咳喘息の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 咳喘息の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

咳喘息の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、咳喘息の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[咳喘息]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
咳喘息について

咳喘息の特徴・要因・症状

咳喘息の特徴

咳喘息というのは、気管支の疾患で咳が長期的に出るものです。
普通の喘息と同じように、狭い気道になって、さまざまな刺激に対して敏感になって、咳や炎症が起きます。

咳喘息の要因

咳喘息の要因は、受動喫煙、部屋の内外の温度の違い、飲酒、運動、ストレスなど以外に、ハウスダクトのダニやホコリなどであると言われています。
咳喘息は、気道がアレルギー反応で炎症を起こすため、アレルギーがある人に特に多いと言われています。

風邪と一緒に発症する場合が多く、風邪の後に咳が数週間以上継続すれば、咳喘息の疑いがあります。

咳喘息の症状

咳喘息の症状としては、空咳が1ヶ月以上継続します。
酷ければ、1年以上咳が継続する場合もあります。
しかし、喘息の場合のような喘鳴のヒューヒュー、ゼイゼイというようなものなどは現れません。

また、ほとんど痰や発熱などは現れません。
特徴的な症状としては、激しい咳が夜から朝に出たり、咳が喫煙や温度の違いでよく出たりすることです。
イガイガ喉が感じる場合もあり、話を長くすると喉が渇いたりします。
激しい咳の場合は、失神したり、嘔吐したり、痛みを胸に感じたりする場合もあります。

咳喘息の診断と検査

咳喘息を診断する際は、咳が継続する別の病気と区別する必要があります。
咳が長く継続する場合は、結核や肺癌などの病気が潜んでいる場合があります。
そのため、肺活量の検査と胸部レントゲン検査を行います。

さらに、咳喘息の大きな診断の手掛かりとしては、気管支拡張剤の効果が期待できることです。
そのため、咳が治るかを確認するために、気管支拡張剤のセレベントやホクナリンテープというものを使用します。
気管支拡張剤が効かなければ、別の病気を考える必要があります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[咳喘息]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

咳喘息の治療法

医療機関を受診する場合は、一般的に、咳が長い間相当激しく継続しているため、咳喘息と一度診断すると抗ロイコトリエン薬や吸入ステロイド、抗ヒスタミン剤というようなほとんど気管支喘息と同じような治療薬をたまに使用します。

というのは、気道の炎症を抑えることが、気管支炎のアレルギー性のものが咳を起こしていると想定されるので大切であるためです。
しかし、非常に酷い咳で眠れなければ、経口ステロイドを短期間使用する場合も中にはあります。

また、吸入ステロイドを咳喘息を治療する際に使用していなけらば、喘息に3割~4割がなるというようなデータがあります。
そのため、咳喘息を治療する際は、吸入ステロイドを気管支喘息と同様に使用します。

吸入ステロイドについては副作用が不安な人も多いでしょうが、粉状にステロイド剤をして吸うものです。
そのため、吸った薬剤は気管支のみに効果があり、全身に回る場合はありません。

脆い骨になったり、丸く顔がなったりするなどの副作用はないため安心です。
なお、ステロイドというのは、副腎で毎日作られている一種のホルモンで、人が生きるためには必要なものです。

咳喘息の予防

ここでは、普段の生活において、咳喘息を予防する方法についてご紹介しましょう。

・インフルエンザや風邪に注意する
インフルエンザや風邪になれば、炎症が気道の粘膜に起きます。
そのため、ちょっとした刺激に対しても反応して、咳喘息が気道が狭くなってよく起きるようになります。

風邪が流行るシーズンの場合は、マスクを外出する際に着けるようにしましょう。
可能な限り人混みを避け、外から帰宅した際は、十分にうがいと手洗いを行いましょう。

・喫煙・受動喫煙に注意する
気管支をタバコの煙は刺激するため、咳が多くなります。
特に、受動喫煙は、咳喘息が悪くなる要因になります。
患者が禁煙するだけでなく、職場や家庭などの周りの人にも禁煙してもらいましょう。

・アルコールを控える
基本的に、アルコールは控える方がいいでしょう。
アルコールを摂ると、アセトアルデヒドというものが体の中にできます。
このアセトアルデヒドは、気道が狭くなるため咳がよく起きるようになります。
そのため、アルコールを摂り過ぎないように注意しましょう。

・アレルギーが起きないようにする
咳喘息の場合は、アレルギーが起きる要因になるアレルゲンのハウスダスト、ペットの毛、カビ、花粉などを排除することが必要です。
寝具の枕や布団などは数回週に干したり、こまめに部屋の中を掃除したりしましょう。

・気温の急激な変化に注意する
気温の急激な変化は、咳喘息の要因になります。
春のシーズンや秋のシーズンは、気温の変化に常に注意して、外出する際は体温を服装によってコントロールしましょう。
エアコンを使用する際は、温度差を部屋の中と外で大きくし過ぎないようにしましょう。

・ストレスを発散する
気道は、ストレスによって敏感になります。
普段からストレスが溜まらないように、十分に休みや睡眠を取り、適度な水泳などを行って、ストレスを発散するようにしましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する