これって肘内障? 子供の腕が挙がらなくなった!! | 【公式】ファストドクター
診療受付時間 月~金 19:00-翌6:00 / 土 18:00-翌6:00 / 日祝 6:00-翌6:00
 WEBで診察依頼する

医療コラム

  1. ホーム
  2. 医療コラム
  3. これって肘内障? 子供の腕が挙がらなくなった!!

これって肘内障? 子供の腕が挙がらなくなった!!

こんにちは、ファストドクターです。
本日は小児の肘内障についてお話ししたいと思います。

「お子さんを抱き上げようとして腕を引っ張ったあとから、急に肘を痛がるようになって、手を挙げられなくなってしまった。骨折ではないでしょうか??」
そんなお悩みを抱えて病院にいらっしゃるご両親が非常に多くいらっしゃいます。初めての経験ですと肩の脱臼と間違えてしまうことも多いようです。
一方で、ベテランのお母さんの中には 「子供が腕を挙げられなくなりました。肘内障だと思います。」 と整形外科医さながらの診断能力をお持ちの方もいらっしゃいますが、そんな方ばかりでは無いと思いますので、病気とその対処法についてご説明したいと思います。

肘内障は、5歳以下のお子さんによくみられ、肘の靭帯から橈骨頭(肘の外側にある骨)が外れかかることによって起こります。多くは手を強く引っ張られた後などに生じ、腕を垂れ下げたまま動かせなくなります。

肘内障の診断はレントゲンでは行うことができず、「手を強く引っ張った後から」 というエピソードと、手をぶらりと垂れ下げて動かさない独特の姿勢から診断することが多いです。慣れた整形外科医であれば、問い合わせのお電話を受けた段階で診断を疑うことができる、非常に特徴的な病気と言っても良いでしょう。

さて気になる治療法は、「回内・回外整復法」によって行います。
お子さんの肘を曲げていきながら前腕に捻るようなストレスを加えていくと、橈骨頭のところでコリッという感触を触れることができ、脱臼が整復されます。直後から痛みは改善し、手を挙げられるようになります。処置は数秒から数十秒で済んでしまいます。
何度も繰り返していると脱臼グセがつくのではないかと心配されるご両親もいらっしゃいますが、ご安心ください。成長に伴い自然と脱臼はしなくなっていきます。

明らかなケガがないにも関わらず、急に手を挙げられなくなったお子さんの病気は肘内障が強く疑われます。
ファストドクターでも肘内障の対応は可能ですので、お気軽にご相談ください。

【ファストドクターは、都内限定の夜間救急病院です。次世代型の往診で、医療をもっと便利にします。
世田谷区・品川区・渋谷区・新宿区・中央区・千代田区・文京区・港区・目黒区・豊島区・中野区・杉並区の往診に対応】

Category 記事一覧