加齢黄斑変性の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大48000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • 加齢黄斑変性の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

加齢黄斑変性の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、加齢黄斑変性の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[加齢黄斑変性]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性の特徴・症状

加齢黄斑変性の特徴

加齢黄斑変性というのは、年を取るにつれて、黄斑という網膜の中心部にあるものに障害が起きる目の病気です。
黄斑がある網膜は、例えば、カメラで言うとフィルムのようなものであり、電気信号に目から入る光を変えて脳に伝達します。

そのため、ものを人は見ることができます。
特に、多くの神経が黄斑には集中しています。

そのため、年を取るにつれて黄斑の細胞が障害を受けたり、血液の成分が黄斑部の異常な血管から漏れたりするようなことが生じると障害が視野に現れます。
加齢黄斑変性のほとんどの場合は、滲出型加齢黄斑変性という年を取って異常な血管が発生することによって血管が破れるものです。

加齢黄斑変性は、誰でも年を取ると発症することがありますが、太陽光や喫煙なども発症するリスクが高くなる要因になると言われています。

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性の症状の特徴的なものとしては、歪んで視界の中心部のみが見える、暗く視界の中心部が見える、ことが挙げられます。
歪んでものが見えたり、暗く視界の中心部が見えたりするので、ものや人の見極めが難しくなる、文字が見えにくい、段差でつまずくというような症状が現れます。

症状のタイプとしては、急に症状が現れて急に進んでいくものや、だんだんと見えにくくなるものがあります。
症状が進んでくれば、視力が下がったり、異常が色覚に生じたりします。

治療を行わないと約9割の患者が0.1以下の視力になって、生活することが難しくなります。

加齢黄斑変性の診断と検査

加齢黄斑変性を診断する際には、視力検査、眼底検査、蛍光眼底造影、光干渉断層計の検査を行います。

・視力検査

視力検査は、決められた距離から、片目ずつ視力検査表がどの大きさまで確認できるかを調査します。

・眼底検査

眼底検査は、光を目の奥に当てて、直接網膜を検査します。
網膜の血管、滲出や出血の状況が確認できます。

・蛍光眼底造影

蛍光眼底造影は、腕の静脈から蛍光色素が含まれている造影剤を注射して、眼底の血管を眼底カメラで確認します。
血管の位置や形、血液の中に血管からどの程度の水分が漏れているかなどが分かります。

なお、造影剤を検査する際に注射するので、副作用として嘔吐や吐き気、アレルギー反応などがまれに起きる場合があります。
検査している際に異常を何か感じた場合は、医師に速やかに伝えましょう。

・光干渉断層計

層構造に網膜はなっていますが、光干渉断層計は断面的にこの層構造を確認する検査です。
新生血管や滲出の状況が分かります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[加齢黄斑変性]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

加齢黄斑変性の治療法

加齢黄斑変性としては、滲出型と萎縮型があります。
しかし、現在、萎縮型については、治療する有効な方法がまだありません。

そのため、ここでは、加齢黄斑変性の滲出型を治療する方法についてご紹介しましょう。

加齢黄斑変性を治療する方法としては、抗血管新生療法と光線力学的療法があります。
従来は、レーザー治療という新生血管を出力が高いレーザーを照射して焼灼するものや、外科的に新生血管を抜き去る手術も実施されていましたが、現在は、網膜が剝離したり、視力が下がったりするリスクがあるのでほとんど実施されていません。

・抗血管新生療法

近年、加齢黄斑変性を治療する方法は一般的に抗血管新生療法です。
抗血管新生療法は、新生血管が増えることを間接的に新生血管にアプローチすることによって抑えるものです。
従来の加齢黄斑変性の治療法と抗血管新生療法が大きく違っていることは、早く見つけると一旦視力が下がっても元に戻ることです。

早く見つけて治療を始めると、視力が元に戻る可能性が大きくなります。

・光線力学的療法

レーザーを使った光線力学的療法は、薬剤としてレーザーに反応するものを使って、出力が低くても新生血管に効果的にアプローチできるものです。
障害が網膜に残らないくらいの出力が低いレーザーを使うので、視力が下がるリスクがあまりありません。

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性は、見つかった際には相当進んでいる場合が多くあります。
加齢黄斑変性を予防するには、加齢、遺伝、喫煙のリスク要因がある場合は、異常が目になくても眼科を一度は受診しましょう。

眼底検査を実施すると、老廃物が網膜に溜まったり、色素異常が網膜細胞で生じたりしているのが見つかる場合があります。
このようなことは、加齢黄斑変性の1つの前ぶれであるため、検査を定期的に受けると予防することができます。

加齢黄斑変性の要因としては、加齢もありますが、喫煙も挙げられます。
そのため、老廃物が網膜に溜まったりしている場合は、禁煙を早めに心がけましょう。

また、加齢黄斑変性の要因としては、太陽光の中の長い波長の青色光も挙げられます。
太陽光を運動や仕事などによって多く浴びる場合は、青色光を遮断するために帽子や日傘、サングラスなどを使うことが非常に大切です。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する