受付時間:

月~金20:00-翌朝5:00 土18:00-翌朝5:00/日14:00-翌朝5:00

受付状況を確認する

お気軽にご連絡ください 050-5305-4066(お問い合わせ専用番号)

医療コラム

  • ホーム
  • 医療コラム
  • 口唇炎、口角炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

口唇炎、口角炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

 
こんにちは、ファストドクターです。

口唇炎、口角炎についてお伝えします。
 
 
 

口唇炎、口角炎の特徴・要因・症状

 

口唇炎、口角炎の特徴

口角炎というのは、ただれや傷が口角の粘膜と皮膚にできるものです。
口角部は、刺激が多く皮膚が薄いため、よく荒れます。
皮膚が、口を開けた時に引き延ばされるため、よく切れるようになります。

口角炎の一つの要因としては、歯科医で口を大きく開けたり、口を乾いた状態で大きく開けたりすることも挙げられます。
また、食生活の乱れや睡眠不足などによってビタミンB2、ビタミンB6が足りなくなっても症状が現れる場合があります。

口角部は、わずかな潤いが唾液によってあるところであるため、カンジダというカビがここに着いて起きる場合もあります。
口唇炎というのは、炎症が口唇に起きて荒れた状態です。

乾燥とカサカサが伴う場合もあるでしょう。
何回も舐める習慣や食べ物の刺激、義歯がこすれて合わないなどによって起きます。
また、リップや口紅などが合わない場合も起きる場合があります。
あまり刺激がない場合でも、弱い肌質のアトピー性皮膚炎などの場合はより現れやすくなります。
 
 

口唇炎、口角炎の要因

口角は、食べ物や唾液がよく触れる箇所です。
皮膚が、唾液などに繰り返して触れることによって、角質のバリア機能が壊れて、障害が皮膚表皮細胞で起きると、炎症が起きる生理活性物質が表皮細胞から出て、皮膚炎が口角に起きます。

アトピー性皮膚炎の場合は、バリア機能が角質は弱く、触れた物質の刺激で皮膚炎は良く起き、口角炎が部分的なアトピー性皮膚炎の症状として現れる場合もあります。

また、唾液などが口角はよくふやける箇所でもあるので、カビのカンジダ真菌や、細菌のブドウ球菌などがよく増殖するようになり、二次感染をこのような菌が起こして、口角炎になることもあります。
正常に粘膜や皮膚を維持するために大切なビタミンB2・ビタミンB6の不足や胃腸障害があれば、口角炎がよく発症するとも言われています。
 
 
 

口唇炎、口角炎の症状

口唇炎、口角炎の主な症状としては、口角部・口唇部の乾燥、亀裂、皮めくれによって、ただれ、発赤、ブツブツ、出血が現れることもあります。
口唇の周囲の皮膚も、カサカサして色素が沈着することが多くあり、痛み、ヒリヒリ感がありますが、かゆみはあまりありません。
 
 
 
 

口唇炎、口角炎の診断と検査

 
口唇炎、口角炎を診断する際は、症状があるところを診て、症状がいつから現れたかを確認します。

口角炎の場合は、カンジダの可能性があれば1枚表面の薄皮を取って、顕微鏡で調査する場合があります。
なかなか治らなかったり、疑わしい要因があったりすれば、要因になっているものを調査するためにパッチテストを行う場合もあります。

口唇ヘルペスの場合は、症状が固定薬疹という風邪薬や痛み止めなどで起こる病気に似ているため、症状が現れる前に服用している薬剤がないか確認する場合もあります。
 
 
 
 

口唇炎、口角炎の治療法

 
口唇炎、口角炎を治療する際は、症状が軽い場合は保湿をワセリンなどで行うと治る場合が多くありますが、強い炎症の場合は治らないこともあります。
強い症状の場合は、皮膚科で診てもらいましょう。

細菌や真菌の二次感染がなければ、治療をステロイド外用剤で行います。
抗真菌剤外用を真菌のカンジダなどの感染があれば行って、抗生剤外用を細菌感染があれば行います。

また、ビタミンBが足りない可能性がある場合は、ビタミンB2・ビタミンB6が処方されることもあります。
要因によって口唇炎、口角炎を治療する方法は違っているので、ひどい症状の場合は、自分で診断しないで必ず医師に診てもらいましょう。
 
 
 
 
 

