::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 急性咽頭炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

急性咽頭炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、急性咽頭炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[急性咽頭炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
急性咽頭炎について

急性咽頭炎の特徴・症状

急性咽頭炎の特徴

咽頭炎というのは、咽頭という鼻腔や口腔の奥にあるものに炎症が起きているものです。
咽頭炎はいろいろな種類がありますが、主として急性咽頭炎と慢性咽頭炎、咽頭特殊感染症に分けられます。
痛みが喉にあったり、食事を摂るのが難しくなったりする場合があり、原因としては細菌感染やウイルス感染などがあります。

急性咽頭炎の症状

急性咽頭炎になれば、倦怠感や喉の痛み、頭痛や発熱などというような症状が起きます。
喉が酷く痛むようになれば、食事を摂る時の飲み込みが難しくなります。
また、喉が乾くことによって、白い付着物が喉に見られたり、咳が出たりすることもあります。

上咽頭炎になった場合は、痛みが喉と鼻の間にあったり、乾きや後鼻漏というような症状が起きます。
副鼻腔炎や鼻炎が一緒に発症する場合もあり、この際は頭痛や鼻汁が伴います。
また、扁桃炎が一緒に発症した場合は、発熱を伴って、喉の痛みがあります。
さらに、よだれ、耳への放散痛、白苔などの症状も出る場合があります。

咽頭炎が感染するケース

咽頭炎でも感染するケースと感染しないケースがあります。

・急性咽頭炎は感染する
細菌や風邪のウイルスに感染すると、急性咽頭炎になります。
喉が赤くなって、炎症が粘膜に見られます。
急性咽頭炎は、インフルエンザや風邪の一つの症状であるため、風邪と同じように感染する場合があります。

・慢性咽頭炎は感染しない
慢性咽頭炎は、飲酒や喫煙、廃棄ガス、ほこりなどによって発症します。
発症するのは他の人に感染するような細菌やウイルスなどの原因ではないため、感染するような場合はありません。
喉がいがらっぽくなったり、詰まったりすることが継続するなどの症状が常に現れます。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[急性咽頭炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

急性咽頭炎の感染経路

急性咽頭炎は、鼻水やたん、せきによって感染します。
ウイルスが、急性咽頭炎の鼻水やたん、せきの際に出る唾液の中に含まれています。
飛沫感染という他の人にこのウイルスが飛ぶことによって感染するものによって、感染が拡大していきます。
手すりなどにウイルスが付いたり、触った人にウイルスが感染したりする場合もあります。
また、ウイルスとして鼻水に含まれているものが、器具や皮膚、手すりなどに付いて、これに触れた際に感染する場合もあります。

急性咽頭炎に感染した場合は、喉頭や鼻腔に付いたウイルスが繫殖して感染症が起きます。
感染症が起きることによって、上皮細胞という粘膜や皮膚などのものを形作っているものの性質が変わって、喉の粘膜が腫れてきます。

急性咽頭炎の治療法

急性咽頭炎の場合は、自分で治療する方法もあります。
ここでは、急性咽頭炎を自分で治療する方法についてご紹介しましょう。

・咽頭炎の痛みを少なくする方法
喉が咽頭炎で痛い場合は、乾くのを防止するためにマスクや加湿器を使ったり、うがいをしたりするようにしましょう。

・食欲が無い場合は、おかゆやうどんのように喉ごしがいいものがおすすめ
咽頭炎になった場合は、喉が痛くなるので食欲が無くなる場合もあります。
咽頭は、食道でもあるため、食べ物の通路にもなります。
咽頭は、特に食べ物を摂る役目があるので、喉が炎症が起きることによって腫れてくると、食欲が無くなる原因になります。

咽頭炎になった場合は、柔らかくて多く水分がある食べ物を摂るようにしましょう。
飲み込みやすいのは、喉ごしがいい食べ物です。
おすすめの食べ物としては、おかゆやうどん、野菜スープなどです。

・熱がある場合は水分を十分に補う
咽頭炎になって熱がある場合は、脱水症状を防ぐように注意しましょう。
イオン飲料や経口補水液は、消化したり吸収したりすることがいいため、負担が胃腸にかからなくて水分を補うことができます。
喉の乾きを高齢の人は特に感じにくいので、喉が乾いていない場合でも、水分をこまめに摂りましょう。

・咳が出る場合は、乾かないように加湿器などを使う
咳が出る場合は、部屋の中が乾くと良くない影響を与えてしまいます。
そのため、部屋の中が乾かないように加湿器などを使いましょう。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[急性咽頭炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

急性咽頭炎の予防

急性咽頭炎に感染しないための予防法についてご紹介しましょう。

急性咽頭炎に感染する多くの原因は、空気中のウイルスや細菌です。
溶連菌の場合は、特に、発症したタイミングが最も強い感染力になっており、子供であれば兄弟姉妹の間で4分の1が感染するというようなデータも報告されています。

溶連菌性の急性咽頭炎やインフルエンザの場合は、学校や家庭の中で感染することが多いため、手洗いをこまめにしたり、マスクを付けたりするなどによって、感染するのを防ぐようにしましょう。
また、高齢の人や小さい子供の場合は、可能な限り急性咽頭炎にかかっている人と接触しないようにしましょう。
口を介して急性咽頭炎の場合は感染するので、感染を家庭の中で防ぐには、食器を分けるのも効果が期待できます。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する