結節性痒疹の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/02/05
このページでは、結節性痒疹の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

結節性痒疹について

結節性痒疹の特徴・要因・症状

結節性痒疹の特徴

結節性痒疹というのは、皮膚の炎症で非常にかゆみが強いものを伴うものです。

結節というのは、発疹の豆粒大のもので、痒疹というのは皮膚疾患で強いかゆみがあるものです。

多く現れるのは夏のシーズンから秋のシーズンで、ブヨや蚊に刺されるために発症すると言われています。

そのため、多く発症するのはよく刺される足や腕などになります。

結節性痒疹の要因

結節性痒疹の要因としては、アレルギー反応がブヨや蚊に刺されることで発生するためであるとされていますが、はっきりとはまだ分かっていません。

特に、慢性痒疹は症状が数年単位に渡りますが、要因は病気などが考えられす。

大切なのは、検査を病院で行って治療を行うことです。

慢性痒疹の場合は、糖尿病やアトピー性皮膚炎、肝疾患などが想定されます。

また、多血症や白血病の血液疾患、消化器障害、尿毒症などの可能性もあります。

病気ではありませんが、慢性痒疹が妊娠でも起きることもあると言われています。

結節性痒疹の症状

結節性痒疹の症状は、かゆみが強いことが最大の特徴です。

多く見られるのは夏のシーズンから秋のシーズンで、最初は小さい虫に刺されたような発疹が現れます。

痒いので搔くと、どんどん発疹が膨れて、結節と言われる発疹の豆粒大のものになります。非常にかゆみは強く、睡眠できないくらいというデータもあります。

結節性痒疹の診断と検査

結節性痒疹を診断する際は、問診をまず行います。

具体的に症状が発生した時間帯や時期、頻度などを伝えましょう。

スムーズに伝えるためには、このようなことを書いておいたり、写真で症状を撮ったりしておくのがおすすめです。

皮膚疾患は要因が分からないことも多いため、要因が検査しても分からないことも多くあります。

そのため、非常に問診が大切になります。

具体的に正しく伝えることが大切です。

結節性痒疹を検査する際は、一般的に、病理検査とされています。

わずかに患部を切除して、顕微鏡で確認して診断します。

また、症状や問診から判断して、血液検査などを必要によって行うこともあります。

結節性痒疹の治療法

結節性痒疹を治療する際は、単純に塗り薬のステロイド外用薬を塗ったり、密封療法(ODT)を行ったりします。

塗り薬の免疫抑制剤を使用することも、場合によってはあります。

密封療法というのは、クリームや軟膏を皮膚に塗った後、ラップフィルムのポリエチレンなどで密封するために覆うものです。

これ以外に、重ねて亜鉛華軟膏シートを貼るものも効果が期待されています。

長期間治療は継続するので、副作用を防ぐためにはしこりがある箇所だけにステロイド外用薬は塗るのが有効な方法になります。

広く周りまで塗れば、周りの皮膚がへこむ場合があります。

また、抗ヒスタミン薬を飲み薬として使うこともあります。

光線療法も、病変が全身にある場合は行われます。

光線療法としては、紫外線B波を照射するナローバンドUVB療法や紫外線A波を照射するPUVA療法があります。

重症の場合は、ステロイドなどを短期間服用することもあります。

治療するのが難しい場合は、局所にステロイドを注射で注入したり、液体窒素などを使って細胞を低温で凍結する凍結療法を行ったりします。

結節性痒疹の予防

結節性痒疹は、予防するのが困難であると言われています。

しかし、次にご紹介するような結節性痒疹を予防する方法によって、症状が軽くなったり、改善を促進したりするようになります。

  • 血液検査

直接結節性痒疹とは関係がないような人でも、血液を病院で調査することによってほとんどの場合に分かります。

特に、肝臓病や糖尿病などの場合は、血液検査によって、別の要素なども分かるため、より治療法もはっきりしてきます。

  • 紫外線を防ぐ

大切なのは刺激を皮膚に与えないことです。

普段から紫外線の刺激が少しでもあれば、皮膚障害などが現れる場合があります。

長期的に見れば、この刺激をできるだけ防ぐことが有効になります。

  • ストレスを無くす

ストレスはさまざまな症状や病気に必ず出てきますが、結節性痒疹の場合もやはり同じです。

自分なりにストレスを無くす方法を見つけることも、一つの予防する方法です。

  • 正しい生活習慣

正しい生活習慣も一つの予防する方法です。

睡眠時間が毎日違っていたり、シャワーだけでお風呂を済ませたりするなどを避けて、基本的に、快適な生活習慣を保つことが大切になります。

これは、特にストレスを溜めないことにもなってきます。

  • 食事を改善する

現在の食事は日本人には適していないものであり、やはり昔ながらのものを摂るのが適しています。

野菜類、酵素類などを多く摂って、即席食品、パン、加工食品、冷凍食品はできる限り控えることが大切です。

医師などが、このような食品を多く摂ると結節性痒疹などの現代的な多くの病気を防げると言っています。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム結節性痒疹の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり