髄膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 髄膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

髄膜炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、髄膜炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[髄膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
髄膜炎について

髄膜炎の特徴・症状

髄膜炎の特徴

髄膜炎というのは、炎症が脳の周囲にある髄膜に起きるものです。
髄膜炎の主な要因は、病原体であるウイルスや細菌、真菌、結核などが侵入する感染症です。
また、髄膜炎としては、自己免疫性脳炎という自己抗体を自分の免疫の働きで作って、この自己抗体が炎症を脳に引き起こすものがあります。
ここでは、髄膜炎の要因が感染症のものについてご紹介しましょう。

髄膜炎の症状

細菌性髄膜炎の代表的な症状は、頭痛、意識障害、発熱、首の硬直です。
脳にまで炎症が及べば、ぼんやりした意識になって様子がいつもと違ったり、けいれんが起きたりする場合があります。
また、脳の炎症が起きる箇所によっては、失語症という言葉が出にくくなったり、空間を認知することが困難になったりするなどの症状が現れます。
高齢者や免疫力が下がったがん、糖尿病、血液疾患などの免疫抑制剤を投与している患者は、このような感染症の高いリスクがあり、うとうとする、微熱などの症状が現れる場合があるため注意しましょう。

結核性髄膜炎の症状は、頭痛、嘔吐、発熱、意識障害、二重に物が見えるなどです。
結核性髄膜炎は、頻度は細菌性髄膜炎より低くなりますが、特に免疫力が抗がん剤治療やHIV感染症、ステロイド治療などによって下がっている患者は発症するリスクがあります。

ウイルス性髄膜炎の症状は、頭痛、高熱、首の硬直、嘔吐などが現れます。
ウイルス性髄膜炎は、髄膜炎の中で頻度が最も高いものです。
要因になるウイルスとしては、コクサッキーウイルスやエンテロウイルス、エコーウイルスなど、多くのウイルスがあります。
学童期や幼児期にかかる場合が多くありますが、一般的にメインは対症療法で良好に予後はなります。

髄膜炎の診断と検査

髄膜炎の診断は、意識の状態、脈拍、血圧、呼吸の状態、手足の感覚や運動の異常、脳神経の障害、炎症が髄膜に起きると頚部が硬直するため項部硬直があるかどうかについて調べます。
髄膜炎の検査としては、髄液検査、脳波検査、画像検査を行います。

・髄液検査
髄液検査の方法としては、横向きにベッドに寝て、丸く背中をします。
局所麻酔を腰部に注射します。
次に、くも膜下腔まで細い針を挿入して、少しずつこの中の髄液を採ります。
準備も含めて検査する時間としては30分くらいです。
普通、髄液は無色透明です。

しかし、髄液は細菌性髄膜炎では濁った「米のとぎ汁」のようになる場合があります。
髄液のウイルスDNA検査や細菌培養を行うことによって、感染の要因が特定できます。
また、髄液の中の糖・蛋白などの成分や炎症細胞数を調査することによって、炎症が起きているかどうかと、感染の要因を判断ができます。

・脳波検査、画像検査
画像検査としては、頭部CT検査や脳MRI検査を行います。
また、脳波検査によって、特徴的な脳波異常である周期性一側てんかん型放電というものが確認できます。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[髄膜炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

髄膜炎の治療法

細菌性髄膜炎を治療する方法としては、症状が急に悪くなるので、治療を細菌培養検査の結果が分かる前に始めます。
細菌性髄膜炎の要因になる細菌は、持病がもともとあるかどうかや、患者の年齢によっても違ってきます。
成人の場合は、インフルエンザ菌や肺炎球菌、高齢者の場合は、肺炎球菌以外に緑膿菌や腸内細菌、溶血性連鎖球菌B型が多いとされています。
要因になる菌としては、抗菌薬に耐性があるものが近年はあるため、治療薬は薬剤に対する要因になる菌の感受性を考えながら選びます。

感染が起きた場合は、体の中で炎症物質であるサイトカインというものが生成されるため、脳障害をこれによって防止するために、ステロイドホルモン剤を抗菌薬と一緒に使う場合もあります。
結核性髄膜炎を治療する方法としては、抗結核薬内服治療をリファンピシン、イソニアジド、リファブチン、ピラジナミドの4剤を使って行います。
1年以上に全ての治療期間がなる場合もあります。
ウイルス性の髄膜脳炎の要因になるウイルスとしては、ヘルペスウイルス、エンテロイウルス、帯状疱疹ウイルスなどが挙げられます。
ウイルス性髄膜炎のヘルペスウイルス以外のものに関しては、ほとんどは自然に数日~2週間のうちに軽くなります。

髄膜炎の予防

髄膜炎を予防する方法としては、ムンプスウイルスというおたふくかぜの病原体などの予防接種については自由に受けることができます。
しかし、予防接種で別のウイルスに対するものはなく、次のようなセルフケアが普通の感染症対策と同じように大切になります。

・うがいをする
・爪や指の間などを十分に手洗いする
・ビニールなどにオムツなどは密閉して捨てる
・おたふくかぜや夏かぜが流行している際には、飛沫感染を防止するためにマスクを着ける
・予防接種をおたふくかぜは受ける
・人が多くいるところは避ける

特に年齢が低い子供の場合は、予防することが困難であるため、親が十分にフォローしましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する