ニュース

2022.6.1

ファストドクターとベアーズ 夜間休日の医療相談・受診環境構築に連携

  • #サービス
  • #登壇・活動報告
ファストドクターとベアーズ 夜間休日の医療相談・受診環境構築に連携

日本最大の時間外救急プラットフォームを運営するファストドクター株式会社(本社:東京都港区 代表取締役・医師:菊池亮、代表取締役:水野敬志)は、家事代行をはじめとした暮らしのサポートを行う株式会社ベアーズ(本社:東京都中央区日本橋浜町 代表取締役社長:高橋健志)と連携し、ベアーズのお客様および従業員を対象として夜間・休日に体調不良が起きた際、迅速に医療相談・救急往診・救急オンライン診療が受けられる環境構築を6月1日から開始いたします。本連携により、医療アクセスが困難な時間帯における体調不良時の不安を少しでも軽減できるよう、サポートしてまいります。

連携の背景


ベアーズでは、「安心」「安全」「快適」「便利」を支える暮らしのインフラとして、家事代行の領域にとどまらず、暮らしの“困った”を総合的に支援する暮らしサポート企業となることを宣言し、サービスの拡充を行っています。これまで、キッズ&ベビーシッターや高齢者支援など暮らしをより安心で快適にするサービスの拡充をはかってきましたが、昨今の高齢化や健康意識の増大によりお客様からのニーズが高い医療分野においては、日本最大の時間外救急プラットフォームとして夜間・休日の医療相談、救急往診・救急オンライン診療支援を行うファストドクターと連携し、ともに暮らしの「安心」の強化を行う運びとなりました。生活者の暮らしに密接したベアーズとの取り組みによって、暮らしの中でより気軽に医療相談ができる環境を構築し、ファストドクターのミッションである「生活者の不安と、医療者の負担をなくす」を推進してまいります。

連携内容


ファストドクターの医療ネットワークが協力のもと、ベアーズの利用客および従業員の方々は、夜間・休日における体調不良時には専用の電話番号を介して、スムーズにファストドクターに接続することが可能です。

・首都圏を中心とした10都府県に対応、順次拡大予定 ※1
・夜間休日に救急相談を受け付け、緊急度判定のうえ、適切な受診勧奨を実施 ※2
・通院が難しい患者へは、「救急オンライン診療」「救急往診」を提供 ※3
・1,500名以上の医師が対応(研修医は所属していない)
・診療後のフォローアップも充実、かかりつけ医との連携まで

※1 一部対象外地域があります。こちら ( https://fastdoctor.jp/area/ ) をご確認ください。
※2 医療相談では、診察や処方を行うことはできません。
※3 医師による医療相談を含む医療行為はファストドクターが提携する医療機関所属の医師によって行われ、 ファストドクターが医療行為を行うものではありません。

救急診療所と同等レベルの医療機器を持参

ファストドクターは今後も、ミッションである「生活者の不安と、医療者の負担をなくす」の実現にむけて、必要な人に必要な医療を適切に届けられる環境構築に協力して参ります。

ファストドクターについて


全国に対応する日本最大級のプライマリ・ケア医療プラットフォーム「ファストドクター」を運営するヘルステック企業。3,500名以上の医師が参加するこのプラットフォームは患者のほか、医療・介護施設、自治体、公的研究機関、製薬や保険業界など、医療業界の多岐にわたるステークホルダーの皆さまにご利用いただくことで、地域医療を強化する新たな医療インフラの構築を実現します。

所在地:〒150-6032 東京都渋谷区恵比寿4丁目20-3
設立:2016年8月
代表者:菊池 亮(医師)・水野 敬志
WEBサイト:https://www.fastdoctor.co.jp/corporate

本件に対するお問い合わせ

ファストドクター株式会社
広報 田島 めぐみ
E-mail:[email protected]
Tel:090-7843-9782

関連記事

該当する記事が見つかりませんでした