尿管結石、水尿管症の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/02/05
このページでは、尿管結石、水尿管症の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

尿管結石、水尿管症について

尿管結石、水尿管症の特徴・要因・症状

尿管結石、水尿管症の特徴

尿管結石、水尿管症というのは、正常よりも尿管が拡がっている症状です。

一般的に、水腎症という腎盂・腎杯が拡がるものも伴います。

尿管結石、水尿管症の要因

尿管結石、水尿管症には、後天性と先天性のものがあります。

先天性のものは、尿管と腎臓を接続する尿道が生まれつき狭くなっており、尿が尿管によく溜まることが生まれる前のエコー検査や生まれた後の検診で分かります。

障害が尿路に無い場合でも、特に男児の場合は、尿流が停滞する病気になれば発症することが多くあります。

後天性のものは、異常が尿道や腎臓に現れなくても、尿管が別の病気に起因する炎症や腫瘍によって圧迫されると発症することもあります。

尿路の通過障害が無い場合でも、尿流が下がることによって尿管結石、水尿管症が起きる要因になります。

腎機能が下がったり尿路感染症を併発したりしないと、症状は現れません。

しかし、尿が尿管に溜まって大きくなれば、がんのようなものが腹部にできます。

尿管結石、水尿管症の症状

尿管結石、水尿管症の場合は、自覚症状がほとんどありません。

人間ドックなどで見つかる場合が多く、先天性であればお腹がはるため分かる場合が多くあります。

症状は緩やかに進んで、腎臓に尿が停滞することによって、影響を血液の中にある老廃物からよく受けるようになり、よく感染症が起きるようになって腎機能が下がってきます。

尿管結石、水尿管症の場合は、けいれん、発熱などが起き、敗血症になることがあります。

また、腎臓そのものも機能障害が起きる場合があります。

脇腹やお腹のしこり、痛みがあることもありますが、たまに血尿が出ることもあります。

血尿と腰や背中の痛みが一緒に発症した場合は、尿管結石、水尿管症の恐れがあるため、病院で診てもらいましょう。

尿管結石、水尿管症の診断と検査

腹部超音波検査は、負担が体に対してなく、すぐに尿管結石、水尿管症かどうかが検査できます。

腎盂造影検査は、尿管の拡大状態を詳細に調査します。

腹部のCT検査、MRI検査は、詳細に尿管が詰まる要因を調査します。

尿管結石、水尿管症の治療法

先天性の尿管結石、水尿管症を治療する際は、生まれた後すぐに分かった場合は予防的に少量の抗生物質を1歳程度まで使います。

外科的手術も狭窄を治療するために使われます。

後天性の尿管結石、水尿管症を治療する際は、別の病気から多く発症するため、カルシウムを摂るのを制限したり、水分のお茶や水などを多く摂ったりします。

尿路感染症などから多く発症するためです。

症状が悪くなるのを薬物療法で防止するようになりますが、再発を防ぐにはいいバランスの食事と水分補給が大切になります。

尿管結石、水尿管症の予防

  • 十分に水分を補給する

尿中のカルシウムや尿酸、シュウ酸などが結晶になって結石ができます。

このような成分が、濃い尿になったり、体の中の水分が足りなかったりすればよく固まるため注意しましょう。

予防するには、1日の2L以上の水やほうじ茶、麦茶などを飲むようにしましょう。

十分に水分を飲んで、多く薄めた尿を出すと予防できます。

しかし、清涼飲料水のジュースなどや紅茶、コーヒー、アルコール、緑茶は、結石がよく起きるため控えましょう。

また、尿意を我慢して、膀胱に尿を溜めておけば、濃い尿になって結石がよくできるようになります。

理想的には、3時間~4時間ごとに昼間はトイレに行くことです。

  • 適度な運動を継続する

ほとんど運動をしなければ、尿に骨のカルシウムが溶けるため、カルシウム結石がよくできるようになります。

全身運動をすると代謝がアップし、活発に尿管の働きもなります。

尿を出して結石を防ぐには、毎日適度な運動を行うようにしましょう。

運動を水分を多く摂った後にすれば、特に効果が期待できます。

  • いいバランスの食事を摂る

食事は栄養バランスを考慮しましょう。

カルシウムを制限することが結石を防止するためには必要である、というようなことを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

当然ですが、過剰にカルシウムを摂るのは避ける方がいいですが、結石がカルシウムを抑えると逆によくできるというようなデータもあります。

日本人の場合は、カルシウムがもともと足りない状況であるため、1日にカルシウムを 600mg~800mg摂るようにしましょう。

過剰に脂肪を摂るのは注意しましょう。

多く動物性脂肪が含まれているものを摂れば、シュウ酸が腸内で多くなってしまい、シュウ酸が尿中に多く出るようになって、結石がよくできるようになります。

また、多く動物性タンパク質を摂れば、尿酸が尿中に多くなって、結石がよくできるようになります。

週に5回~7回以内に肉料理は抑えましょう。青魚をこの代わりに摂るのがおすすめです。

というのは、結石を少なくする働きが青魚に含まれている脂肪にあるためです。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム尿管結石、水尿管症の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり