群発頭痛の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 群発頭痛の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

群発頭痛の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、群発頭痛の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[群発頭痛]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
群発頭痛について

群発頭痛の特徴・要因・症状

群発頭痛の特徴

群発頭痛とは
群発頭痛というのは、一種の頭痛の慢性的なものです。
一次性頭痛という別の脳腫瘍などの要因がないものに含まれます。
患者数が緊張型頭痛や片頭痛よりも少ないため、それほど有名ではありませんが、大きな特徴としては頭痛が繰り返して起きることです。

女性によく片頭痛が起きますが、群発頭痛は多くの場合男性に起き、痛みとしてえぐられるような強いものや突き刺されるような強いものが片方の目の奥に起きます。
頭痛発作は、多くの場合半年~数年に1回くらい起きます。

しかし、一度起きれば1ヶ月~2ヶ月間も、激しい頭痛がほとんど毎日のように継続し、さらに決まった時間に1日に1回~数回起きると言われています。
なお、頭痛発作がよく起きるのは、明け方や深夜の時間帯であると言われています。
不定期にたまに起きる場合もありますが、だいたい時期が決まっているような人が多くいます。

また、群発頭痛は、目の奥の激しい痛みの他にも、痛む側の涙が出るや充血などの目の異常や鼻の周りの鼻づまりや鼻水の症状、発汗症状などを伴う場合があると言われています。
目の奥のじっとしていられないくらいの強い痛みとこのような症状が現れる場合は、群発頭痛は非常に疑われます。

群発頭痛の要因

群発頭痛は、仕組みが分かっていないため、要因としてはっきりしたものも分かりません。
しかし、群発頭痛が起きるきっかけになり得るものとしては、次のようなものがあります。

・血管の炎症や拡張
栄養を脳に運搬する血管に炎症が起きて腫れて拡張することが、頭痛を引き起こします。

・飲酒
飲酒することによって、群発頭痛が引き起こされたり、飲酒を頭痛が起きている際にすればひどい頭痛になったりすることが、一つの要因であると言われています。

・気圧の急激な変化
気圧が飛行機に乗った場合に急激に変わります。
また、身体の調子が時差などによって悪くなって、群発頭痛が起きる場合があります。

・体内時計が狂う
時差にも関係することですが、決まった時間や時期に群発頭痛は起きるということがあります。
このため、体内時計という生まれたときから持っていると言われているものが狂うことによって、頭痛が起きていると考えられています。
これ以外にも、群発頭痛が昼寝をすることによって起きる場合などもあると言われています。

群発頭痛の症状

主な群発頭痛の症状としては、
・ほとんど毎日1ヶ月~2ヵ月間に集中して起きる
・頭の片方が必ず痛む
・片方のみの目の周りや奥に痛みが起き、頭の片方や上あごの付近に拡大する
・激しい目の奥の痛みがある
・じっとしていることができないような痛みがある
・耐えることが難しい痛みがある
・1回~2回1日に起き、15分間~3時間1回の痛みは継続する
・ほとんど同じような時間に毎日痛み始める(朝方に痛みが強くて目が覚める場合が多くある)
・痛みは動くと紛れる(非常に痛いため動き回っている)
・痛み以外には涙や目の充血、鼻水などが現れる場合がある
ことが挙げられます。

群発頭痛の診断と検査

群発頭痛を診断する際は、主として患者から頭痛の随伴症状や性質などに関して聞いた情報で判断されます。
しかし、脳の画像診断として、CT検査やMRI検査なども必要になります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[群発頭痛]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

群発頭痛の治療法

群発頭痛を治療する際は、痛みが現れた場合に痛みを治す方法と、予防を痛みが強くなる前に行う方法があります。
群発頭痛の痛みを治す方法としては、薬剤を服用する治療と酸素を吸う治療があります。

・薬剤を服用する治療
トリプタン製剤という片頭痛を治療する際にも使われるものによって、脳の血管が拡がるのを防止するものです。
完全に治るということではありませんが、頭痛が皮下投与してから約77%が30分後には治まったようなケースもあります。
そのため、頭痛が起き始めた早い時期で薬剤を使うと大きな効果が期待できます。

・酸素を吸う治療
頭痛発作が起きている際に酸素がを00%吸えるようにすれば、改善が約80%で見られます。
痛みを軽くしたい場合に、群発頭痛の治療法として効果が期待できます。

群発頭痛の予防

群発頭痛を予防するためには、次のような方法があります。

・飲酒を控える
飲酒すると、群発頭痛の要因になる可能性が大きく、頭痛が起きている際に飲酒すると群発頭痛が悪くなる場合が多いので、飲酒を控えると群発頭痛を予防する効果が期待できます。

・予防する効果が期待できる薬を飲む
群発頭痛を予防する効果が、カルシウム拮抗薬にはあると言われています。
また、エルゴタミン製剤は、頭痛がよく起きる寝る前にに飲んだり、頭痛が起きた早い時期に飲むと痛みを予防する効果がよく期待できると言われています。

・薬を飲む際には注意する
群発頭痛が誘発する恐れがあるものも、薬の中にはあります。
そのため、群発頭痛を予防する薬を使う場合は、必ず医師に相談しましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する