尿管炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

 
 
こんにちは、ファストドクターです。
 
尿管炎についてお伝えします。
 
 
 

尿管炎の特徴・要因・症状

 

尿管炎の特徴

尿管炎というのは、尿を腎臓から膀胱に運ぶまでの尿管の感染症です。
 

尿管炎の要因

尿管炎は、真菌、細菌、ウイルスによって起きます。
尿管炎の要因としては、性感染症がよくあります。

微生物として性行為で感染したものが、感染した相手との性行為によって尿管に感染する場合があります。
男性のほとんどの尿管炎は、淋菌が要因です。
女性の尿管にこの細菌は感染する場合もありますが、腟、子宮体部、子宮頸部、卵管および卵巣へ感染する場合が割合多くあります。
顕微鏡でしか見れないトリコモナスという非常に小さい寄生虫も、尿管炎を男性の場合に起こします。

また、尿路感染症の尿管炎以外のものを引き起こす場合が多い大腸菌などの細菌によって、尿管炎が起きる場合があります。 
 
 

尿管炎の症状

尿管炎の症状としては、一般的に、排尿する際の痛み、尿意切迫、頻尿などが男性も女性も現れます。
しかし、全く症状が現れないこともあります。
男性の場合は、クラミジアあるいは淋菌が要因の場合は、一般的に、分泌物が尿道から出ます。

淋菌が要因の場合は、この分泌物はねばねばした黄緑色のものが多く、淋菌以外の要因の場合は薄い透明のものがあります。
分泌物は、女性の場合は多くありません。
排尿する際に痛みがある病気としては、尿管炎の他に膣炎や膀胱感染症などがあります。

尿管の感染症をそのままにしたり、十分に治療を行わなかったりすれば、狭い尿管になる場合があります。
尿管が狭くなれば、腎臓や膀胱に感染するリスクが大きくなります。

淋病をそのままにして治療しないと、膿が尿管の周りに溜まる場合があります。
膿が溜まれば、尿管の一部の壁が膨らんで、感染がこの箇所にも起きます。
 
 
 
 
 

尿管炎の診断と検査

 
尿管炎を診断する際は、症状、病歴、初尿中の白血球、分泌物を検査して判断します。
顕微鏡検査を分泌物も初尿も行って、白血球が一定数以上認められると尿管炎と診断が確定します。

尿管炎がクラミジアによるものの場合は、クラミジアが検出されると診断が確定します。
最近は、一般的に、遺伝子検査を初尿を使って行うようになっています。
血液検査を、場合によっては行うこともあります。
 
 
 
 
 

尿管炎の治療法

 
尿管炎のほとんどの要因は、細菌のクラミジアや淋菌などの感染によるものです。
細菌の感染による要因の場合は、治療を抗生剤や抗生物質の抗菌薬を使って行うと効果が期待できます。

尿管炎の要因になるのはいくつかの細菌があり、効果が期待できる抗菌薬は細菌によって違ってきます。

また、同じ細菌の種類でも、抗菌薬の特定のものの効果が期待できにくい耐性菌があります。
このような耐性菌については、効果が期待できる抗菌薬としての選択肢が多くありません。
効果が期待できない抗菌薬を使用しても、治療することはできません。

ここでは、クラミジアと淋菌の要因による尿管炎を治療する際の抗菌薬についてご紹介しましょう。
 
 
・クラミジアが要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬
クラミジアが要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬としては、テトラサイクリン系抗菌薬、マクロライド系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬などが使用される場合が多くあります。 
  

・淋菌が要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬
最近は、抗菌薬の効果が期待できない耐性菌が多くなっています。
そのため、従来は淋菌に対して効果が期待できた抗菌薬でも、最近は効果が期待できないことが多くなっています。

例えば、テトラサイクリン系抗菌薬やニューキノロン系抗菌薬は、クラミジアが要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬として使用しますが、淋菌が要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬としては相当高い確率で効果が期待できません。

そのため、尿管炎の要因がクラミジアか淋菌かを見極めておくのは非常に大切です。
淋菌が要因の尿管炎を治療する際の抗菌薬としては、主としてセフトリアキソンというセフェム系抗菌薬を使用します。
 
 
 
 
 

尿管炎の予防

 
尿管炎の要因である性感染症を予防するために効果が最も期待できる方法は、性交渉の場合はコンドームを最初から最後まで着けることです。
症状が強い淋菌のようなものに比較して、自覚症状がクラミジアはない場合もあります。
感染が気が付かない間に拡大しないように、性交渉を不特定多数と行うのは止めましょう。

性感染症の場合は、さらにピンポン感染に注意する必要があります。
ピンポン感染というのは、パートナーの間で感染したり感染されたりすることが繰り返されることです。

検査は一緒にパートナーと受けて、治療を同時に行う必要があります。
細菌が薬の効果によって死滅するまでは時間がかかるため、再度2週間経ってから検査をして完全に治っていることを十分にチェックしましょう。

細菌としては、効果が抗菌薬によって期待できない耐性菌があります。
このような場合は、抗菌薬を変更して治療を再度行うことが必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭をひどく痛がっている
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

救急医療機関の情報はこちら

夜間往診をご希望の方

下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今まで経験のある頭痛
  • 今まで経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

夜間往診の情報はこちら

東京都港区の救急病院一覧

東京都文京区の救急病院一覧

東京都渋谷区の救急病院一覧

東京都新宿区の救急病院一覧

東京都目黒区の救急病院一覧

東京都千代田区の救急病院一覧

東京都中央区の救急病院一覧

東京都品川区の救急病院一覧

東京都世田谷区の救急病院一覧

東京都中野区の救急病院一覧

東京都豊島区の救急病院一覧

東京都杉並区の救急病院一覧

東京都江東区の救急病院一覧

東京都北区の救急病院一覧

東京都板橋区の救急病院一覧

東京都台東区の救急病院一覧

東京都荒川区の救急病院一覧

東京都練馬区の救急病院一覧

東京都墨田区の救急病院一覧

東京都葛飾区の救急病院一覧

東京都江戸川区の救急病院一覧

埼玉県さいたま市の救急病院一覧

埼玉県和光市の救急病院一覧

埼玉県川越市の救急病院一覧

埼玉県川口市の救急病院一覧

埼玉県蕨市の救急病院一覧

埼玉県戸田市の救急病院一覧

埼玉県草加市の救急病院一覧

埼玉県八潮市の救急病院一覧

埼玉県三郷市の救急病院一覧

埼玉県吉川市の救急病院一覧

千葉県市川市の救急病院一覧

千葉県八千代市の救急病院一覧

千葉県習志野市の救急病院一覧

千葉県船橋市の救急病院一覧

千葉県松戸市の救急病院一覧

千葉県千葉市の救急病院一覧

ファストドクター(夜間往診)

夜間専門往診サービス

●東京エリア担当医療機関
 四ツ谷ホームクリニック

●住所:東京都新宿区 本塩町21-14

●医師の紹介
 https://fastdoctor.jp/philosophy/

●救急病院と夜間往診の比較

救急病院と夜間往診の比較表

往診の流れを詳しく見る>