蜂窩織炎(ほうかしきえん)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大48000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 蜂窩織炎(ほうかしきえん)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あ...

蜂窩織炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、蜂窩織炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[蜂窩織炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
蜂窩織炎について

蜂窩織炎の特徴・要因・症状

蜂窩織炎の特徴

いろいろな細菌に皮膚は普段から接していますが、細菌が外から侵入するのを防止する作用があるため、感染症が普通の状態で起きる場合はありません。
蜂窩織炎は、細菌が一気に何かのきっかけで多くなって、感染症が発症したものです。
免疫力や抵抗力が下がったり、傷や炎症が皮膚にあったり、不潔な状態に皮膚がなっていたりする場合などは、蜂窩織炎が起きやすい状況になっています。

蜂窩織炎の要因

蜂窩織炎の要因は、細菌による感染です。
要因になる主な細菌としては、黄色ブドウ球菌が挙げられますが、別の化膿連鎖球菌などの場合もあります。

蜂窩織炎の症状

蜂窩織炎は、細菌によって感染する化膿性感染症で、皮下脂肪組織から皮膚の深い箇所にかけてのものです。
感染源としては、皮膚炎、外傷、白癬感染などの皮膚の損傷が多くありますが、全く感染源が特定されないこともあります。

蜂窩織炎は、浮腫やリンパのうっ滞によって起きることもあります。
蜂窩織炎がよく発症する箇所としては、足背部や下腿部です。
また、表皮で発症した場合は伝染性膿痂疹になり、手や足の指の指趾の先で発生した場合はひょう疽と言います。
最初は赤く硬く広い範囲がなって腫れ、痛みと熱感が現れます。

発熱して、頭痛・悪寒や関節痛が現れる場合もあります。
しばらく経つと膿が出てぶよぶよする場合もあり、また壊死した皮膚組織や膿が皮膚が破れて流出して、潰瘍の深いものができる場合もあります。
感染巣がさらに悪くなれば、組織壊死が広い範囲に起き、菌血症や壊死性筋膜炎が起きて、命が危なくなります。

蜂窩織炎の診断と検査

蜂窩織炎を診断する際は、蜂窩織炎と同じような別の病気のことを考慮して、行う検査が違ってきます。
検査の内容は、受診する科や病院によっても違います。
病歴を医師が聞き取りする際は、基本的に、問診、局所の触診・視診などになります。

血液検査では、炎症を表示するCRP、白血球などの数値が高くなります。
しかし、これのみでは蜂窩織炎の診断が確定できないことがあります。
尿酸値についてもチェックすると、痛風と見分けることができます。
痛風の可能性は、正常な尿酸値の場合は低くなります。

これ以外の検査としては、整形外科を受診すると、石灰沈着などが骨にないかをCT検査やレントゲン検査などで調査して、痛風かどうかを見極めることがあります。
また、エコー検査を行うこともあります。
医師が必要な検査を症状によって判断するため、検査は病状によって違ってきます。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[蜂窩織炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

蜂窩織炎の治療法

蜂窩織炎を治療する際には、抗菌薬を使います。
蜂窩織炎は細菌が要因であるため、抗菌薬を使うと効果が期待できます。
点滴あるいは飲み薬などでも治療することができます。
基本的に、治療は通院で十分にできますが、全身状態が悪かったり、症状が重かったりした場合は、入院して治療したり、安静にしたりする必要があります。
入院する必要があるのは、

・高熱が継続する
・グッタリして支障が日常生活にある
・急に悪くなった
・持病などがもともとあって感染が重くなる可能性がある
・なかなか飲み薬のみでは回復しない
・重い症状で安静が必要である

などが挙げられます。
また、免疫不全や糖尿病などの場合は症状が重くなりやすいため、入院して早くから治療することもあります。
一般的に、治療する目安の期間としては5日間~14日間で、抗菌剤を服用します。

治療する期間は、炎症の程度、治療を始める時期、原因菌、免疫力、回復力などによって違ってきます。
内服のみで十分か、点滴を外来で併用するか、安静を保つために入院して点滴を行うかなども状況によって違ってきます。
1ヶ月以上の長期間薬を服用することが必要なことも、場合によってはあります。
注意する必要があるのは、自分で判断して薬を服用するのを止めないことです。
局所の症状が治った場合でも、細菌がまだ体の中には残っています。
完全に治るまでは、決められた期間薬をしっかりと服用し続けましょう。

家庭で蜂窩織炎をケアする際には、安静にする、熱感と赤みは冷やす、足を高くする、弾性包帯を浮腫があれば使う、ようにします。
炎症が悪くならないようにするには、安静にすることが大切です。
熱感があれば冷やして、入浴しないでシャワーなどを使いましょう。

蜂窩織炎の予防

一般的に、再度蜂窩織炎が発症することは多くないと言われています。
しかし、再度1年以内に蜂窩織炎が発症する割合が8%~20%あるため、一部の人は再度発症しているようになります。
再発を防ぐためには、初めに蜂窩織炎が発症した際に治療をしっかりと行うことが大切です。

蜂窩織炎を防ぐためには、皮膚をきれいに維持することが最も大切です。
特に、入念に手の指を洗うようにしましょう。
手指消毒剤も場合によっては使用しましょう。
次に、きちんと皮膚の傷や病気は治しましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する