腰椎椎間板ヘルニアの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/02/05
このページでは、腰椎椎間板ヘルニアの症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアの特徴・要因・症状

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

ヘルニアというのは、本来あるべきところから体の中の臓器が飛び出した状態です。

代表的なヘルニアとしては、でべその臍ヘルニア、脱腸の鼠径ヘルニアがあります。

椎間板ヘルニアというのは、背骨の緩衝材の椎間板にヘルニアが起きたものです。

椎間板の中のゲル状の髄核というものの組織が、外に飛び出した状態です。

腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰の骨の腰椎の椎間板にヘルニアが起きたものです。

腰椎椎間板ヘルニアの要因

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどの要因は、毎日の生活において負担が椎間板へ積み重なったことです。

腰椎椎間板ヘルニアは、作業を中腰で行ったり、車を長時間運転したり、重量物を持ったりするなど、負担が腰によくかかるような人ほど発症しやすくなります。

男性の場合は、機械・金属業に就いている人や職業ドライバーはホワイトカラーの人に比較して、腰椎椎間板ヘルニアに約3倍なりやすいそうです。

しかし、このように負担が腰にかからない場合でも、腰椎間板ヘルニアになることがあり、遺伝・喫煙なども腰椎椎間板ヘルニアの要因になると言われています。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、一般的に、腰痛やぎっくり腰のようなものが現れ、しびれや激しい痛みが数日後に現れます。

このしびれや痛みは非常に激しく、満足にほとんど動くことができない場合も多く、睡眠もできないくらいです。

しかし、このしびれや痛みはピークが数週間で終わる場合が多く、この後、しびれや痛みがだんだん和らいでくる場合が多くあります。

腰椎椎間板ヘルニアの診断と検査

腰椎椎間板ヘルニアを診断する際は、症状などを詳しく問診し、感覚・筋力検査、いろいろな神経の検査を行います。

一般的に、レントゲン検査だけで腰椎椎間板ヘルニアの診断を確定することは困難であり、MRI検査が必要になります。

しかも、必要によって、CT検査や神経・椎間板造影検査などを行って、別に想定される病気はないか、症状と整合しているかなどを調査します。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法

約80%~85%の腰椎椎間板ヘルニアは自然に軽くなると言われており、基本的に、保存療法が行われます。

保存療法には、理学療法の安静、腰椎牽引療法、腰椎コルセットの装着、腰部のマッサージなどがあります。

また、酷い痛みの場合は、治療法として鎮痛のための腰部硬膜外神経ブロックなども行われます。

筋弛緩剤・ビタミンB剤・消炎鎮痛剤などが、内服薬として使われます。

数ヶ月このような保存療法を行っても効果がなくて、痛みが激しい、痛みが繰り返す、下肢の運動麻痺が著しい、などというような場合は、手術療法が行われます。

手術療法としては、レーザーや内視鏡を使うなどの経皮的髄核摘出術もありますが、ここでは腰椎椎間板ヘルニア切除術についてご紹介しましょう。

手術は、全身麻酔を行って、うつ伏せになって行います。

腰部の中央の皮膚を切開して、腰椎の後方にある筋肉を剥離します。

次に、腰椎の後方の骨の一部を切除し、黄色靭帯を切除してから、神経根として圧迫されているものを確認します。

この後、この神経根を守りながら、圧迫の要因の椎間板ヘルニア塊を切除します。

このような手術は、慎重に手術用顕微鏡を使って行われます。

神経根についての圧迫が無くなったことを確認した後、細い排液用の創部ドレナージと言われる管を留置します。

手術する時間は、ヘルニアの大きさ・箇所によって違ってきますが、一般的に、1時間~3時間くらいです。

手術した後は、腰椎コルセットを着ける場合もありますが、手術した次の日には歩行器を使って歩くことを始めます。

腰部の痛みが数日間はありますが、安静を過度にするのはおすすめではありません。

一般的に、手術した後7日目~14日目に退院します。

定期的に退院した後は来院して、レントゲン検査と神経症状の診察によって胸椎を確認します。

手術した後は、3ヶ月間~12ヶ月間くらい通院する必要がある場合が多くなります。

手術する前の状況によっても違いますが、学業や仕事へ復帰する目安としては、一般的に、手術した後1ヶ月目~2ヶ月目です。

腰椎椎間板ヘルニアの予防

まず、腰のヘルニアは、症状が腰を曲げると悪くなることを把握しておきましょう。

仕事や生活において腰を曲げる姿勢や動きとしては、次のようなものがあります。 

  • 長時間デスクワークを座って行う
  • 重量物を中腰で持ち上げる
  • 床の掃除などを中腰で行う
  • 同じ姿勢で ソファーに座ってテレビを見続ける

これ以外にも腰が曲がる動きは、多く私たちの暮らしの中にあるますが、特に座った姿勢と中腰の姿勢が挙げられます。

このような姿勢を仕事や生活において長時間維持する場合は、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪くなったり、あるいは再発するリスクが大きくなります。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム腰椎椎間板ヘルニアの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり