都内の夜間・深夜往診ならファストドクター【医療コラム】

記事一覧

医療情報の適切な取り扱い方

こんにちは、ファストドクターです。 医療用メッセンジャー「MEDILINE」を手がける、シェアメディカル社・峯社長との対談記事が、 医療メディアのLINQUAに掲載されました。 https://linqua.jp/connect/case002/ 医療情報の取り扱いは、近年厳格に取り締まられており、...

つづき

質の高い医療とは

こんにちは、ファストドクターです。 医療の質について考えるとき、何を基準にして判断すれば良いのでしょうか? 治療成績、待ち時間、検査の充実度、ホスピタリティなど様々な判断指標がありますが、医療に関してアメリカで最も権威ある学術機関である米国医学研究所(Institute of Medicine; I...

つづき

医師の9割が救急車の有料化を支持

こんにちは、ファストドクターです。 日経メディカルの記事ですが、やはり現場感覚として救急車の不適切利用は多いと感じる医師は多いようです。 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030200012/111600021/?ST=smart 同記事で、...

つづき

麻疹について

こんにちは、ファストドクターです。 本日は麻疹(はしか)についてお話します。 麻疹は発疹性のウイルス感染症です。乳児期に好発し、もっとも患者数が多いのは1歳で、ついで6~11ヶ月となっています。 感染性は非常に高く、感受性のある人(免疫抗体を持たない人)が暴露を受けると90%以上が感染すると言われま...

つづき

遠隔診療や遠隔処方の現状

こんにちは、ファストドクターです。 Naverまとめで遠隔診療についての記事を見かけました。非常によくまとまっているのですが、個人的にもう少し補足をしたほうが良いように思われましたのでこちらに綴ります。 http://matome.naver.jp/odai/2147796591420563501 ...

つづき

img_0573

株式会社エスエムエスと業務提携いたしました

こんにちは、ファストドクターです。 この度ファストドクターは、株式会社エス・エム・エス(東証一部上場)が運営する、妊娠・出産・育児の悩みに専門家が答える情報サイト「イクシル」と提携をいたしました。 イクシルは、月間170万人が利用する子育てメディアで、子どもの急な病気やケガに関する情報提供を行なって...

つづき

民間の救急車として

こんにちは、ファストドクターです。 専任のドライバーを採用いたしました。 これまで往診は医師の運転によって行われておりましたが、現場の負担軽減を目的に今回の決定に至りました。 今後は往診車両に採血、超音波等の検査器具を整備し、診療の質をより高めてまいりたいと思います。 また今後の往診車両の展望ですが...

つづき

厚労省職員と若手医療職に向けて講演を行いました

こんにちは、ファストドクターです。 11/29に厚労省職員と若手医療職の方々へ向けた講演を行いました。 フリーディスカッションでは、保険診療による往診でどこまでの患者に対応するのが適切なのか。往診の要否をいかにしてトリアージするか。往診がもたらす影響をどうやってエビデンス化するか。など様々な議論が交...

つづき

小児の遠隔医療相談 first call

こんにちは、ファストドクターです。 眞鍋先生が取り組んでいる医療相談サービス「first call(ファーストコール)」が取り上げられていたのでこちらでもご紹介します。小児を対象にした遠隔医療相談サービスは、kids public社の小児科オンラインが知られていますが、first callも小児に注...

つづき

インフルエンザ 異常行動

こんにちは、ファストドクターです。 各所でインフルエンザのワクチン接種が始まりました。ところで、タミフルなど抗インフルエンザ薬の使用によって、異常行動を生じる可能性についてのニュースが一時期話題に挙がりましたが、これって本当なのでしょうか? 厚生労働省の発表によると、異常行動は、抗インフルエンザ薬で...

つづき