つらい喉の痛みと高熱が特徴の夏風邪、「ヘルパンギーナ」 – ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
診療受付時間 月~金 18:30-翌6:00 / 土 18:00-翌6:00 / 日祝 6:00-翌6:00
 WEBで診察依頼する

記事

  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. つらい喉の痛みと高熱が特徴の夏風邪、「ヘルパンギーナ」

つらい喉の痛みと高熱が特徴の夏風邪、「ヘルパンギーナ」

【症状】

38~40℃の熱が2~3日続き、喉の奥に水疱ができて痛みます。痛みが原因で不機嫌になり、唾液を飲み込むことすら苦しいことも。

ひどいときは食べられない・飲めないが続き、脱水症状になることもあります。

水疱は熱が下がって2日程度でなくなります。

【検査・治療】

ヘルパンギーナの特効薬はありません。

症状を和らげる対症療法をしつつ、自然回復を待つことになります。

発熱で苦しい場合は解熱剤処方、脱水症状がある場合は点滴治療が行われることもあります。

【ホームケア】

喉が痛み、水分や食べ物を嫌がることがあります。

冷たいゼリーやスープ、薄味で柔らかいうどんやおかゆなどがおすすめです。

脱水症状に注意しつつ、自宅で安静にするのが一番の治療となります。

【潜伏期間 感染経路】


咳・くしゃみなどを介しての感染(飛沫感染)、唾液や鼻水が付いたおもちゃの貸し借り、ウイルスが付着した手で目鼻口など粘膜に触れることでの感染(経口・接触感染)があります。症状が収まった後も2~4週間程度は便にウイルスが排泄されるので注意が必要です。

保育園・小学校が出席停止にはなる決まりはありません。症状をみはからって判断するようにしましょう。

【かかりやすい時期・年齢】


ヘルパンギーナの感染は5歳以下が全体の90%以上を占めていますが、大人が感染することもあります。

大人は重症化しやすいと言われ、脳炎・髄膜炎・心筋炎などに注意が必要です。

原因となるウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかるケースもめずらしくありません。

【注意点】

基本的には軽症で済むことが多い病気ですが、まれに重症化することがあります。

嘔吐・ぐったりしているなど、様子がおかしい場合はすぐに受診するようにしましょう。

集団生活や家庭内での感染を防ぐため、うがい・手洗いを徹底しましょう。

タオルや食器の共有を避け、感染者が触れたものはよく拭くなど対策をしましょう。