WORK WITH US!

ITの力で救急医療の“いま”を変える

MESSAGE

代表メッセージ

  • TEAM画像

    菊池 亮

    Kikuchi Ryo

    代表取締役医師

    救急医療の現場は、数少ない医師と医療従事者の犠牲によって成り立っており、今後どのようにして医療の持続可能性を高めていくべきかを、真剣に考えていかなければなりません。
    私たちは、時間外における初期救急医療機関の参画率を高めること、不必要な救急車の出動件数を抑制することを目的として、ファストドクターのビジネスモデルを考案しました。

    救急車や、大学病院をはじめとする医療機関に、軽症な患者さんが次々と押し寄せてくる――。その原因が何なのか、どうしたら患者さんの流れを変え、本当に必要な人に必要な医療を届けられるのか?このような経験と疑問がファストドクターを立ち上げたきっかけでした。

    私たちは、そんな医療に対して、強い思いがある方を仲間に迎え入れたいと考えています。サービスを大きくしていくには、医師一人の力だけでは不十分で、様々なバックグランドの人たちと、大きなシナジーを生み出していきたい。規制が厳しい医療という業界の中で、一緒に困難を乗り越え、それをエネルギーに変えていけるバイタリティのある方を必要としています。

    医療に対して熱い思いや課題意識を持っている方、ぜひ一緒に救急医療の在り方そのものを変え、多くの患者さんにありがとうと言ってもらえる「救急医療ネットワーク」を作っていきましょう。

  • TEAM画像

    水野 敬志

    Misuno Takashi

    代表取締役

    ファストドクターは、「日本の救急医療のプラットフォーム」になることを目指し、2016年に夜間救急往診の窓口としてスタートしました。 立ち上げ当初は問診や医師の往診ルート設計を全て手動でやっていたため、電話応答率がわずか2%というような状況でしたが、CTOとともにITを活用した自動化・効率化を進め2019年には応答率を99%まで上げることができました。このように私たちは労働集約的になりがちな医療業界の課題をスピーディーにITの力で解決し、1日でも早く「救急医療のプラットフォーム」となるべく日々のサービス向上に取り組んでいます。

    現在、「インターネットの誕生は人々を本当に幸せにしてきたのか?」そのような疑問は誰もが多少なりとも持っていると思います。しかし、ここからは人々のリアルな生活を本当に幸せにするために、ITの力が使われる時代が、いよいよやってきます。私たちもその大きなうねりに乗りたい。ファストドクターはあなたが持っているスキルや思いを使って必ず、日本をそして世界を幸せにできる事業であると確信しています。

    超少子・高齢化社会の中、どのように持続可能な医療サービスを提供していけるのか? そこに対する問題意識を持ち、さらに自分が持っているスキルを活かしたい。そういった強い思いを持っている方をぜひお待ちしています。

TEAM

社員紹介

  • TEAM画像

    岩田 花栄

    Hanae Iwata

    総務部

    会社の成長を間近で見られることにワクワクします

    ファストドクターの立ち上げ時期から関わり、現在は経理や総務関連の業務、患者さんの事務的な対応まで幅広く担当しています。一つひとつの業務は小さいことが多いのですが、「ありがとう」と言ってくれる患者さんや周りの人たちの声が励みになる仕事です。

    ファストドクターでは一緒に働く仲間を募集していますが、向上心があって、ポジティブな議論ができる人と仕事をしていきたいですね。私自身も新しいスタッフから学ぶことも多く、自分の仕事の幅も広がった気がします。これから一緒に働く人たちともいい相乗効果が生みだせるといいな、と思っています。

    立ち上げ当初は少ない人数の中、すべて手作業で行っていましたが、日を追うごとにシステム化、効率化され、たくさんの患者さんの対応ができるようになりつつあります。そういった会社の成長を間近で見られることもスタートアップ企業の醍醐味ですし、ワクワクしますね。

  • TEAM画像

    上柳 菜摘

    Natsumi Ueyanagi

    看護師・ディレクター

    看護師の強みを活かしながら新しいことにチャレンジしていきたい

    看護師として7年間大学病院に勤務していましたが、新しいことへのチャレンジができるこの会社に魅力を感じてジョインしました。現在は看護師の経験を活かして先生たちの困りごとや相談、業務に関する問い合わせに対応する医師のサポート業務をメインに行っています。

    ファストドクターはとてもオープンで「みんなで一緒にやっていこう!」という社風なので毎日楽しくのびのびと仕事をしています。私自身、看護師の知識は武器ではありますが、他にも業務を通してたくさんの新しいことにチャレンジもさせてもらっています。特にここはITに強い会社なのでそういったことを学べる環境があるのは嬉しいですね。

    ファストドクターはたとえ医療の知識や資格がなくても、自らの枠を広げて積極的に仕事ができる人なら活躍できる場があります。私自身もそういったマインドの人たちと仕事をして、会社や仲間と一緒に成長していきたいですね。

Posting position

募集要項

  • エンジニア
  • エリアマネージャー
  • マーケター
  • コールセンター
エンジニア
業務概要 現在東京23区を中心にサービス展開をしており、対応エリアの拡大を見据え、システムの開発・補強が必要となります。
業務システムやフロントサイド(アプリ・Web)向けAPI構築といった点で弊社CTOとともにサービス成長を支えるシステムの開発・強化を担っていただきます。
業務内容詳細 主に業務システムを開発および運用いただきます。具体的な機能は、
・応対ステータス管理機能
・患者向けマイページ機能、決済機能
・往診可能な医師とのマッチング最適化、ルーティング最適化機能
・フロントサイド(Webおよびアプリ)向けAPI提供、など
※機能追加を含む保守、リファクタリングがメインとなります。
今後の展望 対応エリアを東京近郊、大阪、その他都市圏へ拡大させていき、日本全国の人が夜間・休日に不安のない生活を送れるようにしていきたいと考えています。
ニーズの拡大に伴い、電話やAIチャットボットでの医療相談窓口を強化していく必要があります。
さらに、今後は現役医師が300人からさらに増えていくため、エリアごとに対応した業務システムの開発が求められます。
仕事のやりがい ・創業以来、年2.5倍のペースで急成長しているメディテックのフロンティア企業で社会貢献度の高い仕事に携われます。
・ICCカタパルト(2019)で優勝したスタートアップで活躍ができます。
・医療現場の課題に精通した現役医師率いる当社で日本の医療業界の10年後の姿(医療4.0)のVisionを誰よりも早く具現化・実行できます。
・医療のリアルな声を活かして真に必要なプロダクト・サービスを開発できます。
・設計したサービスで、患者様から直接感謝の声が毎日届き、やりがいを感じられます。
応募資格
必須 ・ ヒアリングした業務要件から機能要件・システム要件を作成できること
・ JavaScript/HTML/CSSの開発経験が3年以上
・ Vue.js/React/AngularなどComponent Based Frameworkでの開発経験が1年以上
・ SQLの利用経験が3年以上
歓迎 ・ Rails, LaravelなどWeb Frameworkでの開発経験が3年以上
・ Vue.jsなどComponent Based FrameworkなSingle Page Applicationの開発経験
・ PWAの開発経験
・ Webpackの利用経験
・ AWS/Heroku/Dockerの利用経験
・ 機械学習の知識(巡回セールスマン問題、向けの入力支援あたりが望ましい)
求める人物像 ・複雑な業務プロセスを標準化・効率化することにやりがいを感じることができるかた
・機械学習などを活用して自動化にチャレンジしてみたい方
新拠点立ち上げエリアマネージャー(埼玉、千葉、神奈川、西東京)
業務概要 現在東京23区および大阪市を中心にサービス展開をしていますが、ニーズがある東京近郊、大阪市外で対応可能エリアを増やすために当社事業の立ち上げていただきます。 主にエリアでのスタッフ採用・育成、業務フロー管理など、事業に必要なすべてを統括いただきます。
業務内容詳細 ・本社と連携した予算・売上・業務管理
・予算管理
・売上管理
・経費・業務改善

・担当地域の業務管理
・新規スタッフの採用および教育(医師・ドライバ・パッキングなど)
・シフト管理
・ベンダー調査から契約(薬剤の仕入れや医師が着用した白衣のクリーニング、など)
・提携クリニックの開拓から契約管理
・提携介護施設、訪日外国人向けサービス(ホテルやカード会社など)の開拓
・その他トラブルシューティング
今後の展望 対応エリアを東京近郊、大阪、その他都市圏へ拡大させていき、日本全国の人が夜間・休日に不安のない生活を送れるようにしていきたいと考えています。
社会貢献度も高く、メディアへの露出が増えており更なるスピードで成長していくことが求められています。拡大にはエリアマネージャーが必須で、成長を支え、さらに拡大させていただきたいと考えております。
仕事のやりがい ・エリア長として、経営管理・人事労務・経理・提携施設とのアライアンス構築など、幅広い領域で経験を積めます。
・創業以来、年2.5倍のペースで急成長しているメディテックのフロンティア企業で社会貢献度の高い仕事に携われます。
・ICCカタパルト(2019)で優勝したスタートアップで活躍ができます。
・医療現場の課題に精通した現役医師率いる当社で日本の医療業界の10年後の姿(医療4.0)のVisionを誰よりも早く具現化・実行できます。
・医療のリアルと直結したサービス改善を行う経験を積めます。
応募資格
必須 ・営業・事業開発・拠点責任者のいずれかのご経験をお持ちのかた。
・ファストドクターのビジョンに共感してくださるかた。
・責任感の強いかた。
※現在ファストドクターで活躍するエリアマネージャーのバックグラウンド
・証券会社で10年営業を経験
・医療系法人で8年の総務・副施設長を経験
求める人物像 ・将来自分で経営を行いたいと思っているかた。
・べき論に固執せず、Quick&Dirtyでスピード感を持ってチャレンジできるかた。
・フットワークが軽く、自分の領域にこだわらないかた。
・ワンチームを志向するかた。
・目標に向かって努力ができるかた
マーケター
業務概要 ファストドクターのサービス普及に向けて最も重要な認知度向上と顧客体験(CX:Customer Experience)の改善をリードしてくださるマーケターを募集します。 また、認知度向上施策の企画からデザイナーおよびエンジニアと連携し施策の打ち出しから施策効果測定までを担っていただきます。
業務内容詳細 ・救急病院の検索から受診後のフォローアップまでのCX全体を通したNPSの最大化
・SEO/SEMやメディア連携によるサイトVisitor数の最大化
・オフラインマーケティングの施策企画・実行
・WebページのUI/UX改善によるCVR(Conversion Rate)の改善
・自社アプリや提携サイトなどのUI/UXの企画・実装
・マーケティング組織のマネジメントおよび拡大
マーケティング課題 夜間・休日に大量不良になった際、まだ多くの方は電話で救急センターや救急病院に問い合わせるケースが多く、ファストドクターが選択肢に入っているとは言い難い状況です。 夜間・休日の救急の多くは軽症者であり、限られた救急医療リソースを最適配分することがこれからの超高齢社会で求められ、ファストドクターは一躍を担うべきと考えております。
今後の展望 対応エリアを東京近郊、大阪、その他都市圏へ拡大させていき、日本全国の人が夜間・休日に不安のない生活を送れるようにしていきたいと考えています。
社会貢献度も高く、メディアへの露出が増えている一方、やはりまだまだ新規エリアではファストドクターは知られていません。そこでさらにメディアの露出拡大やSEO/SEMなどを駆使し認知度向上・NPS最大化を図っていきたいと考えております。
仕事のやりがい ・マーケターとして、指数関数的に成長している企業で顧客獲得に向けた施策の立案から実行・効果計測までの一連の経験が積めます。
・普段は関われないWebデザイナやエンジニアと連携したサイト構築や施策設計の経験が積めます。
・創業以来、年2.5倍のペースで急成長しているメディテックのフロンティア企業で社会貢献度の高い仕事に携われます。
I・CCカタパルト(2019)で優勝したスタートアップで活躍ができます。
・医療現場の課題に精通した現役医師率いる当社で日本の医療業界の10年後の姿(医療4.0)のVisionを誰よりも早く具現化・実行できます。
応募資格
必須 ・サイト(ワイヤー)の制作、コンテンツプランニングの経験をお持ちのかた。
・デザイナ・エンジニアなどを含む4人以上のチームのリードした経験をお持ちのかた。
・SEO/SEMのKPI設計と運用マネジメントの経験をお持ちかた。
歓迎 ・ブランド認知向上施策の実務経験。
・オフラインマーケティングの実務経験。
・タイアップ企業やPRの実務経験。
・自社ウェブサイトもしくは自社アプリのディレクション経験。
・広告代理店や受託企業などのベンダーマネジメントの実務経験。
・1名以上の育成経験(採用・教育・人事評価・人事面談など)
求める人物像 ・医療業界で多様なステークホルダーや規制が存在する複雑性を理解しチャレンジできるかた。
・べき論に固執せず、Quick&Dirtyでスピード感を持ってチャレンジできるかた。
・インターネットが好きで、Webサービスやアプリへ強い関心があるかた。
・ソーシャルインパクトを重視したいかた。
・オーナーシップをもって成果を出すことに重きを置いているかた。
コールセンターSV
業務概要 SNSやメディアに露出する機会が増え、夜間・休日の救急プラットフォームとしてコールセンターへの問い合わせを日々増加しております。
そこで患者の一次対応をするコールセンターの品質を高め、マネジメントいただくSV(Super Visor)を募集することとなりました。
基本は東京勤務となり、コールセンタースタッフの品質や対応状況の管理をしていただきますが、月1~2回は現地の沖縄に赴き、スタッフのマネジメントをしていただきます。
サービスの受付~診察~
支払いまでの流れ
①ファストドクターコールセンターに患者から問い合わせ
②コールセンター・医師が総務省消防庁のプロトコールに則り医療相談対応および往診要否を判断
③往診の医師とドライバーが患者のもとへ(検査機器や処方薬を入れたバッグ・スーツケースを4つ持参)
④診察および薬を処方
⑤キャッシュレス決済
業務内容詳細 ・コールセンターの運営(NPS(顧客満足度)の最大化、コールセンタースタッフの採用・教育、コスト管理、インフラ管理)
・沖縄にいる在宅コールスタッフのマネジメント
・東京などでのコールセンター立ち上げ検討
今後の展望 対応エリアを東京近郊、大阪、その他都市圏へ拡大させていき、日本全国の人が夜間・休日に不安のない生活を送れるようにしていきたいと考えています。
社会貢献度も高く、メディアへの露出が増えており、今後はさらに患者様からの問い合わせ拡大が想定されます。ファストドクターの往診の窓口となるコールセンターをより強化し、患者様のNPS最大化・往診数の増加を図っていきたいと考えております。
仕事のやりがい ・医療系経験不問。コールセンターSV経験があればチャレンジできます。
・どんどんニーズ・問い合わせが増加していく企業でコールセンターのマネジメント経験が積めます。
・創業以来、年2.5倍のペースで急成長しているメディテックのフロンティア企業で・社会貢献度の高い仕事に携われます。
・ICCカタパルト(2019)で優勝したスタートアップで活躍ができます。
・医療現場の課題に精通した現役医師率いる当社で日本の医療業界の10年後の姿(医療4.0)のVisionを誰よりも早く具現化・実行できます。
応募資格
必須 ・30人以上のコールセンターでのSV経験および労務管理経験をお持ちのかた。
・もしくは、コールセンター拠点の立ち上げ(オフィス選定、インフラ選定・構築)経験をお持ちのかた。
求める人物像 ・ITやネット系、メディテック企業に興味があるかた。
・べき論に固執せず、Quick&Dirtyでスピード感を持ってチャレンジできるかた。
・フットワークが軽く、領域にこだわらないかた。
・ワンチームを志向されるかた。
・目標に向かって努力できるかた。