ウイルス性肝炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり | ファストドクター【夜間往診_自宅で診察・オンライン診療】国内最大34000件の往診実績
::::::::::::::::::::::  往 診 可 能 時 間  ::::::::::::::::::::::
月~土 18:00-翌6:00 / 日祝 7:00-翌6:00
050-5433-5721
WEBで医療相談する
Language
  • TOP
  • 医療コラム
  • ウイルス性肝炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

ウイルス性肝炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

このページでは、ウイルス性肝炎の症状や治療法、今すぐ医師に相談したい場合の方法についてお伝えしています。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[ウイルス性肝炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

【医師監修】
ウイルス性肝炎について

ウイルス性肝炎の特徴・症状

ウイルス性肝炎の特徴

まず、ウィルス性肝炎が起きる仕組みについてご紹介しましょう。
人の体の中に肝炎ウイルスが侵入すれば、肝細胞に侵入して住みつきます。
しかし、幹細胞を肝炎ウイルスは直接壊す場合はないため、体の中に肝炎ウイルスがあっても、肝炎にすぐになるということではありません。
人の体の中には、免疫という外から侵入するものを排除する機能があります。
免疫としては、「液性抗体」という抗体を異物に対して作って排除するものと、「細胞性免疫」という異物をリンパ球が直接排除するものがあります。

免疫が排除する対称としては、当然ですが、肝炎ウイルスもなります。
免疫は、抗体を作って肝炎ウイルスに対して排除すると同時に、肝炎ウイルスはリンパ球も排除します。
肝炎ウイルスを排除する際に、免疫は一緒に肝炎ウイルスが侵入している肝細胞を壊すので、炎症が肝臓に起きて、ウイルス性肝炎が発症するようになります。
免疫によって完全に肝炎ウイルスが排除されると、ウイルス性肝炎は治ります。
または、肝炎ウイルスが肝細胞に侵入していても、幹細胞は免疫が作用しないと壊れないいため、ウイルス性肝炎にはなりません。

ウイルス性肝炎の症状

ウィルス性肝炎の代表的な症状についてご紹介しましょう。
一般的に、発病が始まるのはかぜと同じような症状になります。
つまり、ウイルス性肝炎の症状としては、発熱、食欲不振、倦怠感、悪心、下痢、嘔吐、頭痛、関節痛などが現れます。
白目や皮膚の箇所が黄色になる黄疸症状がこの後に現れ、尿はビール瓶の色のような茶褐色になり、灰白色に便はなります。

初期のウイルス性肝炎の段階においては、よくかぜと間違われることもあります。
慢性のウイルス性肝炎の症状は、急性ウイルス性肝炎ほど顕著なものではありません。
先にご紹介したような症状が現れることもある一方、全く自覚症状がないことも多くあります。
一般的に、ウイルス性肝炎のA型が最も症状が著しくなります。
A型と比較して、ウイルス性肝炎のB型、C型の症状は軽く、C型の症状は特に無い場合も多くあります。
ウイルス性肝炎の場合に症状がしばしば現れないのは、大きな余力が肝臓にあるためです。
しかし、治療を早期に行わないと次々と肝細胞が壊されて、肝臓がんや肝硬変に高い確率でなります。

ウイルス性肝炎の診断と検査

ウイルス性肝炎を診断する場合は、発熱、食欲不振、易疲労感などの症状が継続して、肝腫大や黄疸が現れる場合は、血液検査を行います。
ウイルス性肝炎になっている場合は、肝細胞由来のGOTやGPTなどの酵素が上がります。
GOTやGPTというのは、いろいろな臓器細菌の中にあって、人の体を構成する大切な要素のアミノ酸をつくる作用があるものです。

家族歴、輸血の有無、海外渡航歴などをチェックして、ウイルスの疑わしいIgM(免疫グロブリンM)クラスの抗体価をチェックします。
このようなウイルスのRNA(リボ核酸)やDNA(デオキシリボ核酸)をチェックしたり、この量を測ったりして、病気の勢いを評価することもあります。