口唇炎、口角炎の予防

 
口唇炎、口角炎を予防する方法についてご紹介しましょう。
 
 
・口角を舌で舐め過ぎない
口唇炎、口角炎の場合は、食べ物や唾液などの刺激によって症状が現れる場合が多いので、舌で口角を舐め過ぎないようにしたり、タオルの濡れたものなどで食事を摂った後は拭いたりすることによって予防することができます。
しかし、注意して擦り過ぎすぎないようにしましょう。
 

・乾いた場合は保湿をワセリンなどで行う
バリア機能を角質層で維持しておくと、皮膚を刺激から保護することができるため、保湿を適切に行うことも大切です。
乾いている場合は、刺激が多くないワセリンなどの保湿剤を使いましょう。
 
 
・かさぶた・亀裂のところは刺激しない
かさぶたや亀裂になった場合は、かさぶたを取らないことや、大きく口を開け過ぎないことが予防する方法になります。
きれいに維持して二次感染しないようにすることも大切です。
 
 
・疲れ・ストレス溜めない
また、免疫力は疲れ・ストレス、体調不良などがあれば下がって、細菌や真菌の二次感染もよく起きるので、生活を規則正しくしましょう。
 

・ビタミンB群を食事で多く摂る
多くビタミンB群が含まれている食べ物としては、

・レバー
・大豆製品
・牛乳
・緑黄色野菜

などが挙げられます。
多めにこのような食べ物を摂りましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭をひどく痛がっている
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

救急医療機関の情報はこちら

夜間往診をご希望の方

下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今まで経験のある頭痛
  • 今まで経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

夜間往診の情報はこちら

東京都港区の救急病院一覧

東京都文京区の救急病院一覧

東京都渋谷区の救急病院一覧

東京都新宿区の救急病院一覧

東京都目黒区の救急病院一覧

東京都千代田区の救急病院一覧

東京都中央区の救急病院一覧

東京都品川区の救急病院一覧

東京都世田谷区の救急病院一覧

東京都中野区の救急病院一覧

東京都豊島区の救急病院一覧

東京都杉並区の救急病院一覧

東京都江東区の救急病院一覧

東京都北区の救急病院一覧

東京都板橋区の救急病院一覧

東京都台東区の救急病院一覧

東京都荒川区の救急病院一覧

東京都練馬区の救急病院一覧

東京都墨田区の救急病院一覧

東京都葛飾区の救急病院一覧

東京都江戸川区の救急病院一覧

埼玉県さいたま市の救急病院一覧

埼玉県和光市の救急病院一覧

埼玉県川越市の救急病院一覧

埼玉県川口市の救急病院一覧

埼玉県蕨市の救急病院一覧

埼玉県戸田市の救急病院一覧

埼玉県草加市の救急病院一覧

埼玉県八潮市の救急病院一覧

埼玉県三郷市の救急病院一覧

埼玉県吉川市の救急病院一覧

千葉県市川市の救急病院一覧

千葉県八千代市の救急病院一覧

千葉県習志野市の救急病院一覧

千葉県船橋市の救急病院一覧

千葉県松戸市の救急病院一覧

千葉県千葉市の救急病院一覧

ファストドクター(夜間往診)

夜間専門往診サービス

●東京エリア担当医療機関
 四ツ谷ホームクリニック

●住所:東京都新宿区 本塩町21-14

●医師の紹介
 https://fastdoctor.jp/philosophy/

●救急病院と夜間往診の比較

救急病院と夜間往診の比較表

往診の流れを詳しく見る>

医療コラム

Fast DOCTOR事務局が
様々な医療情報をまとめた記事を更新していきます。

facebook

最新情報を発信中。

夜間診療できる医療機関をお探しの方へ

ファストドクターでは夜間診療・深夜診療・休日(土日祝日)診療をしている病院(医療機関)をお探しの方へ東京都埼玉県千葉県の医療機関と連携し、夜間往診医療機関情報を提供します。検査はインフルエンザ検査、溶連菌検査、アデノウイルス検査、マイコプラズマ検査など様々な感染症の検査に対応しています。
内科、整形外科、小児科を中心に50名以上の医師が丁寧に診察します。夜間休日に受付をしている医療機関は少なく、首都圏においても病院へのアクセスは整っておりません。自宅に居ながら診療(診察・検査・処方)を享受できる夜間の新しい医療の形を提案します。

往診対応エリアは下記です。
東京都(品川区,渋谷区,新宿区,杉並区,墨田区,世田谷区,台東区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,足立区,荒川区,板橋区,
江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区)・埼玉県(さいたま市,八潮市,三郷市,草加市,川口市,蕨市,戸田市,)、千葉県(市川市,松戸市,船橋市)順次拡大予定