インフルエンザ 異常行動 | ファストドクター【オンライン診療・夜間往診_自宅で診察】日本最大34000件の往診実績
診療受付時間 月~金 19:00-翌6:00 / 土 18:00-翌6:00 / 日祝 6:00-翌6:00
 WEBで診察依頼する

医療コラム

  1. ホーム
  2. 医療コラム
  3. インフルエンザ 異常行動

インフルエンザ 異常行動

こんにちは、ファストドクターです。
各所でインフルエンザのワクチン接種が始まりました。ところで、タミフルなど抗インフルエンザ薬の使用によって、異常行動を生じる可能性についてのニュースが一時期話題に挙がりましたが、これって本当なのでしょうか?

厚生労働省の発表によると、異常行動は、抗インフルエンザ薬ではなく、インフルエンザ罹患によるものと推察されています。(今もなお調査中です)

報告内容としては、
①10歳が最もリスクが高く、男児に多かった。
②使用した抗インフルエンザ薬の種類と使用の有無と、異常行動の関係性は認められなかった。
とされ、抗インフルエンザ薬の使用の有無に関わらず、インフルエンザ罹患の際には異常行動に注意をするよう注意喚起が行われています。なお、抗インフルエンザ薬の使用は発症から72時間を越すと効果が無くなってしまうため、診断後は早めの治療を行うようにしましょう。

====================
今後も夜間救急病院・小児科病院の更新情報があれば、追記致します。

【ファストドクターは、全国初の往診型の夜間救急クリニックです。
中野区など、都内の往診に対応しています。】
====================

Category 記事一覧