関節リューマチの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 関節リューマチの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

関節リューマチの特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、関節リューマチの症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[関節リューマチ]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
関節リューマチについて

関節リューマチの特徴・症状

関節リューマチの特徴

関節リューマチというのは、炎症が関節に起きて、関節がだんだん壊れて、最終的に固まったり、変形したりして動かなくなるものです。
以前は、関節リューマチになれば寝たままになると考えられていました。
しかし、医学が現在では進んで、適切に早くから治療すると、病気が進むのを抑制して関節の機能を維持して従来通りの生活が継続できることも考えられます。

免疫力が下がっている場合はよくかぜをひく、というような話を耳にしたこともあるのではないでしょうか。
関節リューマチの場合は、異常がこの免疫力に起きたため、炎症が関節に起きて、痛みや腫れが起きると言われています。
炎症が関節で継続すると、「滑膜」という関節の中にあるものに細胞や血管が多くなって、厚く滑膜が腫れてきます。
腫れてきた滑膜は、そのうちに靭帯や軟骨部分を壊して、さらに進むと軟骨だけでなく骨も壊してしまいます。

関節リューマチの症状

特徴的な関節リューマチの症状としては、関節の痛みや腫れで、多くの場合は左右対称に出るようです。
朝起きた際に、手足が動かしにくくなってこわばったりする場合もあります。
また、よく疲れるようになったり、だるくなったりするなど、症状が関節以外に現れる場合もあります。

関節リューマチは、発症してから症状が急速に2年以内に進むことが、近年分かってきました。
可能な限り早く見つけて治療をすぐに始めることが、運動する機能を維持して症状が重くなるのを抑えるために非常に大切です。
関節リューマチになれば、重いものを運搬したり、階段を上り下りしたり、長い時間歩いたりすることなどが、つらくなる場合もあります。

早期の関節リューマチの症状としては、
・手足が朝起きた際にこわばっている
・力が手に入りにくく、雑巾やふきんを絞りにくい
・足裏が床や畳を歩く際に痛い

などが現れます。
また、例えば、冷房が強い部屋の中や梅雨のシーズンなどは、体調が良くないかもしれません。
生活を送るためには、周りの人にこのようなことを話して、関節リューマチの病状を分かってもらうことが大切です。

関節リューマチの診断と検査

関節リューマチの検査としては、血液検査と尿検査がメインで、レントゲン検査、関節液検査も行います。
血液検査は、関節リューマチの疑いがあるか検査するために免疫の状況を確認します。
同時にいろいろな値を確認して、別の病気と区分けします。

尿検査は、関節リューマチか見極めができませんが、別の病気と区分けしたり、薬の副作用を確認したりすることができます。
レントゲン検査は、関節の状況を調査します。
関節液検査は、関節液を調査して、別の病気と区分けします。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[関節リューマチ]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

関節リューマチの治療法

薬物療法が、関節リューマチの治療のメインです。
まず、免疫を抑制する抗リューマチ薬の「メトトレキサート」などを使います。
しかし、薬はどのような合併症を患者が引き起こすかで使い分けます。
症状に応じて、炎症を抑制する飲み薬の痛み止めやステロイド剤なども使います。

抗リウマチ薬は、効果が早いほど期待できると言われており、理想的には初期症状の「手の指が朝にこわばる」などが分かってから、可能であれば3ヶ月以内、1年以内に遅くても服用するのがいいと言われています。
1ヶ月~3ヶ月程度服薬して効果がなければ、「生物学的製剤」という2000年代に出たものを使います。
炎症が起きる物質の作用を防止するもので、病気が進むのを高い確率で抑制することができます。
服用し始めると、炎症が1週間~2週間で改善して、関節の腫れや痛みが治まる場合もあります。
症状が改善して、薬の服用を止めてもいい状態になる場合もあるなど、効果が非常に期待できるため着目されています。
この薬は、関節リューマチが起きるタンパク質の特定のものや、このタンパク質と結合する受容体の特定のものに対して直接働き、炎症を抑制する効果が期待できます。

関節リューマチの予防

・禁煙
まず、禁煙が関節リューマチを予防するためには大切になります。
喫煙している人は、関節リューマチの発症率が高くなります。
関節リューマチの患者の中においても、喫煙している人は病気が早く進行し、治療の効果も少ないことが判明しています。
薬を服用するよりも、関節リューマチの予防は禁煙が大切です。
また、免疫力が喫煙すると下がるので、インフルエンザや肺炎にもよくかかります。

・ウイルス感染を防ぐ
ウイルスにシーズンの変わり目などに感染すると、関節リューマチが発症する要因になる場合があるため注意しましょう。

・いい腸内環境を維持する
近年、全身の免疫に腸内の状態が非常に影響を及ぼすことが分かってきました。
関節リューマチの発症に腸内の状態が影響を及ぼしている可能性があり、いい腸内環境を維持することによって、関節リューマチの発症が抑えられるでしょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する