受付時間:

月~金20:00-翌朝5:00 土18:00-翌朝5:00/日祝14:00-翌朝5:00

受付状況を確認する

メールで予約する

12月14日の往診受付を行っております





医療コラム

  • ホーム
  • 医療コラム
  • 多発性骨髄腫の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

多発性骨髄腫の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

こんにちは、ファストドクターです。
多発性骨髄腫についてお伝えします。
 
 

多発性骨髄腫の特徴・症状

 

多発性骨髄腫の特徴

骨髄と言われるところが骨の中にはあり、この骨髄は主として血液を造る作用があります。
白血球・赤血球・血小板というような細胞が、血液の中には含まれています。
形質細胞というものが、一種の白血球としてあります。
形質細胞というのは、主として外から入ったウイルスや細菌に対する抗体を作っています。

この形質細胞が、多発性骨髄腫になれば急に変異して骨髄に溜まって、がんが骨にできます。
がんが骨にできれば、異常ながんの形質細胞が多くなって、形質細胞の正常なものが少なくなります。
そのため、正常に血液の白血球・赤血球・血小板などが造られなくなって、いろいろな悪い影響が全身に現れます。
がんが骨にできれば、過剰に血液の中のカルシウム量が多くなるため、障害が腎臓・心臓・消化器官・筋肉などに起きる場合もあります。
日本においては、多発性骨髄腫は10万人あたり3人くらいと割合少ないものですが、高齢者の65歳以上に多いということがあります。
 

多発性骨髄腫の症状

多発性骨髄腫の場合は、がんが骨の中にできるので、症状としてはもろい骨になって骨折や骨の痛み、出血などが現れます。
また、免疫力が抗体が少なくなることで弱くなり、ウイルスや細菌などによってよく感染症にかかるようになります。
過剰に血液の中のカルシウム量が多くなれば、腎不全などのように良くない影響をいろいろな臓器の作用に与えます。
 
 
 

多発性骨髄腫の診断と検査

多発性骨髄腫を診断する際には、尿検査・血液検査・画像検査を行います。
尿検査の場合は、尿の中に本来はないタンパク質が出ているかどうかを調査します。
血液検査の場合は、異常が白血球や赤血球の数にないか、異常が抗体にないか、異常が血液の中のカルシウム量にないかを調査します。

画像検査の場合は、レントゲン検査 ・CT検査・MRI検査などを行って、もろい骨になっている箇所がないか、がんがないか、あるいはどのくらい拡大しているかを調査します。
病変の疑わしいものが見つかれば、一部の組織を採って生検というがん細胞がないかどうかを調査して、診断を確定します。
 
 
 

多発性骨髄腫の治療法

多発性骨髄腫は、一般的に症状が進むのが緩やかであるため、病期としては進み具合によって3つに分けられます。
I期の場合は、軽度ものでM蛋白や骨髄腫細胞が現れるもので、骨の病変や貧血が現れないケースです。
治療は、一般的に行わないで、血液検査を定期的に行って経過を見ます。
II期、III期の場合は、高いM蛋白値になり、骨病変、貧血、高い血液の中のカルシウム値などが現れるケースです。
多発性骨髄腫の場合は、治療を早く始めることが予後の長期的な改善に必ずしもならないことがはっきりしており、一般的に治療はII期、III期から行われます。

抗がん薬による化学療法と放射線療法が、主な治療法としてはあります。
多発性骨髄腫の場合は、効果が薬物療法で期待できる疾患です。
しかし、治療法として間違いなく治ることが期待できるものは、残念ですがまだ確立されていません。
放射線療法の場合は、がんを骨髄腫細胞が形成した際や疼痛を緩和するために行われるため、照射するのは局所的になります。

比較的若い60歳〜65歳以下の患者の場合は、造血幹細胞移植を大量化学療法の後に行う場合があります。
しかし、高齢者の場合は、強いこのような化学療法は行うことができません。
一般的な高齢者の多発性骨髄腫の化学療法としては、MP療法という定期的に4日間メルファランとプレドニゾロンを投与するものがあります。
VAD療法というもうちょっと強い治療を行うこともあります。

また、大量にステロイド薬のデキサメタゾンというものを投与する方法もあります。
治療抵抗性の場合に、分子標的薬のサリドマイドやベルケイドなども最近は使われるようになってきました。
また、ビスホスフォネートという薬剤が、骨の病変を改善するために使われます。
 
