激しい腹痛を伴う「腸重積」。高圧浣腸や開腹手術で処置 – ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
診療受付時間 月~金 18:30-翌6:00 / 土 18:00-翌6:00 / 日祝 6:00-翌6:00
 WEBで診察依頼する

記事

  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 激しい腹痛を伴う「腸重積」。高圧浣腸や開腹手術で処置

激しい腹痛を伴う「腸重積」。高圧浣腸や開腹手術で処置

【症状】
腸が強く締め付けられ、15~20分おきに激しい腹痛が起こります。

赤ちゃんの場合は腹痛を表現できないので「突然に不機嫌になり激しく泣く、しばらくすると泣き止むが、少し経つとまた泣く」という状態を繰り返すのが特徴です。

腸が出血したり粘膜が剥がれたりしていちごゼリー状の血便が出るのも大きな特徴ですが、受診して浣腸をするまでわからないこともあります。

【検査・治療】

生理食塩水を肛門から高圧で注入する「高圧浣腸」を行い、腸の重なりを戻します。

元に戻らない場合・重症化している場合は開腹手術となります。

【ホームケア】

高圧浣腸の後、当日中に再発することがあります。

しばらくはしっかり様子を観察するようにしてください。

【かかりやすい時期・年齢】


1歳未満に起こりやすい病気ですが、新生児や幼児にも見られます。

成人がなることもあります。

【注意点】

意思表示ができない赤ちゃんの場合、症状がわかりにくいこともあります。

原因不明の不機嫌・おなかがすいているはずなのにミルクを飲まない・顔面蒼白・繰り返し嘔吐するなど、「いつもと様子が違う」と感じたら早めに受診するようにしましょう。