::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language

ファストドクターの理念

緊急医療体制の
課題解決をサポートしたい

少子高齢化社会の中、救急医療のニーズはますます高まっています。
しかし夜間・休日の救急診療に対応している医療機関は少ない上、急病時に医療機関へアクセスが 困難な患者さんにとって、救急車以外に選択肢がないのが実状です。

そこでファストドクターでは、夜間・休日の救急診療に新たな選択肢を提供することで、 患者さんの“適切な救急車や救急外来の利用”をサポートします。
患者さんの医療アクセス担保と、医療行動の適正化を図り、 救急医療全体の持続可能性を高めることを目的としています。

『ファストドクターが目指す未来』
代表医師 菊池亮

Youtubeでこの動画を見る

創業の経緯からコロナ禍での対応と
ファストドクターが目指す未来を伝えます。

ファストドクターが解決したい
課題・目指すこと

01

在宅医療を受けていない
患者さまへの救急受診の支援

救急医療を取り巻く問題
~高齢者による救急車利用が増加している~

近年、救急車の出動件数が増え続けており、社会問題化しています。さらに、高齢者による利用が全患者の59%を占めていること、 全患者の50%が軽症だったという事実は、高齢化による影響を色濃く現しています。 「地域包括ケアシステムにおける救急医療に関する検討委員会」では、高齢者を3種類に定義しています。

1) 医療・介護サービスを受けていない高齢者
2) 医療(通院)・介護サービスを受けている高齢者
3) 医療(在宅)・介護サービスを受けている高齢者

これらの患者のうち、3) 在宅医療を受けている患者はわずか2.1%にとどまっており、 それ以外の患者層からの救急要請が全体の95.0%を占めています。 いま、どのようにして1) 2) の患者層の救急受診を支援していくかが、大きな課題となっています。

02

救急医療を取り巻く問題
~高齢者の受療行動~

救急医療を取り巻く問題
~高齢者による救急車利用が増加している~

高齢者の受療行動は、下記の3つに区分されます。
1) かかりつけ医
2) 救急外来
3) 救急車
しかし、夜間休日帯の場合は、1) かかりつけ医が不在の場合がほとんどです。
そこで、救急外来を受診しようとしても、近年は高齢者の単独世帯または夫婦のみ世帯が57%と増え続けており、 自力での通院が困難という場合が数多くあります。
これが、高齢者による救急車利用が増えている背景と考えます。
こうした現状を打破するための、救急相談センター#7119事業は非常に素晴らしい事業と思います。しかし、高齢者による#7119利用は全体の18%に止まっており、周知されるにはまだまだ時間がかかりそうです。

03

ファストドクター事業
(往診型救急診療)による解決

ファストドクターでは、東京23区および大阪市内を対象に、365日体制で往診型救急診療を提供しています。 そして、受付時はコールトリアージ(赤(119)、橙(1hr以内の受診)、黄(6hr以内の受診)、緑(翌日の受診)、白(経過観察))を行い、 この段階で70%の患者さまは経過観察あるいは119案内として対応しています(2019年10月時点)。 一方で、準緊急かつ通院が困難な患者さまに対しては、往診を行なっています。 要請から最短30分以内での初療開始を目標としており、往診後は紹介状をもって、かかりつけの先生へバトンタッチしています。

こうした適切なトリアージと迅速な医療提供は、在宅医療を受けていない患者さまにとって、一つの選択肢になると考えています。

代表メッセージ

菊池 亮

菊池 亮

ファストドクター(株) 代表取締役・医師

夜間・休日に安心の医療サービスを届けたい

在宅療養中の患者さんが急病を発症した場合、これまでは主治医に相談するか救急車を呼ぶ選択肢しかありませんでした。 一方で主治医の先生が患者対応できない場合も考えられます。 ファストドクターでは、こうした事態に備え、診診連携をしています。 さらに主治医を持たない患者さんに対しても、往診型救急診療をオープンアクセスで提供しています。 在宅療養中の多くの患者さんへ、救急車の代替となる新しい医療をご提供します。

経歴

2010年 帝京大学医学部医学科卒業  初期研修終了後、同整形外科学教室に入局  帝京大学医学部附属病院 整形外科・救急科 勤務  2016年にファストドクター(株)の代表取締役に就任


水野 敬志

水野 敬志

ファストドクター(株) 代表取締役

救急医療を必要とするすべての人のために

加速する高齢化社会の中「日本の救急医療全体のインフラ」となることを目指し、 2016年に夜間救急往診の窓口としてスタートしたファストドクターですが、3年間で約5万人の患者さんを往診してきました。 往診にまつわる多くの業務をITで効率化し、提携クリニック様の負担を軽減しています。 今後も持続可能な地域の救急ネットワークを維持していくために、患者さん、医療機関、地域全体に役立つシステムを提供していきます。

経歴

2009年 京都大学大学院農学研究科修了  外資系戦略コンサルティングファーム、楽天にて戦略および組織マネジメントの経験を積む  2017年よりファストドクターを含む複数ベンチャーを支援 2018年からファストドクター(株)の代表取締役に就任

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する