であるため自費になります。
価格は病院や地域によって違ってきますが、数千円1回についてかかります。
おたふくかぜの予防接種を受けたり、おたふくかぜにかかったりしたことがない人が、おたふくかぜになっている患者と接触してから予防接種を受けても、発症することを予防することはできません。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する