鼓膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 鼓膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

鼓膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、鼓膜炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[鼓膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
鼓膜炎について

鼓膜炎の特徴・要因・症状

鼓膜炎の特徴

鼓膜炎というのは、限られた炎症が中耳と外耳の境の鼓膜に起きるものです。
鼓膜炎は、多く現れるのは子供よりも女性の20代~40代で、両方の耳に起きる場合はあまりありません。

鼓膜炎としては、水疱が鼓膜に起きる急性鼓膜炎と、びらんや肉芽が鼓膜に起きる慢性鼓膜炎があります。

・急性鼓膜炎
急性鼓膜炎は、激しい痛みがあることが特徴です。
一方、耳だれという液体が耳から流れてくるものは、それほど多くはありません。
そのままに急性鼓膜炎をしておくと、中耳炎が起きる場合があるため注意する必要があります。

特に、耳鳴りや熱が併発する場合は、同時に別の病気も発症している恐れがあります。
そのため、影響が内耳や難聴にある場合もあります。

・慢性鼓膜炎
慢性鼓膜炎は、鼓膜に粒のような柔らかくて赤い結合した組織の肉芽やただれが現れるものです。
急性鼓膜炎とは違って、それほど痛みはありませんが、耳だれが継続します。
これ以外にも、耳鳴りや耳のかゆみ、耳が詰まった感じがする場合もあります。

慢性鼓膜炎は中耳炎になっているために発症している場合もあるので、慎重に診断する必要があります。
基本的に、注意して鼓膜を確認することによって見つけることができますが、側頭骨のCT検査を難しい場合は行います。

鼓膜炎の要因

鼓膜炎の要因はまだ分かっていませんが、要因としては細菌やウイルスのインフルエンザなどによる感染であると考えられています。
耳かきをし過ぎるなどの要因によって傷が鼓膜につけば、炎症が細菌に感染するために起きて鼓膜炎になることもあります。

鼓膜炎は、微生物のマイコプラズマというもので起きる中耳炎から発症する場合もあります。
鼓膜炎を診断する際は、耳鏡を使って、鼓膜の表面に現れた水疱を割合容易に確認することができます。

水疱が鼓膜の表面にできる場合は、漿液性や血性によるもので作られています。
はっきりとは慢性鼓膜炎の要因は分かっていませんが、主な要因は細菌の感染によるものであると言われています。

鼓膜炎の症状

鼓膜炎の中でも、急性鼓膜炎の場合は耳の強い痛みが起きます。
急性鼓膜炎の症状の特徴は、これ以外にも、不快な耳の奥が詰まったような感じなどがあることです。

外耳道炎や中耳炎を併発していれば、難聴や発熱が起きる場合もあります。
耳鳴りの症状が現れた場合は感音性難聴の疑いがあるので、医療機関ですぐに診てもらうことが大切です。

感音性難聴というのは、耳から脳まで音声信号が伝わる過程の中で聴神経や内耳の障害によって起きるものです。
一方、慢性鼓膜炎の場合は、それほど痛みの症状は現れませんが、治りにくい慢性的な耳だれが継続します。

また、鼓膜が肉芽などのために肥厚になれば、難聴、耳鳴りなども現れます。

鼓膜炎の診断と検査

鼓膜炎を診断する際は、鼓膜を耳鏡で確認して判断します。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[鼓膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

鼓膜炎の治療法

鼓膜炎を治療する方法としては、薬物療法と手術療法があります。

・薬物療法
急性鼓膜炎の場合は、内服薬の抗菌薬を炎症を抑えるために、内服薬の消炎鎮痛薬を痛みを抑えるためにそれぞれ使って治療します。

難聴が併発する場合は、ビタミン剤やステロイドを使う場合もあります。

慢性鼓膜炎の場合は、要因になる菌を耳だれから調査して、これに応じた抗菌薬を使って治療します。

一般的に、薬物療法の場合は点耳薬を使用します。
点耳薬を使う場合は、寝て横向きになります。
点耳薬がよく浸透するように、使った後も同じ姿勢をしばらく維持します。

・手術療法
急性鼓膜炎の場合は、ほとんど手術を行う場合はありません。
しかし、水膨れを痛みが酷い場合は潰す場合もあります。

慢性鼓膜炎の場合は、治療を抗菌薬で行っても繰り返すことがよくあります。
このような場合は、根本的な治療を行うために肉芽を除去する場合もあります。

手術する際は、まず麻酔を鼓膜の表面にします。
この後、肉芽を取り除くために、手術器具や薬剤のトリクロリールというものを使います。
取り除くことが完全にできると耳だれは治りますが、再発する場合もあります。
そのため、手術をしても、注意が引き続いて必要になります。

鼓膜炎の予防

鼓膜炎を予防する方法についてご紹介しましょう。

・耳をいじり過ぎない
はっきりした鼓膜炎の要因は分かっていませんが、耳のいじり過ぎが要因としてあります。

・月に2回の耳そうじで十分である
最も耳の外側の箇所である外耳の場合は、自浄作用がもともとあります。
耳垢は外耳より奥にできる場合はないため、耳そうじは月に2回くらいで問題ありません。
耳そうじをし過ぎれば、耳の中の皮膚がかえって厚くなって自浄作用がなくなるも言われています。

・耳かきは使用しないで、優しく綿棒でこする
また、耳かきを使用する必要はなく、軽く綿棒でこするくらいで問題ありません。
耳そうじを過度に行うことは、鼓膜炎以外に、別の病気の要因にもなります。
そのため、耳そうじを月に2回以上行っている場合は、控えましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

050-5433-5721
WEBで医療相談する