腰椎椎間板ヘルニアの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 腰椎椎間板ヘルニアの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

腰椎椎間板ヘルニアの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、腰椎椎間板ヘルニアの症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[腰椎椎間板ヘルニア]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアの特徴・要因・症状

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

ヘルニアというのは、本来あるべきところから体の中の臓器が飛び出した状態です。
代表的なヘルニアとしては、でべその臍ヘルニア、脱腸の鼠径ヘルニアがあります。
椎間板ヘルニアというのは、背骨の緩衝材の椎間板にヘルニアが起きたものです。
椎間板の中のゲル状の髄核というものの組織が、外に飛び出した状態です。
腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰の骨の腰椎の椎間板にヘルニアが起きたものです。

腰椎椎間板ヘルニアの要因

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどの要因は、毎日の生活において負担が椎間板へ積み重なったことです。
腰椎椎間板ヘルニアは、作業を中腰で行ったり、車を長時間運転したり、重量物を持ったりするなど、負担が腰によくかかるような人ほど発症しやすくなります。

男性の場合は、機械・金属業に就いている人や職業ドライバーはホワイトカラーの人に比較して、腰椎椎間板ヘルニアに約3倍なりやすいそうです。
しかし、このように負担が腰にかからない場合でも、腰椎間板ヘルニアになることがあり、遺伝・喫煙なども腰椎椎間板ヘルニアの要因になると言われています。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、一般的に、腰痛やぎっくり腰のようなものが現れ、しびれや激しい痛みが数日後に現れます。
このしびれや痛みは非常に激しく、満足にほとんど動くことができない場合も多く、睡眠もできないくらいです。
しかし、このしびれや痛みはピークが数週間で終わる場合が多く、この後、しびれや痛みがだんだん和らいでくる場合が多くあります。

腰椎椎間板ヘルニアの診断と検査

腰椎椎間板ヘルニアを診断する際は、症状などを詳しく問診し、感覚・筋力検査、いろいろな神経の検査を行います。
一般的に、レントゲン検査だけで腰椎椎間板ヘルニアの診断を確定することは困難であり、MRI検査が必要になります。
しかも、必要によって、CT検査や神経・椎間板造影検査などを行って、別に想定される病気はないか、症状と整合しているかなどを調査します。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[腰椎椎間板ヘルニア]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

腰椎椎間板ヘルニアの治療法

約80%~85%の腰椎椎間板ヘルニアは自然に軽くなると言われており、基本的に、保存療法が行われます。
保存療法には、理学療法の安静、腰椎牽引療法、腰椎コルセットの装着、腰部のマッサージなどがあります。
また、酷い痛みの場合は、治療法として鎮痛のための腰部硬膜外神経ブロックなども行われます。

筋弛緩剤・ビタミンB剤・消炎鎮痛剤などが、内服薬として使われます。
数ヶ月このような保存療法を行っても効果がなくて、痛みが激しい、痛みが繰り返す、下肢の運動麻痺が著しい、などというような場合は、手術療法が行われます。

手術療法としては、レーザーや内視鏡を使うなどの経皮的髄核摘出術もありますが、ここでは腰椎椎間板ヘルニア切除術についてご紹介しましょう。

手術は、全身麻酔を行って、うつ伏せになって行います。
腰部の中央の皮膚を切開して、腰椎の後方にある筋肉を剥離します。
次に、腰椎の後方の骨の一部を切除し、黄色靭帯を切除してから、神経根として圧迫されているものを確認します。

この後、この神経根を守りながら、圧迫の要因の椎間板ヘルニア塊を切除します。
このような手術は、慎重に手術用顕微鏡を使って行われます。

神経根についての圧迫が無くなったことを確認した後、細い排液用の創部ドレナージと言われる管を留置します。
手術する時間は、ヘルニアの大きさ・箇所によって違ってきますが、一般的に、1時間~3時間くらいです。

手術した後は、腰椎コルセットを着ける場合もありますが、手術した次の日には歩行器を使って歩くことを始めます。
腰部の痛みが数日間はありますが、安静を過度にするのはおすすめではありません。
一般的に、手術した後7日目~14日目に退院します。
定期的に退院した後は来院して、レントゲ検査と神経症状の診察によって胸椎を確認します。

手術した後は、3ヶ月間~12ヶ月間くらい通院する必要がある場合が多くなります。
手術する前の状況によっても違いますが、学業や仕事へ復帰する目安としては、一般的に、手術した後1ヶ月目~2ヶ月目です。

腰椎椎間板ヘルニアの予防

まず、腰のヘルニアは、症状が腰を曲げると悪くなることを把握しておきましょう。
仕事や生活において腰を曲げる姿勢や動きとしては、次のようなものがあります。 

・長時間デスクワークを座って行う
・重量物を中腰で持ち上げる
・床の掃除などを中腰で行う
・同じ姿勢で ソファーに座ってテレビを見続ける

これ以外にも腰が曲がる動きは、多く私たちの暮らしの中にあるますが、特に座った姿勢と中腰の姿勢が挙げられます。
このような姿勢を仕事や生活において長時間維持する場合は、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪くなったり、あるいは再発するリスクが大きくなります。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する