骨折の特徴・症状と治療法について【医師監修】

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/05/22
このページでは、骨折の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。
看護師に現在の症状を相談してみませんか?

ファストドクターでは無料の医療相談を行なっています。

アプリから往診の待ち時間を見れるだけではなく、チャットや電話での無料の医療相談が可能です。

もし、ご家族やご自身の体調でご不安な点がありましたら、ファストドクターを頼ってください。

骨折について

骨折の特徴・症状

骨折の特徴

骨折というのは、外から骨が強い力を受けて壊れることです。

そのため、骨折は、骨がへこんだり、亀裂が入ったり、欠けたりする全ての場合が該当します。

骨の中は豊富に血液が流れており、神経も周りに走っているので、骨折すれば、腫れや痛みがこの箇所に現れます。

骨折した方法によっては筋肉や神経、内臓が傷つく場合があり、酷ければ骨折した箇所が動かなくなったり、外観的にも腕が変な方向に曲がるなど、形が変わる場合もあります。

骨折は、閉鎖骨折と開放骨折に分けられます。

閉鎖骨折というのは、骨折が体の中であるため、それほど感染はありません。

しかし、大きな股関節や骨盤などの骨が骨折すると、体の中に血が留まって、強い腫れや痛みが現れる場合もあります。

一方、開放骨折というのは、交通事故などで脂肪組織や皮膚などが破れて、空気に骨が触れるものです。

直接空気に骨が触れるので、簡単に細菌などで汚染されるリスクがあります。

骨折の症状

ボコっと皮膚が突き出たようになっている場合は、骨折の疑いがあります。

力が外からかかった箇所が腫れていると、骨折の恐れがあります。

しかし、腫れが捻挫によるものか、それとも骨折によるものかは、レントゲン検査で見極める必要があります。

患部を押すと、骨折していれば痛みが激しくなります。

捻挫などの痛みよりも、骨折の痛みは強くなります。

前腕が骨折していると神経が押さえつけられて、力が手に入らない場合があります。

麻痺症状がいずれかの箇所に現れていれば、大きな骨折がどこかで起きている恐れがあります。

ポキポキというような音が、骨折しているところを動かせば出ます。

骨折したところの周りで出血するので、青あざが捻挫などの場合に比較して現れる場合が多くなります。

しかし、青あざとして内出血が体の表面に現れるのは、ほとんどの場合骨折した数日後になります。

軽い骨折の場合は、あまり痛みなどがなく、手や足が動かせることもあります。

しかし、青あざが外から何らかの力が加わった数日後に現れた場合は、骨折している恐れがあるため病院で診てもらいましょう。

骨折によってめまいや低血圧が現れるのは2つのケースがあり、対処する方法もそれぞれ違っています。

一つ目のケースは、一般的に足や腕を骨折した際にショック症状の自律神経性のものとして現れるものです。

このような場合は、安静に患者をして落ち着かせると治ります。

二つ目のケースは、出血性ショック症状として骨盤骨折などの場合に現れるものです。

このような場合は、重い症状で輸血する必要があります。

骨盤は、特に大きな容積があり、出血によって自覚症状の圧迫感などが現れるのは、血液が相当量溜まった後になります。

骨盤骨折のほとんどの要因は、大きな負荷が交通事故などによって加わることです。

しかし、高齢者であれば、歩行なども外傷を受けたすぐ後はできますが、数時間してから急に動けなくなって骨盤骨折であると分かる場合もあります。

そのため、高齢者にとって、特に骨盤骨折は非常に恐ろしいものです。

骨折の診断と検査

骨折を診断する際は、症状を診て、レントゲン写真を撮ります。

診断がこれでほとんど確定しますが、レントゲ写真によく写らない場合は、なかなか普通のレントゲン写真のみでは診断できない場合があります。

CT検査が、このような場合は役立ちます。

また、レントゲン写真に小児の骨は写らない場合があり、違いが個人によって大きいため、骨折の恐れがあればレントゲン写真を怪我をしていない方も撮って比べる場合があります。

骨折の治療法

生きた細胞が骨の中にはあり、骨折した場合でも治る能力があります。

しかし、骨は条件を整えなければつきません。

また、骨のつきやすさは、骨折したところや骨折の仕方で違いがあります。

骨折したところのズレが大きくなく、骨折したところの動きが多くなくて、元気な細胞が骨折したところに多くあると、一般的によく骨折はつきます。

このような基本は、手術するかどうかに関係なく該当します。

ギプスを使う場合は、骨折したところがグラグラしないようにします。

手術の場合は、皮膚を切り開いて、金属の棒や板を使って骨を固定して動きとズレを防止しますが、手術する際は骨折したところの生きた細胞にも注意します。

骨がつくまでの期間や治療する方法は、骨折した方法によっていろいろです。

しかし、骨折が治っても、不健康にこの周りがなると駄目です。

グラグラと骨折したところがしなければ、周りの筋肉や関節は動かす方がいい場合が多く、安静に必要以上にするのは良くないでしょう。

骨折の予防

急な事故などの場合は、骨折を防ぐのが困難な場合もあります。

しかし、骨折を予防するためには、十分に安定性がある靴にする家の中の段差を無くす運動する前には十分に柔軟体操などの準備を行うなど、普段の生活において十分に注意しましょう。 

看護師に現在の症状を相談してみませんか?

ファストドクターでは無料の医療相談を行なっています。

アプリから往診の待ち時間を見れるだけではなく、チャットや電話での無料の医療相談が可能です。

もし、ご家族やご自身の体調でご不安な点がありましたら、ファストドクターを頼ってください。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム骨折の特徴・症状と治療法について【医師監修】