皮膚糸状菌症(白癬)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 皮膚糸状菌症(白癬)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

皮膚糸状菌症(白癬)の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、皮膚糸状菌症(白癬)の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[皮膚糸状菌症(白癬)]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
皮膚糸状菌症(白癬)について

皮膚糸状菌症の特徴・要因・症状

皮膚糸状菌症の特徴

皮膚糸状菌症というのは、カビが皮膚に生える病気です。
皮膚糸状菌は、栄養源に動物の毛や皮膚をして増えるとされています。
皮膚糸状菌症に感染すれば、円形脱毛症が現れ、患部は赤くなって、かゆみが現れることもあります。

皮膚糸状菌症の要因

直接感染が皮膚糸状菌症の要因です。
人にも、皮膚糸状菌症に感染した動物の猫や犬、ウサギなどを通じて感染します。
つまり、このような動物を触ったり、抱いたりすると感染します。

そして、人に感染すると、「白癬」と言われることが多くあります。
白癬菌というのは、一種の皮膚糸状菌です。
白癬菌が人に一旦感染すると、感染源にこの人がなって、感染がどんどん拡大してしまうという恐ろしい感染症です。
感染源に人がなった場合も、直接感染が要因になります。

例えば、同じバスマットを家族で使っているとしましょう。
このような状態で、皮膚糸状菌に1人の家族が足に感染して水虫になったとします。
家族全員で同じバスマットを使っていると、バスマットに感染した人の足にいる皮膚糸状菌が付いて、別の人にもここから直接感染する、というように感染が拡大していきます。

人から人に感染する際も、人に動物から感染する際も、基本的に、直接感染が要因になるため注意する必要があります。

皮膚糸状菌症の症状

皮膚糸状菌症の症状としては、動物の場合は円形に感染した箇所の毛が抜けて、だんだんとこの範囲が拡大していきます。
患部の付近の毛は容易に掴むと抜け、毛が抜けた箇所と毛が抜けていない箇所の境がはっきりします。
顔や耳、一部の四肢にできる場合が多くあるようで、かさぶたやフケが周りに現れるようになります。

人にも猫や犬、ウサギを通じて感染する一つの人獣共通感染症であるとされており、感染している動物に触ったり、抱いたりすると感染します。
人が皮膚糸状菌症に感染すると、症状としては、皮膚糸状菌が皮膚に付くと、赤みがその箇所に現れて、水ぶくれが場合によってはできることもあります。

皮膚の浅い層で皮膚糸状菌が繁殖することによって、皮膚糸状菌症が発症するようです。
人の場合も、感染した箇所は円形になります。

そして、人に皮膚糸状菌が感染すると、呼び名が感染した箇所によって違ってきます。
皮膚糸状菌が人に感染した場合は、白癬菌という呼び名になります。
白癬菌というのは、一般的に、水虫の要因になる菌です。

白癬菌に感染すると、ただれが痒みを伴って患部に現れることもあり、体のいろいろな箇所に感染するため面倒な細菌であると言えるでしょう。

皮膚糸状菌症の診断と検査

皮膚糸状菌を検査する方法としては、感染している箇所の細胞を採って、白癬菌がいるかどうかを顕微鏡で見て確認するものです。
白癬菌がいると診断が確定しますが、ペットを飼っているかどうかも患者へ感染した経路を確認するために調べます。

白癬菌の種類についても、白癬菌を顕微鏡を使用して確認すれば調査することができます。
かさぶたが感染している箇所にできている場合は、かさぶたの細胞も採って、白癬菌がいるかどうかを顕微鏡で見て調査します。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[皮膚糸状菌症(白癬)]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

皮膚糸状菌症の治療法

皮膚糸状菌を治療する際は、薬剤を皮膚科によって投与します。
抗真菌薬を主として使って、続けて薬剤を投与することがあります。

また、広い範囲にわたって皮膚糸状菌症が発症していたり、症状が悪くなったりしているなどの場合は、内服薬も一緒に処方されることがあります。

また、クリニックで処方される薬剤の他にも、市販品の薬剤が薬局などで売られており、この薬剤を利用することでも症状が軽いのであれば改善することがあります。

皮膚糸状菌症の予防

動物の場合に皮膚糸状菌症を予防する方法としては、皮膚糸状菌が別の動物から感染しないように注意することが大切になります。
そのため、むやみに別の動物と接触することはできる限り避ける方がいいでしょう。

例えば、犬の場合は別の犬と散歩している際に接触しない、猫の場合はあまり外に出ないようにするといいでしょう。

また、人が動物にむやみに触るのも止める方がいいでしょう。
触った動物が皮膚糸状菌症にもし感染していると、人を通じて自分の猫や犬、ウサギに感染します。
そのため、万一触った際は、必ず手を十分に洗いましょう。

皮膚糸状菌については、きれいに石鹸で洗い落とすことができます。
そのため、きれいな状態にいつもしておくと、皮膚糸状菌が万一ついた場合でも感染するような場合ほとんどありません。

また、皮膚糸状菌症は、免疫機能が症状の悪化に非常に関係すると言われています。
そのため、免疫機能を普段から下がらないように注意することも、皮膚糸状菌症を予防するための1つの方法と言えるでしょう。

例えば、栄養に注意する、ストレスが溜まらないようにする、十分に睡眠をとる、などが挙げられます。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

050-5433-5721
WEBで医療相談する