 
 

多発性骨髄腫の予防

安定した症状の場合は、特別の制約は日常生活においてありません。
高度の骨病変がなければ、運動を適度に行う生活が大切です。
しかし、転倒・打撲などでの骨折には、十分に注意する必要があります。
また、姿勢を急に変えたり、中腰の姿勢で作業したりすることなどは、病的骨折や圧迫骨折の要因になるためできるだけ避けるようにしましょう。

多発性骨髄腫の場合は、化学療法などの結果、免疫不全の状態によくなります。
そのため、抵抗力がウイルスや細菌に対して下がるため、発熱、痰、咳などがある際は、可能な限り早く医師に診てもらって治療を適切に行うことが必要です。
また、腎障害は合併症として予後に影響するリスクがあるものです。
腎障害が脱水状態が悪くなるため、水分を何らかの理由によって制限する場合の他は、水分を普段から十分に摂るように注意することも必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭をひどく痛がっている
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

救急医療機関の情報はこちら

夜間往診をご希望の方

下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今まで経験のある頭痛
  • 今まで経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

夜間往診の情報はこちら

東京都港区の救急病院一覧

東京都文京区の救急病院一覧

東京都渋谷区の救急病院一覧

東京都新宿区の救急病院一覧

東京都目黒区の救急病院一覧

東京都千代田区の救急病院一覧

東京都中央区の救急病院一覧

東京都品川区の救急病院一覧

東京都世田谷区の救急病院一覧

東京都中野区の救急病院一覧

東京都豊島区の救急病院一覧

東京都杉並区の救急病院一覧

東京都江東区の救急病院一覧

東京都北区の救急病院一覧

東京都板橋区の救急病院一覧

東京都台東区の救急病院一覧

東京都荒川区の救急病院一覧

東京都練馬区の救急病院一覧

東京都墨田区の救急病院一覧

東京都葛飾区の救急病院一覧

東京都江戸川区の救急病院一覧

埼玉県さいたま市の救急病院一覧

埼玉県和光市の救急病院一覧

埼玉県川越市の救急病院一覧

埼玉県川口市の救急病院一覧

埼玉県蕨市の救急病院一覧

埼玉県戸田市の救急病院一覧

埼玉県草加市の救急病院一覧

埼玉県八潮市の救急病院一覧

埼玉県三郷市の救急病院一覧

埼玉県吉川市の救急病院一覧

千葉県市川市の救急病院一覧

千葉県八千代市の救急病院一覧

千葉県習志野市の救急病院一覧

千葉県船橋市の救急病院一覧

千葉県松戸市の救急病院一覧

千葉県千葉市の救急病院一覧

ファストドクター(夜間往診)

夜間専門往診サービス

●東京エリア担当医療機関
 四ツ谷ホームクリニック

●住所:東京都新宿区 本塩町21-14

●医師の紹介
 https://fastdoctor.jp/philosophy/

●救急病院と夜間往診の比較

救急病院と夜間往診の比較表

往診の流れを詳しく見る>

医療コラム

Fast DOCTOR事務局が
様々な医療情報をまとめた記事を更新していきます。

facebook

最新情報を発信中。

夜間診療できる医療機関をお探しの方へ

ファストドクターでは夜間診療・深夜診療・休日(土日祝日)診療をしている病院(医療機関)をお探しの方へ東京都埼玉県千葉県の医療機関と連携し、夜間往診医療機関情報を提供します。検査はインフルエンザ検査、溶連菌検査、アデノウイルス検査、マイコプラズマ検査など様々な感染症の検査に対応しています。
内科、整形外科、小児科を中心に50名以上の医師が丁寧に診察します。夜間休日に受付をしている医療機関は少なく、首都圏においても病院へのアクセスは整っておりません。自宅に居ながら診療(診察・検査・処方)を享受できる夜間の新しい医療の形を提案します。

往診対応エリアは下記です。
東京都(品川区,渋谷区,新宿区,杉並区,墨田区,世田谷区,台東区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,足立区,荒川区,板橋区,
江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区)・埼玉県(さいたま市,八潮市,三郷市,草加市,川口市,蕨市,戸田市,)、千葉県(市川市,松戸市,船橋市)順次拡大予定