夜間・休日、この症状でお困りの時は
「救急相談窓口」へご相談ください。

[ウイルス性肝炎]は
ご自宅での診察(往診)
もご相談可能です

フリーダイヤル
0120-407-242
クリックすると電話がかかります
お電話での
ご案内時間
平日/16:00〜翌朝6:00
土曜/12:00〜翌朝6:00
日祝/24時間

対応エリア
関東
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

関西
大阪府/兵庫県/京都府/奈良県

※いずれも一部、対応エリア外があります。
 詳しくはお電話にてお問合せください。

電話一本で医師が自宅へその場で処方

ウイルス性肝炎の治療法

ウイルス性肝炎は、小児では症状が現れない場合が多くあり、よく自然に治る場合もあります。
肝細胞由来の酵素が多くなっていれば、肝細胞庇護薬のグリチロンなどを処方します。
強い症状の場合は、ステロイド薬を肝臓の炎症を抑えるために使う場合もあります。
ウイルス性肝炎のB型やC型の場合は、治療をインターフェロンによって行います。

ウイルス性肝炎の予防

ワクチンとして、ウイルス性肝炎を予防するためのものはまだ発売されていません。
そのため、ウイルス性肝炎になっている人の血液をできる限り触らないようにすることが大切です。
ウイルス性肝炎を予防するために注意することとしては、次のようなものがあります。

・血液がついている恐れがあるカミソリ、歯ブラシなどは共用しない
・別の人の血液を触る場合はゴム手袋を着ける
・注射針や注射器を共用して、非合法の麻薬や覚せい剤の薬物を注射しない
・ピアスや入れ墨をする際は、必ず器具がきれいかどうかをチェックする
・性行為をよく分からない相手と行う場合はコンドームを必ず使う

つまり、ウイルス性肝炎を予防するためには、常識ある社会生活をすれば問題ないと考えられています。
また、このような行いの中には、基本的に、法律に違反するものがあるため、感染するリスクが非常に高いだけでなく、基本的に、行わないようにしましょう。
なお、献血の血液については現在肝炎ウイルスを検査しているため、肝炎ウイルスが含まれているものはありません。
しかし、安全性を血液製剤や輸血用の血液について確保するためには、完璧にする必要があります。
そのため、ウイルス性肝炎になっている、あるいは疑いがあるというような場合は、決して献血はしないようにしましょう。

心配ごとは解決しましたか?
いざという時のために
自宅診察を知っておきましょう。

夜間・休日専門 救急窓口
自宅往診のファストドクター
ファストドクターは夜間・休日に診察が必要なとき、医師が自宅で診察(往診)することを案内する夜間・休日の救急窓口です。
\初めての方もお気軽にご相談ください/
フリーダイヤル
0120-407-242
フリーダイヤル | スマートフォンからも無料
WEBから
診察依頼
新型コロナウィルス感染がご不安な方へ
保険適用のオンライン診療
ご自宅往診についての詳細は下記をご覧ください。

お近くの救急医療機関をお探しの方

下記の方は、すぐに救急車か
救急医療機関を受診してください。

中等症〜重症の方

  • 意識がない
  • 頭を強く打った
  • ろれつが回らない
  • 手足の動きが悪い、または動かない
  • 吐血している
  • 頭がひどく痛い
  • 我慢できないひどい痛み
  • けいれんをおこした、けいれんしている

下記の方は、救急医療機関か
夜間往診をご検討ください。

軽傷〜中等症の方

  • 高熱
  • 感染症の疑い
  • 喉の痛み、激しい咳
  • 今までに経験のある頭痛
  • 今までに経験のある痛み
  • めまい、嘔吐、下痢
  • アレルギー

救急病院一覧(東京都・千葉県・大阪市)

電話1本で駆けつける 夜間休日診療が、危機に直面しています

多くのご支援・応援ありがとうございます。
これからもファストドクターは夜間休日の
地域医療を守ります。

050-5433-5721
WEBで医療相談する