ものもらいの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • ものもらいの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

ものもらいの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、ものもらいの症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[ものもらい]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
ものもらいについて

ものもらいの特徴・症状

ものもらいの特徴

ものもらいというのは、細菌に感染すると発症する目の病気で、「麦粒腫」とも言われています。

ものもらいは、感染した箇所によって、外麦粒腫と内麦粒腫の2種類に分類されます。

外麦粒腫は、細菌がまつげの毛根やまぶたの外側の汗腺に感染するものです。
内麦粒腫は、細菌がまぶたの内側のまつ毛の生え際の油分が出るマイボーム腺に感染するものです。

ものもらいの要因としては、黄色ブドウ球菌などがあります。
このような黄色ブドウ球菌などは、人の粘膜や皮膚など、常在菌として普段の生活においてどこでもいるものです。

基本的に、ものもらいは健康であれば起きたりしませんが、ものもらいが次のようなことが要因になって現れる場合があります。

・体の抵抗力が病気などで下がっている

・免疫力が睡眠不足や疲労で下がっている

・結膜炎や目の怪我などが起きている

・まぶたを汚れた手でこするなどしている

このような場合は、細菌がよく感染したり繫殖したりして、ものもらいが起きやすくなります。

ものもらいは年間を通じてなる可能性がありますが、次のようなことから、特に暑いシーズンの6月~8月に感染する場合が多くなります。

・汗を目の周囲にもよくかくようになることによって、細菌が目に侵入しやすくなる

・海やプール、川などに行くチャンスが多くなって、刺激を目が受けやすくなる

ものもらいは、「はやり目」という強い感染力があるものと間違われたり、体の抵抗力が低下した際などは数箇所も一度にできる場合もあったりするので、感染すると間違われるかもしれません。

しかし、ものもらいの要因になる細菌は、基本的に、常に人が持っている常在菌であるため、感染する場合はありません。

「ものをもらえば治る」という迷信が、「ものもらい」の語源であると言われています。
ものもらいは、東日本をメインに全国に拡大したとされており、これ以外にも、、いろいろな方言が地方によってあります。

一方、目の病気としてものもらいとよく似た霰粒腫があります。 

霰粒腫は、ものもらいとよく似たものですが、違った目の病気です。
しかし、区別がものもらいとつきにくい場合もあります。

霰粒腫は、まぶたの内側のまつ毛の生え際の油を分泌するマイボーム腺が詰まって、炎症が慢性的に起きるもので、肉芽腫という油の塊のようなものができるものです。
ものもらいと同じであるのは、マイボーム腺で起きるということです。

症状としては、異物感とまぶたの腫れで、ものもらいと違っているのはかゆみや痛みが少ないことです。

ものもらいの症状

主なものもらいの症状としては、まぶたの痛みや腫れがあります。
特に、痛みは指で押したりまばたきしたりした際に感じます。

初期の症状としては、一部のまぶたが腫れて赤くなる、かゆみ、痛みが現れます。

症状が進んだ場合は、強い腫れになる、全体のまぶたが腫れる、強い赤みになる、強い痛みになることが現れます。

症状がさらに進んだ場合は、膿が腫れたまぶたの裏から出る、膿が腫れた箇所の皮膚が破れて出ることが現れます。

膿が出ると治る場合が多くありますが、症状がまれに重くなったり、霰粒腫にしこりが残ってなったりする場合もあります。

ものもらいの診断と検査

ものもらいを診断する際は、赤くまぶたが腫れるため、容易に診断ができます。
症状が同じような病気としては、急性霰粒腫、眼瞼縁炎、皮脂腺梗塞などがあるため、このような病気と区別することが必要になります。
また、ものもらいが再発する場合は、糖尿病についても確認することも必要です。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[ものもらい]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

ものもらいの治療法

市販されている薬などでも、ものもらいは治る場合もあります。
しかし、時間が治るまでにかかったり、症状が重くなったり、治ってもまた発症したりする場合は、別の病気が要因の場合などもあります。

治療を正しく行うと2週間くらいで治るので、眼科で診てもらいましょう。

眼科の治療としては、次のようなものがあります。

治療している際は、コンタクトを使わないようにしましょう。
軽い症状の場合は、抗菌眼軟膏、抗菌点眼薬を使います。
重い症状の場合は、抗菌点眼薬、抗菌内服薬、抗菌眼軟膏などを使います。
化膿が悪くなっている場合は、切開手術を行います。
麻酔をまぶたにかけて、小さくメスを入れて膿を出します。

ものもらいの予防

細菌を繫殖させない、細菌に感染しないことが、ものもらいを予防するためは大切です。

・きれいに目を維持する

きれいに目を維持するために、

・目に汚れたタオルや手指などで触らない
・コンタクトは正しくきれいに使う

ことなどが大切です。

・免疫力を低下させない
免疫力が低下していると、細菌がよく感染するようになります。

免疫力を低下させないためには、

・健康な状態に体を維持する
・十分に睡眠、休養をとる
・ストレスや疲れを溜めない

ことなどが大切です。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

050-5433-5721
WEBで医療相談する