遊走腎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/02/05
このページでは、遊走腎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

遊走腎について

遊走腎の特徴・要因・症状

遊走腎の特徴

腎臓というのは、しっかりといつも本来あるべきところにあるということではありません。

一般的に、腎臓は一時的に動いても元のところにすぐに戻ります。

しかし、腎臓に繋がっている血管の動脈や静脈などが曲がると、むかつき、食欲不振、嘔吐などの消化器症状、タンパク尿、血尿、高血圧が起きる場合もあります。

遊走腎の要因

遊走腎が多く現れるのは瘦せた女性の場合です。

同じような理由で、遊走腎の場合は、同時に腸下垂、胃下垂が現れることも多くあります。

また、腎臓に繋がっている血管や尿管がもともと異常に長い場合は、血管や尿管がねじれたり曲がったりしやすいため、遊走腎が起きやすくなります。

遊走腎の症状

遊走腎の症状としては、腰痛以外に、次のような症状が現れます。

  • 鋭いわき腹や腰の痛みがある(横になれば軽くなる)
  • むかつき、食欲不振、吐き気がする
  • たんぱく尿、血尿が出る
  • あまり尿が出ない、尿が出にくい

遊走腎の場合でも、実際には自覚症状が全くない場合がほとんどです。

遊走腎の診断と検査

遊走腎の場合は、寝ている場合と立っている場合で違っていると遊走腎の可能性があります。

尿検査を、たんぱく尿や血尿があるかどうかを調査するために行う場合もあります。

診断を正確に行うために、造影剤を静脈に注射してレントゲン撮影をします。

体の中の画像が造影剤によって詳しくはっきりと映るため、遊走腎の状態が分かります。

遊走腎の治療法

遊走腎を治療する方法としては、食事療法と運動療法がメインになります。

手術もひどい症状の場合は行います。

しかし、手術でも、再発する可能性があるため、現在は一般的にあまり手術は行っていないそうです。

薬物治療や食事療法などで、自然治癒力をできるだけ利用しながら、不均衡な身体の箇所を補って治療するものです。

保存療法を遊走腎で行う場合は、痩せていれば、腎臓の周りの脂肪を増やして、腎臓を補強したり支えたりします。

理学療法は、脂肪組織として腎臓の周囲にあるものを強くするために、背筋や腹筋を強くします。

では、手術は遊走腎の場合は行わないのでしょうか?

遊走腎がひどい場合は、1970年より前は手術をして腎臓を固定していました。

しかし、必ず症状が良くなるという保証がなく、多く再発もあるので、現在では手術は非常に稀になっています。

単独で遊走腎を手術する場合は、腎臓を固定するものが行われますが、ほとんど現在では行われません。

不全に腎機能がなる場合はありません。

ひどい症状になった場合は、寝て横になっているのがいいそうです。

遊走腎の予防

いいバランスの食事を摂ることによって、腎臓の周りにある脂肪も多くなります。

そのため、ダイエットを過剰にしないで、普段の食事にも注意すると遊走腎を予防することができます。

いいバランスの食事を摂っていればそれほど太らなく、食事が偏ると瘦せたり太ったりするため、可能な限りいいバランスの食事になるようにすることが大切です。

また、長い時間立ったままの場合はひどい症状になるため、立ったままの姿勢を可能な限り短い時間にすることも一つの予防法になります。

仕事などで立ったままの姿勢がどうしても長くなる場合は、できるだけ座るようにして症状が悪くならないようにしましょう。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム遊走腎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり