眼瞼皮膚炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】

公開日: 2024/02/05 更新日: 2024/05/22
急にまぶたが赤くなったり、かゆみが出たりして、困ることってありますよね。 まぶたやまぶたの縁に起きた炎症のことを、眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん)といいます。 目の付近の症状なので、視力に影響が出ないか、きちんと治るのかと、特に心配に思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、眼瞼皮膚炎の症状や治療法、予防法などについて詳しく解説していきます。 適切な対処や治療が受けられるよう、ぜひ参考にしてください。
急な体調不良の際は「24時間スマホで診察 ファストドクター」

ファストドクターでは、スマホを使ったオンライン診療で、おうちにいながら医師の診察を受けることができます。

・夜間や休日問わず24時間365日対応

・大人や子供の急な発熱・けが・腹痛などに対応

・アプリで予約、待ち時間が分かる

ファストドクターのアプリをダウンロードしておけば、急な体調不良の時にもすぐにご利用できます。

もしもの時に備えて登録しておくと安心です。

眼瞼皮膚炎について

眼瞼皮膚炎の特徴・要因・症状

眼瞼皮膚炎の特徴

眼瞼皮膚炎というのは、炎症がまぶたやまぶたの縁にできるものです。

眼瞼皮膚炎は、かゆみを伴って、赤み、むくみ、湿疹、かさつき、ただれなどが現れます。

眼瞼皮膚炎の要因

眼瞼皮膚炎の要因としては、化粧品、薬品、化粧品、動植物や化学物質の建材などのアレルギーなどで起きるものと、ウイルスや細菌によるものがあります。

免疫が接着剤や建材の使用し始めなどの場合はできていないため、よくアレルギーが起きます。

化粧品や薬品などでのアレルギーの場合でも、よく眼瞼皮膚炎が発症します。

特に、皮膚が薄いまぶたはよく影響を受けるため、化粧品を変更した際などによく眼瞼皮膚炎になるというデータがあります。

ウイルスや細菌などの場合は、原因菌を皮膚の粘膜から吸収するため、よく眼瞼皮膚炎になります。

要因としては、免疫力が体調不良やシーズンの変わり目などによって下がることが挙げられます。

どうしても目は気掛かりになって、刺激を触ることによって与えるため悪くなる場合があります。

眼瞼皮膚炎の症状

眼瞼皮膚炎の症状は、赤みが現れて、むくんだり腫れたりします。

かゆいため、刺激すると症状が悪くなって、異物感があり涙が止まらなかったり、充血したりするというような症状になります。

炎症がまぶたに起きるため、よく目が開けられなくなって視界が遮られるようになり、支障がバランス感覚に出てきます。

強いかゆみがあるので強く目をこすって、傷が角膜や眼球に付く場合もあります。

また、免疫力が下がるため、細菌が感染する要因にもなります。

軽い症状の場合は、赤くまぶたが腫れてかさつくくらいですが、瞼の上下の皮膚が症状が重くなれば厚く固くなります。

急な体調不良に備えましょう

ファストドクターでは、おうちにいながらスマホで医師の診察を受けることができます。

・夜間や休日問わず24時間365日対応

・大人や子供の急な発熱・けが・腹痛などに対応

・アプリで予約、待ち時間が分かる

ファストドクターのアプリをダウンロードしておけば、急な体調不良の時にもすぐにご利用できます。

もしもの時のおまもりとして登録しておくと安心です。

眼瞼皮膚炎の診断と検査

眼瞼皮膚炎を診断する際は、感染性のものであるかどうかを区別することが大切であるため、細菌培養を行います。

感染性が無い眼瞼皮膚炎の場合は、アレルゲンを確定して、これと触れることを回避するようにします。

微量のいろいろな成分を皮膚につけて、それぞれの成分について皮膚の発赤があるかどうか、程度によって要因を見つけるパッチテストを実施しますが、要因がこれでも特定できない場合もあります。

