脳動静脈奇形の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 脳動静脈奇形の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

脳動静脈奇形の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、脳動静脈奇形の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[脳動静脈奇形]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
脳動静脈奇形について

脳動静脈奇形の特徴・症状

脳動静脈奇形の特徴

動脈というのは、一般的に枝分かれして、小さくなると毛細血管になります。
毛細血管は、栄養と酸素を細胞に直接渡して、老廃物と二酸化炭素をもらって血液に返します。
この毛細血管が集合して静脈になって、心臓に返るようになっています。
血液として脳動静脈奇形を流れるものは、栄養と酸素の交換に対して無関係になって、基本的に、細かく毛細血管に拡大することによって、動脈として分散される圧力が静脈に直接プラスされます。

脳動静脈奇形は、従来は生まれつきのものであると思われてきました。
しかし、画像診断が進むことによって、脳動静脈奇形として新しく見つかるものが現れるようになり、生まれつきということに多くの矛盾点があるようになりました。
現在は十分に妊婦健診が実施されていますが、妊娠中に見つかる場合も非常にまれであるため、生まれた後の病気であるという考え方が最近では有力です。

脳動静脈奇形の症状

一般の脳血管とは違って、強い動脈の圧力が静脈に直接プラスされたり、弱い異常な血管にプラスされるので、弱い血管の箇所が破れて出血し、脳内出血やくも膜下出血が起きます。
出血する箇所によって、手足の運動障害などの脳内出血の症状や、嘔吐や頭痛、意識障害などのくも膜下出血の症状が起きます。

脳動静脈奇形で出血していない場合でも、2%~4%の人が年間に出血が起きると言われています。
また、出血しない場合でも、影響を周りの脳の活動に与えることによって、ひきつけの発作が起きる場合もあります。

脳動静脈奇形の診断と検査

脳動静脈奇形を診断する際は、ほとんどの場合、造影剤を使ったCT検査やMRI検査で行われます。
さらに、治療プランを検討するために詳しい情報を掴む場合は、脳血管造影をカテーテルによって行います。
出血が起きた場合は、脳内出血やくも膜下出血であるとCT検査やMRI検査で診断されます。
脳血管造影などをこの出血の要因を調べるために行って、診断を最終的に行います。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[脳動静脈奇形]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

脳動静脈奇形の治療法

脳動静脈奇形自体に対して、薬剤として治療するものはありません。
出血が動静脈奇形からあるものを防止するには、手術が実施されます。
脳動静脈奇形で出血が起きていれば出血が再度起きるリスクを、出血が起きていなければ出血が将来起きるリスクを軽くさせるための手術になります。
脳内出血が起きている場合は、手術を脳内出血を治療するために行うこともあります。

また、けいれん発作が起きている場合は、けいれんを抑制する薬を服用するようになります。
詳しい診断を脳血管造影で行った後に、一部分の頭蓋骨を開いて、病気を直接観て手術する開頭手術で摘出します。
脳細胞の栄養と脳動静脈奇形の本体は無関係であるため、病気への動脈と正常な周りの脳細胞の栄養と関係がある動脈との分かれ道である入口と、正常な周りの脳細胞からの血液も流れる静脈と病気の血液だけが流れる静脈の合流点である出口を探して、切除、遮断する手術になります。
病気の部位や大きさ、出口のところなどで、治療の困難さを区分けするような方法が考案されており、全てを安全に手術で摘出できるものから、治療が非常に難しいものまであります。

病院によっては、表面に脳動静脈奇形があって出血がある一部の場合については開頭手術を使いますが、脳に対するダメージを考えて、ほとんどの場合は治療を放射線治療や塞栓術で行っているところもあります。
放射線治療は、脳動静脈奇形の大きさによっても違いますが、効果が期待できる一つの治療法です。
病院によっては、放射線治療の場合により精度が高いものをすすめています。
時間が治療した効果が現れるまでかかるということがありますが、治療法としては負担が少ないものです。
塞栓術で出血しやすい成分については補強して、より安全に放射線治療が実施できるようになっています。

塞栓術の場合は、股の根元にある大腿動脈から細いカテーテルと言われる管を血管中に挿入して、病気になっている頭の中の血管の入口まで導きます。
血管を塞ぐ液体の薬である塞栓物質によって、このカテーテル中を通じて、脳動静脈奇形の本体と血液をこれに送る血管を塞ぎます。
治療が頭蓋骨を開かないでできるので、負担が身体に対して少ない低侵襲手術になります。
治療がカテーテル手術のみでできる場合もありますが、開頭手術や放射線治療と組み合わせる場合もあります。

病院によっては、このような治療法を豊富な経験によって積極的に使って、より効果が期待でき高い安全性の治療法を採用している場合もあります。
動静脈奇形を、カテーテルによる塞栓術によって小さくします。
放射線治療を残った箇所に行えば、動静脈奇形は血管造影でこの後は見えなくなります。

脳動静脈奇形の予防

脳動静脈奇形の場合は、出血はほとんど予兆なく起きます。
そのため、脳動静脈奇形の治療を受けている際に、突然のめまい、頭痛、手足の麻痺などが起きた場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する