::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
[月~土] 18:00~翌6:00
[日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)
0120-963-393
WEBで医療相談する
Language

記事一覧

  1. ホーム
  2. 記事一覧

つらい喉の痛みと高熱が特徴の夏風邪、「ヘルパンギーナ」

【症状】 38~40℃の熱が2~3日続き、喉の奥に水疱ができて痛みます。痛みが原因で不機嫌になり、唾液を飲み込むことすら苦しいことも。 ひどいときは食べられない・飲めないが続き、脱水症状になることもあります。 水疱は熱が下がって2日程度でなくなります。 【検査・治療】 ヘルパンギーナの特効薬はありま…
続きを読む

子供が冬にかかりやすい「溶連菌感染症」。早期検査が大事!

【症状】 溶連菌感染症の主な症状は、発熱・のどの痛み・腹痛・発疹・苺舌(舌のボツボツが大きく赤くなる症状)・吐き気など。 とびひや中耳炎になったり、回復期に指先の皮がむけることもあります。 一般的な風邪(ウイルス性)の場合は対症療法が基本ですが、溶連菌感染症は細菌によるものなので、抗生剤をしっかり飲…
続きを読む

激しい腹痛を伴う「腸重積」。高圧浣腸や開腹手術で処置

【症状】 腸が強く締め付けられ、15~20分おきに激しい腹痛が起こります。 赤ちゃんの場合は腹痛を表現できないので「突然に不機嫌になり激しく泣く、しばらくすると泣き止むが、少し経つとまた泣く」という状態を繰り返すのが特徴です。 腸が出血したり粘膜が剥がれたりしていちごゼリー状の血便が出るのも大きな特…
続きを読む

アデノウイルスが原因の夏風邪「咽頭結膜炎(プール熱)」

【症状】 咽頭結膜炎の主な症状は、高熱・喉の赤みや痛み・目の充血や目やになど。 39~40℃の高熱が4~6日程度続き、下痢や嘔吐を伴うこともあります。 【検査・治療】 抗生物質は効かないので、症状を和らげる対症療法が基本となります。 発熱や喉の痛みが強いときには解熱鎮痛剤、結膜炎の症状が強い時は目薬…
続きを読む

水泡が破れると痛い! 夏を中心に流行する「手足口病」

【症状】 手足口病はいわゆる夏風邪の一種です。 特徴は、手のひら・足の裏・口の中などに2〜3mmほどの水泡ができること。 ひじ・ひざ・おしり・性器周辺にできる場合もあり、口の中の水泡は破れた時にしみて痛み、食事がしにくくなることがあります。 高熱になることは少なく、発熱がない場合も。 1週間程度で自…
続きを読む

嘔吐・下痢・発熱のトリプルパンチ!「ウイルス性胃腸炎」

【症状】 主な症状は、突然の吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・発熱など。 ロタウイルスの場合は白っぽい下痢が見られ、痙攣をおこすこともあります。 【検査・治療】 特効薬はありません。脱水を防ぐためこまめに水分補給を行い、症状を和らげる対症療法をしつつ自然回復を待ちます。 脱水が強いときは点滴や入院が必要にな…
続きを読む

高齢者や幼児は重症化に注意。「ヒトメタニューモウイルス感染症」

【症状】 主な症状は咳・発熱・鼻水など一般的な風邪症状とよく似ています。 大部分はこの症状のみで終わりますが、乳幼児や高齢者は重症化することがあるので注意が必要です。 悪化すると呼吸が苦しくなったり、ゼイゼイ・ヒューヒューと音がしたりします。 【検査・治療】 ヒトメタニューモウイルスの特別な治療法・…
続きを読む

ほっぺがりんごのように真っ赤に!4〜5歳に多い「りんご病」

【症状】 微熱や頭痛などの風邪症状のあと、両頬に蝶のような発疹、続いて腕や太ももにレース状の発疹が出ます。発疹は一週間程度で消失します。 【検査・治療】 りんご病の特効薬はありません。 症状を和らげる対症療法をしつつ、自然回復を待つことになります。 発熱や関節痛に対して解熱鎮痛剤、皮膚のかゆみを抑え…
続きを読む

高熱の後に発疹が!生後6カ月〜2歳に多い「突発性発疹」って?

【症状】 突然の高熱で、38~40℃の高熱が3~4日続きます。 咳や鼻水など他の症状はありませんが、赤ちゃんによっては食欲がなくなったり便がゆるくなったりすることも。 熱が下がると同時に全身に赤い発疹が出るのが特徴です。発疹は2~3mm程度、胴体から手足へと広がり、2~3日で消えていきます。 (発熱…
続きを読む

感染力強の「ノロウイルス」。嘔吐後の消毒で家族内感染STOP

【症状】 乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症で、感染後につく免疫は長期的では無く、何度もかかります。 少量のウイルスでも発症し感染力もとても強いので集団発生を引き起こしやすいのが特徴です。 ノロウイルスによる食中毒は、ノロウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝…
続きを読む
自宅療養者を守る水際で命を繋ぐために

ご支援ありがとうございます。
Special Thanksページ

0120-963-393
WEBで医療相談する