変形性腰椎症の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 変形性腰椎症の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

変形性腰椎症の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、変形性腰椎症の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[変形性腰椎症]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
変形性腰椎症について

変形性腰椎症の特徴・症状

変形性腰椎症の特徴

背骨は、骨の「椎骨」というものと、緩衝材の役割を担う「椎間板」という軟性組織から成り立っています。
このような軟性組織は、腰を長年使用し続けたための負荷の蓄積と歳をとったための老化によって、左右に飛び出たり潰れたりしてだんだん変形してきます。
水分量が椎間板は少なくなって弾力が無くなって、十分に衝撃を吸収することができなくなります。
そのため、椎骨がお互いに衝突して、骨がこの衝突によってよくすり減るようになり、一部の骨が増殖してトゲのようになります。
また、椎骨をサポートしている靭帯が弱く硬くなることによって、椎骨がよくズレるようになります。

変形性脊椎症というのは、骨がこのように移動したり変形したりすることによって、周りの神経などの組織が刺激されるため痛みが起きるものです。
なお、変形性腰椎症というのは、腰部の背骨の「腰椎」で起きたものです。
腰は、体重をサポートするベースであるため大きな負荷が特にかかるので、最も背骨の障害がよく発症する部位です。

変形性腰椎症の症状

変形性腰椎症の主な症状としては、鈍く腰が痛む、腰がだるい、腰が重いというようなものです。
特に、痛みは、朝起きた時、疲労した時、腰の動かし始めなどによく起きます。
また、痛みは、胸を張ったり、背筋を伸ばしたり、後ろに腰をそらしたりする際にも起きます。

入浴中は痛みが非常に和らぎます。
腰が冷えた場合は、症状が悪くなって痛みが強くなるだけでなく、痛みがお尻から腰、足の後側まで拡大したり、寝返りしたのみで痛みが起きたりします。
女性は、更年期障害の一環として起きることが多く、循環障害や骨粗鬆症を伴ってよく起きる場合があります。

変形性腰椎症の症状が重い場合は、馬尾神経や脊髄が圧迫されれば、冷えやしびれを足に感じたり、一回に長く歩くことが痛みのためにできなかったりします。
このような症状が現れる場合は、同時に腰部脊柱管狭窄症が発症している恐れがあります。
多くの場合は、更年期障害の一環として起き、循環障害や骨粗鬆症を伴う場合がよくあります。
よく変形性腰椎症になるのは、次のような人です。

・40歳以上の高齢の人
主な要因は加齢であるため、特に高齢の男性に多く発症します。
椎間板ヘルニアの場合は割合若い世代が多く発症しますが、変形性腰椎症の場合は40歳以上の高齢の人が発症します。

・長年負担が腰にかかった人
重労働の人、肥え気味の人、激しく腰を使うスポーツを継続した人、腰痛が若い時期からある人、繰り返して腰の病気や怪我がある人などは、椎間板や腰骨が疲れやすくなったり、変形しやすくなったりします。

・中高年の更年期障害がある女性
女性の場合は、多くの場合に更年期障害の一環として起きます。

変形性腰椎症の診断と検査

変形性腰椎症の診断と検査としては、患部の状態を画像検査によって確認することがメインになります。
骨が変形していないかを、X線検査によって調べます。
強いしびれや痛みが現れる場合は、障害が神経に起きている恐れがあるため、神経が圧迫されているかMRI検査で調べます。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[変形性腰椎症]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

変形性腰椎症の治療法

自然な一つの老化現象である変形性腰椎症は、完全に治療することができなく、保存療法という症状を和らげるものが基本になります。
腰痛体操や筋力トレーニングなどの運動療法によって、老化するのを遅らせたり、腰をサポートする力を強くしたりする、温熱療法によって血行を良くするために腰を温める、薬物療法によって鎮痛剤を飲んで痛みを和らげる、というような治療がメインになります。

これ以外に、装具療法によってコルセットを腰につけて守る、牽引療法によって上下に腰を引っ張って関節のすき間を大きくする場合もあります。
激しい痛みがあったり、歩行障害や下半身のしびれなどが現れたりするなど、重い症状で支障が日常生活に出ている場合は手術も行われます。

手術法としては、「骨棘切除術」という骨棘を取り除くものや、「除圧固定術」という神経が通る道を拡大して圧迫を少なくするものなどがあります。
変形性腰椎症の場合は、症状が全く現れない場合もありますが、治療がこのような場合は必要ありません。

変形性腰椎症の予防

痛みがあるため安静にしすぎた場合は、筋肉などが弱って症状が逆に悪くなります。
傷みを大きく感じない程度に、普通にできるだけ生活をして、体を積極的に動かすようにしましょう。
可能であれば、軽い筋肉トレーニングやストレッチ体操を日常的に行うのがおすすめです。

これ以外に、腰を温めるためにゆっくりと入浴するなどすると症状は良くなります。
老化を遅らせることが、変形性腰椎症を予防するためには大切です。
運動を適度に定期的に行う、いい栄養バランスの食事を摂る、ストレスをため込まない、十分に睡眠をとる、というような生活を送ると、老化を遅くすることができます。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する