眼瞼皮膚炎の治療法

眼瞼皮膚炎の治療法としては、できれば、眼瞼皮膚炎の要因になっているものを治療します。

例えば、眼瞼皮膚炎がアレルギー性の接触過敏症の場合は、接触過敏症の要因と思われる点眼薬を止めます。

眼瞼皮膚炎が脂漏性皮膚炎によるものを治療する場合は、一般的に、ビー用シャンプーを温かい90ccのお湯に数滴落とした液をきれいな綿棒か布に浸して、まぶたの縁を1日2回、こするようにそっと拭いてきれいに維持します。

脂漏性皮膚炎が要因の場合は、頭皮や顔の治療も必要になる場合があります。

温湿布を当てれば油分がマイボーム腺から流れ出るので、炎症が軽くなって、灼熱感やかゆみが和らぐ場合があります。

マイボーム腺機能不全の場合は、温湿布を当てれば油分がマイボーム腺から流れ出るので、炎症が軽くなって、灼熱感やかゆみが和らぐ場合があります。

マイボーム腺機能不全の要因としては、酒さもあるので、治療が必要になります。

細菌が要因の潰瘍性眼瞼炎を治療する際は、抗菌薬が含まれている軟膏のポリミキシンBとバシトラシンの合剤、エリスロマイシン、ゲンタマイシン、あるはスルファセタミド、ドキシサイクリンという内服用抗菌薬などが処方されます。

ウイルス性の眼瞼皮膚炎の場合は、一般的に単純ヘルペスが要因であるので、これに効果が期待できるバラシクロビルなどの抗ウイルス薬を服用します。

また、治療法としては、症状の刺激感などが軽くなることに役に立つものもあります。

寝る際に、潤滑剤が入っている眼軟膏と人工涙液を使うと役に立つ場合があります。

症状が湿布することによって軽くなる場合もあり、一般的に、接触過敏症による眼瞼皮膚炎あるいはアレルギー性の眼瞼皮膚炎の場合は冷湿布を、別の要因の場合は温湿布を使います。

眼瞼皮膚炎の予防

眼瞼皮膚炎の予防する方法としては、

  • しっかりと毎日きれいに顔を洗う
  • しっかりと手洗いをする
  • しっかりとうがいをする
  • アレルゲンに近づかない

などが挙げられます。

毎日顔をしっかりときれいに洗うと、皮脂も洗い落とすことができ、炎症が起きないようになってきます。

ちょっと眠たかったり痒かったりすると、目を手で擦る場合が多くあります。

この際に、ウイルスや細菌などが手に付いていれば感染する要因になるため、しっかりと手はこまめに洗うようにしましょう。

アレルゲンが要因で炎症が起きているため、この要因になるものに近づかないことが必要ですが、どのようなアレルゲンが自分にあるかは分からないでしょう。

そのため、パッチテストを病院などで実施してもらうと、ある程度アレルゲンが特定できる場合もあります。

自分では案外と分かっていない化粧品の成分であったり、動物の毛であったりする場合もあるため注意しましょう。

ファストドクターならいつでも診察が受けられます

ファストドクターでは、おうちにいながらスマホで医師の診察を受けることができます。

・24時間365日対応

・保険適応、こどもの医療費助成対象

・大人や子供の急な発熱・けが・腹痛などに対応

・アプリで予約、待ち時間が分かる

ファストドクターのアプリをダウンロードしておけば、急な体調不良の時にもすぐにご利用できます。

もしもの時のおまもりとして登録しておくと安心です。

記事監修
  • 名倉 義人
    救急科専門医

    ・平成21年 名古屋市立大学医学部卒業後、研修先の春日井市民病院で救急医療に従事 ・平成23年 東京女子医科大学病院 救急救命センターにて4年間勤務し専門医を取得 ・平成27年 東戸塚記念病院で整形外科として勤務 ・令和元年 新宿ホームクリニック開院

    日本救急医学会、日本整形外科学会

FastDoctor
ドクターの往診・オンライン診療アプリ
往診もオンライン診療も
アプリから便利に相談
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
TOP医療コラム眼瞼皮膚炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】