新型コロナ感染拡大を水際で食い止める:ご支援のお願い | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language

ファストドクターをご利用頂いた方のSMSにご連絡しております。


はじめまして。

ファストドクター代表医師 菊池亮と申します。

この度、ご支援のお願いでご連絡致しました。

 

ファストドクター公式ラインからご支援を頂いた方はこちら

 

=====

2020年3月から

 

『発熱患者の診療拒否、受診難民の発生、受入病院が見つかりづらい、救急病院での受入制限』

 

などの報道が相次ぎました。

 

発熱症状に苦しむ中「病院に行きたくても行けない」患者様が大勢いらっしゃいました。

 

その現状を目の当たりにして、私たちが【発熱患者様の診療にあたることで救える命がある】と感じ、急ピッチで体制を作り、感染防護資材をあつめ、発熱患者様を受け入れ往診を行いました。

 

 

ファストドクターが診察した2020年3月以降の発熱患者様は、1万3000名以上にのぼります。

 

 

私たちが新型コロナウイルスとどのように戦ってきたのか、そして今おかれている現状をお伝えします。

 

ありのままに綴りました。
ぜひご一読ください。

  

ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

詳しくはこちら>
https://readyfor.jp/projects/fastdoctor

=====

ファストドクター公式LINEからご支援を頂いた皆さまへ

 

先ほどLINE公式アカウントにて、感謝のメッセージをお送り致しました。

私たちファストドクターチームは皆さまの応援とご支援に本当に励まれております。

 

ありがとうございます。
心から御礼申し上げます。

 

現在、ファストドクターでは医師・看護師が1日300枚の防護服を着用します。

 

一枚一枚の防護服を着るたびに、皆さまから託された支援の気持ちを感じ、
発熱し辛い思いをしている患者様のもとに向かいます。

 

皆さまからのご支援は、防護服を通して医師、看護師から患者様へ繋がっていきます。

 

 

『医師と患者様と守る防護服購入』の目標金額を上回ったご支援分に関しては、ご自宅で検査できる医療機器の拡充、そしてコロナ禍により大変な思いをしている保育所・幼稚園・小中学校・福祉施設・介護施設・医療機関に寄付を致します。
 
こちらは支援者様 全員にメールにて詳細を報告致します。
ご支援は500円から可能です。
是非、ファストドクターの応援よろしくお願いします。

 

  
ファストドクター代表医師
菊池亮

https://readyfor.jp/projects/fastdoctor

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する