特色と取り組み

【社会問題の解決】

救急車の出動件数は年々増加しており、平成26年の東京消防庁の報告では、交通事故を除く日常生活内における事故によって、約12万7000人が救急搬送されています。

救急搬送の半数以上は高齢者で、この5年間で約13000人増となっています。さらにその内訳を見ると、半数以上が軽症患者(入院を必要としなかったもの)というものでした。

私たちは、このような救急車を呼ぶほどではないけど何かしらの治療が必要で、かつ通院が困難な患者さんへ、手を差し伸べていければと考えています。

【私たちが目指すもの】

夜間・休日における医療機関へのアクセスは十分に整っておりません。
私たちは、自宅に居ながら診察・検査・処方・配送までを享受できる「在宅完結型」の新しい医療サービスを提案します。

また、増え続ける夜間の二次・三次救急医療機関への負担や、救急車の出動件数の低減に貢献します。