事務局 | 【公式】ファストドクター - Part 2
診療受付時間 月~金 19:00-翌5:00 / 土 18:00-翌5:00 / 日祝 7:00-翌5:00
 WEBで診察依頼する

医療コラム

  1. TOP
  2. 医療コラム 記事一覧

再診をご希望の方へ

こんにちは、ファストドクターです。 当院は、夜間に特化した救急クリニックとしてオープンいたしましたが、 徐々に再診のご希望をいただく機会が増えてまいりましたので、下記のとおり体制を整えていく運びとなりました。 1. 再診 (往診) 2. 再診 (遠隔診療)  原則往診での対応としておりますが、状態が...

エリア外からお問い合わせのお客様へ

こんにちは、ファストドクターです。 当院は、都内12区へ往診を行っておりますが、少しずつエリア外の患者さまよりお問い合わせをいただく機会が増えてまいりました。 エリア外の患者さまへは、大変恐縮ながらお断りのお返事をさせていただいておりますが、これには保険診療を行う場合のルールとして、往診可能なエリア...

医療補助スタッフの求人について

こんにちは、ファストドクターです。 医療補助スタッフの求人のご案内です。 現在、夜間往診は医師と医療補助スタッフの2名で行っています。 医療補助スタッフには、現場での処置や事務作業のお手伝いをお願いしています。 医師、看護師資格がない場合は医療行為を行うことはできませんが、 目の前で行なわれている医...

グロービス東京校で講演を行いました。

こんにちは、ファストドクターです。 先日の2016年4月4日、グロービス東京校にて、代表の菊池 亮が「夜間救急の可能性」という題目で一般向けの講演を行いました。 夜間の救急ニーズは高い一方で、医療機関へのアクセスは悪く、一向に改善する見込みはありません。それゆえに治療が遅れてしまったり、不適切な救急...

予防医療サービスは本当に医療費を削減するのか?

こんにちは、ファストドクターです。 本日は、興味深い論文をみつけたのでご紹介します。 近年、予防医療が注目を浴びていますが、これには2つの理由があります。 1つ目は患者さんの生命予後を改善すること。2つ目は医療費削減効果があること。 小児のインフルエンザb型ワクチンを例に挙げます。 小児科領域で非常...

お部屋が汚い!人を入れるのが恥ずかしい!

こんにちは、ファストドクターです。 往診先の女性患者さんからタイトルようなご意見をいただいました。 確かに、散らかったお部屋に他人を招き入れることは、非常に大きな抵抗感があるように思います。そして、往診に備えてお部屋を掃除する方もいらっしゃるでしょうが、体調不良で外出するのもくたびれるような状態での...

遠隔診療と往診診療

こんにちは、ファストドクターです。 今回は、2016年から盛り上がりをみせている遠隔診療と、これから私たちが目指すべき医療像ついてお話ししたいと思います。 2016年から遠隔診療が実質解禁となり、企業ではMRTのポケットドクター、個人ではお茶の水内科オンラインなど、様々なところで新しい医療サービスが...

日本の救急医療について②

こんにちは、ファストドクターです。 今回は2回目です。日本の救急医療の問題点についてお伝えしたいと思います。 前回は救急車の出動件数にスポットを当てて考えてみましたが、今回は医療費に焦点を合わせてみましょう。 救急車が一件出動したことによってかかる医療費はどのくらいなのでしょうか。さいたま市の試算で...

日本の救急医療について①

こんにちは、ファストドクターです。 今回は2回に分けて、日本の救急医療の問題点についてお伝えしたいと思います。 まずはじめに、平成26年の救急車の出動件数は、年間598万2849件(総務省)で、前年と比べて約7万件増という結果でした。この数字は年々増加しており、さらに搬送された患者の内訳をみてみると...